症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年7月12日

今回はインプラントの2次手術(頭出し)と歯肉弁根尖側移動術を同時に行いました。

インプラント1次手術は埋入手術とも言い インプラント体を顎の骨の中に埋める手術になります。

まず歯肉をメスで切開剥離し骨の状態を確認してインプラント体を骨に埋めていきます。

そして歯肉を完全に縫合して閉じる事をして手術終了します。

こうすることで 外からの細菌の侵入を防ぐことが出来 インプラントが細菌感染しないで済みます。

次に3~5か月くらい歯肉を閉じた状態でインプラント体が骨に付くのを待ちます。

3~5か月経過したら 今度はインプラント体が歯肉の中に埋まっているのでインプラントの頭出しの手術(2回目)を行います。

ここで重要なのはインプラント周りの歯肉が無くなったり少なくなったりしていないかが大事です。

人間は歯の周りに角化歯肉と呼ばれる硬い皮膚があるおかげで 強く歯ブラシをしたりすることが出来 出血したりもしません。

インプラントの手術を行うと その手術方法の特性から歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われ粘膜と呼ばれるブヨブヨした軟らかい赤い皮膚に変わってしまいます。

失った歯肉は自然と増やす事は出来ないので 歯肉を増やす根尖側移動術や歯肉移植の手術をしないといけません。

根尖側移動術や歯肉移植はよく矯正治療終が終わり歯肉退縮した場合や歯周病治療で歯肉退縮が起こった際によく行います。

もし 矯正治療後や歯周病で歯の根が見えて 歯が沁みる感じ(知覚過敏症状)や 歯肉が無くなり歯ブラシをするとよく出血される方は要注意です。

そのままにしておくと 歯ぐきがドンドン下がりやがて虫歯になってしまい手術も不可能になってしまいますので主治医の先生にご相談下さい。

歯肉弁根尖側移動は 歯肉移植よりかは手軽で もしインプラントの周りに少しでも歯肉が残っていれば手術可能です。

手術可能かは 特殊な薬品を用いてインプラント周りの角化歯肉の量を計測します。

それでは症例です。

IMG_0910

IMG_0911

IMG_0912

IMG_0914

IMG_0915

IMG_0916

すきっ歯になってお困りの方や インプラントの根元の金属部分が見えて気になる方はいつでもご相談下さい。

インプラント手術、歯周病治療、歯肉移植、審美歯科治療なら 新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は0333414621

mailでのご相談も受け付けております

診療時間は

月曜~土曜まで10時から19時まで

日曜は10時~13時まで

祝日は10時~17時まで

2019年5月24日

今日は左下奥歯にインプラント治療を行いました。

奥歯のインプラント手術の手順については

1.レントゲン撮影、歯周病検査、歯型を採る、お口のお写真、クリーニングなど

2.歯が無い部分の骨幅と骨の長さを測ります

3.ステント(インプラントを入れる位置を決める装置)をお口に付けてレントゲン撮影

4.インプラント1次手術(インプラント骨に入れる手術)

5.インプラント2次手術(インプラントの頭出しの手術)

6.被せ物の型取りと被せ物の装着

7.メンテナンス

になります。

今回はインプラントの埋入手術です。
今回は骨の幅を計測し奥歯用の大きいサイズのインプラントを入れました。

インプラント手術は骨の幅が大事です。
骨の幅が狭い場合は 人工骨を使用して骨を増やす手術を行うか 小さいサイズのインプラントを入れるかです。

骨の幅を増やす手術のメリットは大きいサイズのインプラントを入れる事が出来るので天然の歯の形と同じに出来ます。
ただ手術が大掛かりになるので腫れる場合が多いです。
小さいサイズのインプラントは身体の負担を抑えながら手術が出来ます。
ただインプラントの本数が多くなります。

骨の幅が広い場合は奥歯の大きいサイズのインプラントを使用できるので問題ありません。

この骨の幅が歯を抜くと減る原因は抜歯する時の歯の状態による事が大きいです。

あまりに虫歯と歯周病の状態がひどいと骨の減りが激しいです。
その場合は 温存術と言うアドバンスな手術テクニックがあります。
これは抜歯時に人工骨や人工の皮膚を使用して骨の幅をある程度温存させる方法です。

