症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年12月27日

今日は右上小臼歯部に埋入してあるインプラントに 上部構造(被せ物)のセットをしました。

 

被せ物の咬み合う面は金属にしてあります。

インプラントの被せ物を入れるには歯肉から咬み合う対になる歯までの距離が最低5㎜ないと入りません。

今回のケースはギリギリ5㎜でしたので 余分にセラミックスを盛って白くカバーする空間が無いので金属にしてあります。

セラミックスも陶器のお皿のようなものなので十分な厚みが取れないと割れてしまいます。

今回はもしインプラントのネジの緩みが起きても対応しやすいようにネジ穴が開いているタイプにしてあります。

 

インプラントには様々なメーカーがあり 当院で使用しているインプラントはアメリカの歯周病専門医の方が開発に携わっているインプラントになります。

インプラントは外科の手術が必要なので歯肉の取り扱いに長けていないと綺麗なインプラントを入れる事は出来ません。

インプラント治療を受けられる方は 虫歯や歯周病が悪化をして歯を抜かざるをえない状態になっている場合が多いです。

虫歯や歯周病により 歯肉の状態が悪かったり 骨が溶けてなくなっていたりします。

なので歯肉移植の手術をして再生させたり 骨を造成する手術を行い骨を新生させたりします。

これらのテクニックは歯周病の手術のテクニックになります。

なので歯周病治療とインプラント治療は密接な関係にあります。

またインプラントには最後に被せ物を付けるので 噛み合わせの知識も大事になってきます。

色々な総合的な見方により インプラント治療は成功しますので慎重に行う必要があります。

それでは症例です。

インプラント治療、歯周病治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

休診日は 火曜、日曜になります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月21日

今日は右上小臼歯に1か月前に埋め込んだインプラント治療後の経過になります。

右上の小臼歯部の歯が無い部分の歯肉の中にインプラントが埋まっています。

今回は歯ブラシをしっかりやって綺麗にして貰いたいので仮歯や入れ歯などは付けていません。

 

インプラント治療には1回法と2回法という 2つの手術方法があります。

 

1回法は

歯肉を切開剥離してインプラント体(チタン製のネジ)を埋め込んで そのネジ穴に金属のボタンのような物を接続します。

その状態で歯肉を縫合するので外からインプラントの頭に付いてる金属製のボタンが見えます。

メリットとしては傷口の治りが早まりインプラントの頭出しの手術も必要ありません。

デメリットは外にインプラントが露出しているので感染する可能性があります。

被せ物を付ける際に歯肉のラインが綺麗に出来ない。

2回法は

歯肉を切開剥離してインプラント体を骨に埋め込んだら ネジ穴を薄い金属製のキャップで閉じます。

その状態で開いた歯肉を元の状態に戻して縫合して完全に閉じます。

メリットとしては歯肉で完全に密封する事によりインプラントが感染する可能性が低くなります。

被せ物を付ける際に歯肉のラインが綺麗に出来る。

デメリットは傷口の治りが遅くなりインプラントの頭出しの手術が必要になります。

 

などが挙げられます。

インプラント部位やよく患者さんとご相談して手術方法を決めていきます。

今回はなるべく感染を防ぎたいので2回法を選択しました。

3ヶ月経ったらインプラントの頭出しの手術をします。

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

日曜は10時から13時まで

祝日は10時から17時までとなります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

 

2019年12月11日

今日は右上奥歯にインプラント上部(被せ物)をセットして1週間後の経過です。

インプラントの被せ物にはネジ穴が開いてるタイプと開いていないタイプの2種類あります。

 

開いているタイプの良い所は インプラントのネジが中で緩いんできてもすぐにネジを締め直せる点にあります。

あとはセラミックスが破折した際も 取り外して修理がすぐできます。

欠点としては ネジ穴は特殊なプラスチックで埋めていきますが どうしてもプラスチック自体の劣化があるので定期健診の際に詰め直す必要があります。

 