ただ単に歯を抜歯するのではなく 将来を考えて今何をするかを選択されることをお勧めします。

No (6)

No (7)

No (9)

No (10)No (2)

No (3)

No (11)

インプラント治療、入れ歯のご相談なら
新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

℡番号:03-3341-4621

診療時間は
月曜から土曜 10:00~19:00
日曜 10:00~13:00
祝日 10:00~17:00 

2019年3月2日

今日はインプラントの頭出しの手術を行いました。

インプラント治療は1日目はインプラント体を骨の中に埋める手術を行います。

2日目は骨の中に埋まっているインプラントの頭出しの手術を行います。

3日目は頭が出ているインプラントの型取りを行い被せ物を作ります。

骨を作る手術を行わなければ通常は3ヶ月でインプラント治療は終わります。

今回は骨の量が少なかったので事前に骨を作る手術を行い 骨が出来るのを待ってインプラント治療を行いました。

インプラントが骨と付くのを待ってインプラントの頭出しの手術を行います。

インプラントの頭出しの手術には 歯肉を移植する手術と歯肉をずらして縫合する手術があります。

2つのうちどちらを選ぶかは インプラントの頭の部分に歯肉が何ミリ残っているかによって決めます。

インプラント治療をすると大部分の場合は歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われます。

そして粘膜と呼ばれるぶよぶよしている薄い皮膚しか残りません。

もしインプラント周りがこの粘膜と呼ばれる薄い皮膚なら 歯ブラシをしてもすぐ血が出て痛くて磨けませんし 細菌がすぐ感染してインプラントが長持ちしません。

なのでインプラント周りにはこの硬い皮膚がどうしても必要なのです。

今回は頭の上に歯肉が大分残っていたので歯肉をずらす手術を行いました。

この治療を行うことにより インプラントに細菌が感染しにくくなりインプラントが長持ちします。
IMG_7791

IMG_7792

IMG_7793

IMG_7800

IMG_7801

IMG_7802

IMG_7804

インプラント治療と歯肉移植なら 新宿 曙橋の歯科 デンタルオフィス新宿まで

℡:0333414621

mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜まで:10:00~19:00

祝日:10:00~17:00

日曜:10:00~13:00

までとなります。

歯科の悩みなら何でもご相談下さい。

2019年2月13日

左上奥歯に入っていた被せ物が破折してしまい残念ながら抜歯になってしまったケースです。

左上奥歯は歯がグラグラしてきていたのでまず抜歯を行いました。

 

アジアの方の頬側の骨は凄く薄いので 抜歯をした後の穴に何か詰め物をしておかないと頬側の骨が凹んでしまい 後の治療が大変になってしまいます。

なので抜歯をする際には 当院では必ず骨の温存術を行います。

使用する材料は その状態により違いますが 殆どの場合 人工骨とコラーゲン膜を詰めて使用します。

 

抜歯した後 2か月経過したのち インプラント治療を行います。

骨は長く置けばよいものでもなく2か月以上経過してしまうと 逆に骨が凹んでしまうのです。

インプラント手術をする際にも 少量の人工骨とメンブレンを詰めて処置を終えます。

これは 骨と皮膚のボリュームは余分に増やしておかないと後で吸収されて少なくなってしまうからです。

特に前歯の審美を必要とするケースはインプラントを埋入して さらに骨と皮膚を造成するアドバンス手術は必須です。

アドバンス手術は難易度は高いですが 拡大鏡を使用して 患者さんの身体の負担を最小限に抑え 手術も正確に早く出来ます。

これからの歯科治療には拡大鏡を使用しての治療は必須と言えます。

 

今回はセラミックスの被せ物にネジ穴を開けてある被せ物にしてますが ねじ穴は後でプラスチックで埋めるので見栄えは問題ありません。

IMG_7362 IMG_7363 IMG_7364 IMG_7365 IMG_7366

インプラント治療、審美インプラント治療なら 曙橋の歯科 デンタルオフィス新宿まで

TEL:03-3341-4621

Email:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜まで:10:00~19:00

祝日:10:00~17:00

日曜:10:00~13:00

になります。

歯の悩みなどお気軽にご相談下さい。

2016年10月28日

右下奥歯にインプラント上部(被せ物)をセットしました

右下奥歯のインプラント手術を約3か月前に行いました

人間の歯は親知らずを除いて前歯から7番目の歯まであります

昔は6番目の歯まであれば 何とか噛めるといわれてました

色々説はありますが、6番目の歯は中でも寿命が一番長い歯であり 大きさも大きく 咬み合わせにも大事とか

最近は顎の筋肉の事も考えて 7番目の歯までインプラント治療をされる場合が多くなりました

患者さん自身も 6番目の歯までだと 物が噛み辛いと言われる方が多かったのです

当院ではインプラントのサイズや顎の関節 筋肉の事も考えて7番目までなるべくインプラント治療をされる事をお勧めしています

今回は インプラントの2回目の頭出しの手術を終えて いよいよ被せ物の装着になります

写真の中の 歯肉から金属のボタンのような物が出ていますが これがヒーリングアバットメントと呼ばれるスクリューで

インプラントと外界との交通する部分になります

このボタンを取り外して そこに被せ物を装着します

被せ物は穴あきのタイプを使用しています

この穴は後でプラスチックで見えないように埋めておきます

インプラントの被せ物には 穴あきと 穴があいてない タイプの2種類あります

それぞれメリットデメリットありますが 穴が開いてないタイプの方が

もしインプラントと中のネジが緩んで被せ物がカタついてきた時に処置しやすいです

穴あきでないタイプで被せ物がカタついてしまうと よく被せ物をカットしないと取れない場合があります

被せ物だけ綺麗にカットできれば良いですが もしカットする際に誤ってインプラントをカットしてしまったら大変です

なので被せ物は穴あきタイプをお勧めします

インプラント治療なら

新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時

日曜、祝日 予約制で 10時から17時

電話番号は 0333414621 になりますimg_5715 img_5713 img_5714img_5716 img_5718 img_5717img_5722 img_5724 img_5723

2016年10月27日

3か月前に右下奥歯にインプラントを埋め込んだ症例です

今回は奥歯のインプラントの頭出しの手術の際に頬側に歯肉移植を併用しました

インプラントは外からの感染を防ぐためにまず骨に埋め込む手術をした際に完全に歯肉の中に埋没させるように縫合します

そのまま3ヶ月~6ヶ月間 骨とインプラントがくっつくのを待ちます

骨とインプラントがくっついたら歯肉を薄くめくり インプラントの頭を出して

ヒーリングアバットメントと呼ばれる 外界とインプラントとの貫通させるための金属製のボタンを付けます

これに添って歯肉が治るので このヒーリングアバットメントを取り外して代わりに被せ物をカチッと装着します

インプラントは埋め込む際に 骨膜と呼ばれる 歯肉と骨を結合させている靭帯のようなものを剥がします

この骨膜は皮膚と同じような物なので もしインプラントと骨の間に侵入してしまうとインプラントが骨にくっつきません

なのでどうしても剥がす必要があります

骨膜を剥がすと 歯肉はほとんどの場合無くなってしまいます

歯肉は歯の頬側にある薄いピンク色の帯状になっている部分で そこから下は粘膜と呼ばれる弱い部分になります

歯肉は硬いので歯ブラシをしても出血しませんが 粘膜はやわらかいので歯ブラシですぐ出血が起こります

なのでインプラントの頭出しの際には歯肉移植を行い硬い歯肉を再生させる必要があります

歯肉移植は 歯周病の手術に分類され

矯正治療などで歯肉が下がり根が見えてしまった方への歯肉移植も可能です

当院では拡大鏡を使用しているため 痛みも軽く手術時間も短縮出来るメリットがあります

もし歯やインプラントの根元を歯ブラシするとすぐ血が出たり 物が詰まりやすい

という方はご相談下さい

新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日、日曜は 予約制で10時から17時まで行っております

電話番号は 0333414621 になります

img_5775 img_5776 img_5777 img_5778 img_5779 img_5780 img_5782 img_5783 img_5784 img_5785