開いてないタイプの良い点としては インプラントのネジ穴が見えないと綺麗な被せ物に仕上げる事が出来ます。

また全てをセラミックスでカバー出来るので 強度の面でも安心です。

欠点としては 中でインプラントのネジが緩んできた場合セラミックスを壊さないと外せない事もあります。

 

私としては メンテナンスがしやすいのでネジ穴が開いているタイプを使用してます。

 

インプラントのネジ穴には中に水で固まる性質を持つセメントを詰めて

その上に セラミックス専用の接着剤を塗りプラスチックを詰めていきます。

このプラスチックもセラミックスの粒子を混ぜてあるハイブリッドと呼ばれる特殊なプラスチックになります。

詰めた後に 光を当てて固まったら表面を綺麗に磨いていきます。

こうする事により水の浸透率を下げてプラスチックが長持ちします。

 

それでは症例です。

インプラントのご相談なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

祝日は 10時から13時まで

日曜は 10時から17時までとなります。

電話番号は 0333414621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月9日

今日は右上に半年前にインプラント手術をした患者さんのケースです。

無事にインプラントが問題なく骨にくっついている事を確認したら次は仮歯用の型取りをします。

インプラントにいきなりセラミックスの被せ物を入れると 今まで歯が無かった場所にいきなり歯が入るので頬や舌を噛んでしまうよく事があります。

インプラント治療予定であったとしても 歯が無い場所には 仮の入れ歯や仮のブリッジを入れておいた方が良いと思います。

今回は仮の入れ歯をセットしていますが 全体的に奥歯が歯が無い状態でしたので まず仮の歯を入れて全体的に歯並びの状態を確認していくことにします。

お口の中でインプラントの型取りしたトレーに まずインプラント部分にはインプラントの直径に合わせたラボアナログと呼ばれるカラフルな棒を接続します。

これが石膏模型上でのインプラントの位置になります。

インプラントは天然の歯と違い骨と直接くっつているので その位置からずれる事がありません。

天然の歯は歯根膜と言うじん帯で骨とくっていているので若干揺れます。

なのでインプラントの型取りは正確な位置の型取りが必要になりますので患者さん個人個人に合わせた形のプラスチック製のトレーとシリコンと呼ばれる

特殊な硬いゴムの型取りの材料を使用します。

インプラントの型取りが終わったら 次にトレーの周りに枠組みを作り 硬い材質の特殊な石膏を流して流れ落ちないようにして 石膏模型を作成します。

出来上がった石膏模型には 先程使用した ラボアナログと呼ばれるネジ穴が見えているのが分かります。

そして次に テンポラリーシリンダーと呼ばれる金色の棒をそこに接続します。

この周りに仮歯用のプラスチックを付けて仮歯を作成していきます。

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら 新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時までとなります。

電話番号は 0333414621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月4日

今日は右上大臼歯部にインプラント上部(被せ物)をセットしました。

このケースは 6か月前にインプラントを埋入すると同時に骨を作る手術を行うという難易度の高い手術をしています。

無事に骨が出来、インプラントも問題ないので被せ物をセットすることにしました。

 

インプラント治療は チタン製のネジを骨に埋めて その上に被せ物を付けて ご自身の歯として使用していただく治療ですが

虫歯や歯周病、歯の破折などがひどくて その歯を抜歯せざるを得ない場合が殆どです。

抜歯する歯の状態がひどければひどいほど 歯の周りの骨もダメージを受けて骨吸収してしまいます。

患者さんサイドからすると痛くもないのに 歯医者さんで虫歯や歯周病を診てもらったら早めに抜歯した方が良いと言われる場合

周りの骨がダメになってしまうので あまり長持ちしない歯は抜歯をしないと隣の歯を支えている骨も吸収してきて隣の歯も抜歯

なんてことになってしまうからです。

 

今回のケースは 神経を取る治療をされて被せ物の中に金属の土台が入っていましたが 奥歯は噛みしめる力が強いので歯が割れてしまい

やむなく抜歯となりました。

神経を取る治療をされた歯には なるべく金属の土台は歯が割れるので ファイバーコアと呼ばれるセラミックスの土台(歯と同じくらいの硬さ)を

付けた方が安全です。

 

インプラントの上に付ける被せ物もセラミックス製にしてあります。

セラミックスにも色々種類があり 今回は奥歯なので硬いセラミックスを選択しました。

咬み合う歯や 隣の歯の状態 お口の清掃状態 患者さんの顎の形などで被せ物の種類は決めるようにしています。

単に色が白いから 金属の方が安いので と言う理由で決めてしまうと後々他の歯の破折やインプラント体が折れたりなどトラブルが生じてくるので注意が必要です。

 

奥歯用のインプラントの被せ物の真ん中にはネジ穴があります。

この穴を通してドクターがインプラント体への被せ物の接続を行います。

この穴は後で セラミックスの詰め物を付けて塞ぎます。

 

インプラント治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

日曜は10時から13時まで

祝日は10時から17時までとなります。

電話番号は 03-3341-4621

mailは kntcq139@ybb.ne.jp

2019年12月3日

今日は右上に半年前に埋め込んだインプラントの型取りをしました。

右上の歯が無くなり大分期間が経っていたので 最初インプラントを埋め込むのに十分な骨がありませんでした。

インプラントを埋め込む場所に骨が無い場合には人工骨を使用して 骨を再生させる手術があります。

勿論 骨を作る量にも限界があるのでレントゲンやCTを診断していきます。

今回は骨が再生できる余地がありましたので インプラントを埋め込むと同時に骨を作る手術を同時に行うアドバンスな手術を行いました。

骨が出来てくるのに6~8ヶ月かかりますので その間は仮の入れ歯を使用していただきます。

インプラント埋め込み その日のうちに仮歯をセットする方法もありますが インプラントが取れてしまう場合もあるので術前の診断が大事になります。

今回の患者さんはインプラントが骨にくっつく期間 入れ歯でお待ちいただけたので 半年間入れ歯を使用していただきました。

この症例はインプラントの被せ物の型取りをする前に歯肉を頬側にずらして歯肉を増やす手術を行っています。

インプラント周りに歯肉が無いと 細菌に対するバリヤーの役目が失われるので 歯肉が無ければ増やす必要があります。

歯肉から出来いるカラフルな棒(シリンダー)はインプラントに接続されており取り外しが出来ます。

それを取り囲んで特殊なゴムの材料を使用して なるべく変形が起きないように型取りします。

そして模型を製作し 模型上で仮歯を製作します。

次回は仮歯のセットをして リハビリと同じように実際に使用して食事などしていただきます。

今まで何もない所に インプラントの被せ物がいきなり入ると 頬を咬んでしまったり慣れなかったりするので

まずは仮歯を付けて形や大きさ高さ 歯ブラシや歯間ブラシの当て方などをチェックします。

インプラント治療なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日 10時から17時まで

日曜 10時から13時まで

電話番号は 0333414621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年11月16日

今日は5か月前にインプラント埋入手術と上顎洞挙上術というアドバンスな手術を行ったケースの2回目の手術になります。

インプラント治療は大まかに

1、インプラント1次手術(歯肉と骨の中にインプラント体を埋め込む手術)

2、インプラント2次手術(埋め込んだインプラントの頭を歯肉の外に出す手術)

3、インプラントの上に被せ物を付ける

このような手順になります。

 

今日は2、のインプラントの頭出しの手術になります。

今回インプラント治療を受けられた方はインプラント手術予定部位に骨が少なくなっていました。

そこで、インプラント埋入手術と同時に骨を作るというアドバンスな手術を行っています。

インプラント体周りに骨が再生するのに約6か月間待つことをします。

 