2016年9月27日

右下小臼歯部にインプラント上部(被せ物)を装着しました

最初に この歯にはセラミックスの被せ物が入っていましたが 噛み合わせの力により破折してしまい

根も割れてしまったので やむなく抜歯になりました

人間の頬側の骨は凄く薄いので抜歯をする際に 力を入れ過ぎると頬側の骨が全く無くなってしまいます

なので抜歯をする際は なるべく骨の凹みを抑えるように力を入れずに抜歯する事が大事になります

また抜歯した穴には 人工の骨を入れたり コラーゲンスポンジを入れて なるべく骨の再生を促すように工夫します

こうすることにより インプラントを骨に入れる際の 頬側のボディー部分の露出を防ぎます

または 露出したとしても最小限に抑える事により 骨を補充する手術が少なく済みます

全ての処置に拡大鏡を使用しているので 手術の痛みを最小限に抑えられ 傷口の治りを早まります

img_1796 img_1797 img_1798 img_1799 img_1800 img_1801 img_1802 img_1803 img_1804 img_1805 img_1806 img_1807 img_4655 img_4656 img_4657 img_4658 img_4659 img_4660 img_4661 img_4662 img_4663

 

2016年9月6日

右上の前歯が 事故により抜歯になってしまいインプラント治療を行うことになりました

まず、破折した右上の前歯を慎重に抜歯し

抜歯窩には人口の骨とコラーゲン膜で 頬側の骨の無くなりを極力防ぎます

人間の頬側の骨は 非常に薄いので 抜歯窩に何かを詰めておかないと 傷口が治るにつれ段々と凹んできます

頬側の骨が凹んでしまうと インプラント体を埋め込む際に 頬側にインプラントが露出してしまいます

なので抜歯をする際は なるべく骨にダメージを与えないように抜歯します

抜歯して2~3ヶ月したらインプラント手術を行います

これは 傷口の治りをこれ以上待つと頬側の骨が凹んできてしまうので 抜歯して2~3ヶ月待ってインプラント治療をする流れがベストです

インプラント手術の際に インプラント体を埋め込んで もし頬側の骨が少なければ人口の骨を足しますし

歯肉が薄ければ 歯肉移植の手術を行ったりします

そして 6ヶ月傷口の治りを待って インプラントの頭出しの手術を行います

インプラントと外界との交通部分を作る手術になります

インプラントの頭出しの手術を行い 2~3週間経ったら インプラントの被せ物を作ります

インプラントの型取りを行い セラミックスクラウンが出来たら いよいよインプラントに装着します

インプラントはネジの緩みが起きやすいので すぐ対応できるように被せ物の見えない位置にネジ穴を作ります

このネジ穴は 後でプラスチックで埋めるので目立ちません

これが前歯のインプラント治療の流れになります

全ての手術と型取りのステップなどはIMG_1002 IMG_1003 IMG_1004 IMG_1005 IMG_1006 IMG_1007 IMG_1008 IMG_1009 拡大鏡を使用して精密にしているため 傷口の治りが早く 傷の大きさも最小限に防げます