今回のケースでは歯肉移植も行っています。

普通の歯には 歯の根元部分に硬い歯ぐき(歯肉)と呼ばれるピンク色の帯の部分が5㎜程度の幅で帯状にあります。

そこから下は粘膜と呼ばれる赤くブヨブヨした柔らかい皮膚の部分になります。

人間はこの歯の周りの硬い歯肉と呼ばれる皮膚があるおかげで歯ブラシをしても出血する事がありません。

逆に頬の内側の粘膜と呼ばれるブヨブヨしたお肉に歯ブラシを当てて磨くと血が出るのは勿論 痛くて歯ブラシで磨けません。

歯肉と呼ばれるこの部分は硬いだけでなくお口の中の歯周病原細菌から歯を守るバリヤーの役目もします。

インプラント周りに歯肉と呼ばれる部分が無くなってしまったら 歯ブラシするたびに出血が起こり

細菌も感染してインプラントがすぐダメになってしまいます。

インプラント手術をした場合 この歯肉と呼ばれる部分を作る骨膜という歯肉と骨を付けているじん帯ようなものを剥がして手術をするので

手術後に この歯肉部分はほとんど失ってしまいます。

なので歯肉と呼ばれる部分をインプラント周りに再生させるような事をしないといけません。

 

なのでインプラントの2回目の手術の際には歯肉再生の手術を行った方が良いと思います。

歯肉再生の手術にも色々あり 今回はインプラントを埋めた上にほんの僅かですが歯肉がまだ残っていたので

歯肉を頬側にスライドさせて歯肉移植を行う事にしました。

写真を見ると裏側から頬側に歯肉が移動しているのが分かると思います。

これで2週間経てば頬側に歯肉が再生します。

手術の際には拡大鏡を使用して精密に行っているので縫合した後 出血が起こることはありません。

また精密に縫合する事により手術後の痛みも軽減します。

それでは症例です。

インプラント治療、歯肉移植、歯周病治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10:00~19:00まで

日曜は 10:00~13:00まで

祝日は 10:00~17:00まで

となります。

TEL:03-3341-4621

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年10月25日

今日は右上小臼歯部にインプラント1次手術(埋入手術)を行いました。

インプラント治療は 手術をするまでの準備が大変重要になります。

インプラント治療を受ける前の準備としては まず歯周病治療と虫歯治療を完了してお口の中の細菌量を極力減らし清潔な状態にします。

清潔な状態にしておかないと傷口の治りが悪かったり 痛みや腫れが長引いたりします。

その後 上顎と下顎の歯型を採り その方の石膏模型を作り実際にインプラント体を骨の中に入れるシュミレーションをします。

インプラント手術は大体の場合 1時間程で完了します。

 

インプラント治療は インプラント体(ほとんどの場合は直径4㎜長さ10㎜のチタン製のネジ)を患者さんの骨の中に埋め込む手術になります。

インプラント体の直径と長さは患者さん自身の歯のサイズ、骨の幅などにより決めていきます。

手術の準備に関しては 元々細菌感染が起きていない清潔な骨の中に埋め込むので 歯周病手術のように細菌感染が起きている部分の手術とは器具や準備が違ってきます。

なので全ての使用器具、機材を滅菌して手術を行います。

また手術に関しては 繊細な骨や歯肉を扱う作業になります。将来チタン製の人工物ですがご自身の歯として違和感なく使用して頂くため歯肉や骨の状態の観察、術中の取り扱いが大事になります。当院では全ての手術に必ず拡大鏡を使用します。

それは術野を拡大することにより メスでの切り口や傷口の縫合などが肉眼に比べて格段に精密に出来  それが術中の手技のスピードや術後の痛みや腫れの軽減に繋がります。

これからの歯科治療には 拡大鏡は必須です。

 

インプラント治療を受けられてから被せ物がインプラント体に付くまでの手順は以下になります。

1.1次手術でインプラント体を歯肉と骨の中に埋め込む手術をします。埋め込んだインプラントは歯肉を縫合して完全に見えなくします。この状態でインプラント体が骨に付くまで3ヶ月待ちます。

2.2次手術で歯肉と骨の中に埋め込んだ完全に埋まっているインプラントの頭の部分を表に出す手術をします。歯肉をメスで丁寧に切り取りチタン製のボタンをインプラント体に接続します。チタン製のボタンの周りの歯肉が綺麗になるまで1ヶ月待ちます。

3.インプラントの頭部分が見えるようになったら 頭に被せ物を付けます。被せ物はプラークが付きにくいようにセラミック製です。

 