2016年8月4日

右上奥歯にインプラントの被せ物をセットしました

最初 ここの奥歯が噛み合わせの力で割れてしまい ブリッジ治療かインプラント治療のどちらを選択しなくてはいけなくなりました

ブリッジにすると 両隣の歯を削り被せ物にするので 歯の寿命が短くなってしまいます

インプラントは手術をしなくてはいけませんが 両隣の歯を削る必要が無いので歯の寿命は短くなりません

なので今回はインプラント治療を選択されました

ただ 問題となっていたのが 右上にインプラントを入れようとすると上顎洞と呼ばれる鼻から吸った空気を溜める空洞がお顔にあるのですが

上顎洞の大きさが大きく 骨の厚みが少ないので適性な長さのインプラントを入れる事が出来ない状態でした

上の骨は下の骨に比べて柔らかいので できれば13㎜の長さのインプラントが良いとされています

このまま手術をすると10mm無いくらいの状態です

長さが短いインプラントは やはり取れる可能性があるので適性な長さが必要だと思います

今回は適正な長さのインプラント入れる為に インプラントを入れると同時に骨を増やす手術を行うアドバンスな手術を行いました

無事に長さの13㎜のインプラントを入れることができ 暫くインプラントが骨を結合するのを待ちます

インプラントが骨と結合したらインプラントの頭出しの手術を行いインプラントの上に金属のボタンのようなものを付けて歯肉が綺麗になるのを待ちます

歯肉が綺麗になったら インプラントの上に付ける被せ物の型取りを行います

インプラントの上に付いてる被せ物はセラミックスのみで作られている特殊な被せ物です

なので汚れも付きにくく透明感も抜群です

一つ一つの手術や治療の作業は拡大鏡で行いますので手術の範囲も極力小さく抑え 尚且つ傷口の治りも通常の手術より早く済みます

それでは症例です

IMG_2336 IMG_2337 IMG_2338 IMG_2340 IMG_2341 IMG_2342 IMG_2343 IMG_2344 IMG_2345 IMG_9406 IMG_9407 IMG_9408 IMG_9410 IMG_9411 IMG_9412 IMG_2916 IMG_2917 IMG_2918 IMG_2919 IMG_2920 IMG_2921 IMG_2922

2016年4月12日

6ヶ月前に右上下にインプラント埋入手術を行った患者さんの2次手術になります

2次手術は簡単に言うとインプラントの頭出しの手術になります

右上下のインプラント手術を行うには骨が足りないケースだったので骨を造成する手術を同時に行い骨の高さと幅を増やすアドバンスな手術を行いました

しっかりした骨が出来てくるのに大体6ヶ月から8か月程度時間がかかるので去年埋め込んで今年手術という流れになります

上顎は 上顎洞と呼ばれる大きい空洞が目の下あたりに広がっており インプラントの取れにくい長さは13㎜になるので そのまま埋め込むと空洞を突き抜けてしまいます

なので上顎洞挙上術と呼ばれる手術を行い骨の高さを15mmくらい挙上しています

下顎は 元々神経が死んでいる歯があったのですが 根の先端の膿がひどく頬側の骨がほとんど溶けてしまTぅており インプラントを埋め込むには骨幅がなかったので GBRと呼ばれる骨の幅を増やす手術を行っています

写真を見ていただくと 上から見たときにインプラント周りに骨がしっかりと出来ているのが分かります

大体のインプラントの2次手術を行う時には 歯肉移植か歯肉を下の方にスライドさせて歯肉の幅を増やす手術を行うかを選択します

これはインプラントを埋め込む手術を行う際に 骨膜と呼ばれる 骨と歯肉をくっつけている じん帯のようなものを骨から剥がす必要があるからです

じん帯は皮膚のようなものなので 今回のように人工骨を付け足して骨を増やす手術を行う場合 もし皮膚が人工骨に侵入してしまうと骨になってくれません

骨と皮膚とを隔離するように手術しないとインプラントは失敗します

ただ骨から皮膚を剥がすと 歯の根元にある硬い歯肉まで剥がれて無くなってしまいます

歯肉が無いとどうなるのか?どんどん歯の歯肉の高さが下がってしまい インプラントであれば金属部分が露出し 歯であれば根が見えてきます

歯肉と言うのは歯の根元の硬い皮膚の事で 色は薄いピンク色になっている帯状の部分です

大抵幅は5mm~7mmくらいあり この硬い歯肉は細菌に対してのバリヤーの役目もします

この歯肉があると 歯ブラシもしても歯肉から出血がおきません

非常に大事な部分になります

なのでインプラントの頭出しの手術を際には 歯肉を移植かスライドさせて増やす手術を行う事が必須になります

大抵手術だと大掛かりになり 患者さんも術後痛かったり なかなか傷口が治らなかったりしますが

当院の治療の特徴として 拡大鏡を使用して治療しているので肉眼の何倍もの細かい部分

例えば 血管の走り方も見ることが出来ます

拡大鏡を使用しての治療には専用の器具が必要であり 時間がかかるので患者さんの治療時間もゆつたり取る必要があります

傷口の治りが早く 手術範囲も最小限に抑える事が出来ます

それでは症例です

IMG_9360 IMG_9361 IMG_9362 IMG_9363 IMG_9364 IMG_9365 IMG_9366 IMG_9367 IMG_9368 IMG_9369 IMG_9370 IMG_9371 IMG_9372 IMG_9373 IMG_9374 IMG_9375

1 2 3 4 5