まだインプラント手術を受けられていない方は 治療手順がよく分からないと思いますので当院迄ご相談下さい。

インプラント治療や入れ歯でお困りの方なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は03-3341-4621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜:10:00~19:00

日曜:10:00~13:00

祝日:10:00~17:00

になります。

それでは症例です。

2019年9月3日

今日は前歯のインプラント手術を行いました。

前歯のインプラント手術は ほとんどの場合で骨を作る手術が必要になります。

特にアジアの方は欧米に方に比べて鼻の下の骨が非常に薄くデリケートなので 虫歯や歯周病や その他の原因で歯を失ってしまった場合

頬側にある骨が陥没してしまいます。

ここにインプラント体を埋め込む手術を行うと 頬側のインプラント体が露出をしてしまいます。

露出をしたインプラント体は 手術の傷口が治ってからではもう隠す事が出来ないので 金属のボディーが見えてしまいます。

露出したインプラント体は 歯肉移植の手術を行いリカバリー出来る場合もありますが ほとんどの場合インプラント体を抜いて

もう一度 新しく手術し直すしか手はないと思われます。

それでは症例です。

前歯のインプラント治療は インプラント体を入れるのと同時に骨を作る難易度の高い手術なのです。

前歯のインプラント治療のご相談なら 新宿区曙橋の歯医者 デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜 10時から13時まで

電話番号は 03-3341-4621

mailは kmycq139@ybb.ne.jp

2019年7月12日

今回はインプラントの2次手術(頭出し)と歯肉弁根尖側移動術を同時に行いました。

インプラント1次手術は埋入手術とも言い インプラント体を顎の骨の中に埋める手術になります。

まず歯肉をメスで切開剥離し骨の状態を確認してインプラント体を骨に埋めていきます。

そして歯肉を完全に縫合して閉じる事をして手術終了します。

こうすることで 外からの細菌の侵入を防ぐことが出来 インプラントが細菌感染しないで済みます。

次に3~5か月くらい歯肉を閉じた状態でインプラント体が骨に付くのを待ちます。

3~5か月経過したら 今度はインプラント体が歯肉の中に埋まっているのでインプラントの頭出しの手術(2回目)を行います。

ここで重要なのはインプラント周りの歯肉が無くなったり少なくなったりしていないかが大事です。

人間は歯の周りに角化歯肉と呼ばれる硬い皮膚があるおかげで 強く歯ブラシをしたりすることが出来 出血したりもしません。

インプラントの手術を行うと その手術方法の特性から歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われ粘膜と呼ばれるブヨブヨした軟らかい赤い皮膚に変わってしまいます。

失った歯肉は自然と増やす事は出来ないので 歯肉を増やす根尖側移動術や歯肉移植の手術をしないといけません。

根尖側移動術や歯肉移植はよく矯正治療終が終わり歯肉退縮した場合や歯周病治療で歯肉退縮が起こった際によく行います。

もし 矯正治療後や歯周病で歯の根が見えて 歯が沁みる感じ(知覚過敏症状)や 歯肉が無くなり歯ブラシをするとよく出血される方は要注意です。

そのままにしておくと 歯ぐきがドンドン下がりやがて虫歯になってしまい手術も不可能になってしまいますので主治医の先生にご相談下さい。

歯肉弁根尖側移動は 歯肉移植よりかは手軽で もしインプラントの周りに少しでも歯肉が残っていれば手術可能です。

手術可能かは 特殊な薬品を用いてインプラント周りの角化歯肉の量を計測します。

それでは症例です。

IMG_0910

IMG_0911

IMG_0912

IMG_0914

IMG_0915

IMG_0916

すきっ歯になってお困りの方や インプラントの根元の金属部分が見えて気になる方はいつでもご相談下さい。

インプラント手術、歯周病治療、歯肉移植、審美歯科治療なら 新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は0333414621

mailでのご相談も受け付けております

診療時間は

月曜~土曜まで10時から19時まで

日曜は10時~13時まで

祝日は10時~17時まで

1 2 3 4 5 6 7