症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2013年5月14日

左上小臼歯部と大臼歯部にインプラント1次手術を行いました

元々左上にはブリッジが入っておりました

ただ、歯周病により左上のブリッジを支えている小臼歯と大臼歯がグラグラになってしまい排膿もしてきたので抜歯やむなく抜歯しました

歯周病で骨が溶けてしまい抜歯の診断がついた歯はなるべく早めに抜歯をした方が良いです

そうでないと歯を支える周りの骨が歯を中心に円を描くように溶けてしまうからです

骨が溶けてしまうとそこにインプラントを入れるためには まず骨を作る手術をしないといけません

組織は減らすのは簡単ですが増やすのは非常に難しいのです

今回のケースも歯を取り囲んで周りの骨が大分溶けていたので骨を増やす手術を併用しないとインプラントをこのままでは入れる事が出来ないとレントゲン上で診断し

上顎洞の粘膜を上げて骨の高さを増やす手術と凹んでしまった骨の幅を増やす手術をインプラントを入れると同時に行う計画をたてました

まず患者さんの今の状態の歯列の型取りを上下行い 手術予定部位の診断用ワックスアップを行います

診断用ワックスアップにて上顎洞粘膜の手術予定範囲や骨の幅を増やす量などを計測します

そして診断用ワックスアップからステントと呼ばれるプラスチック製のインプラントを入れる方向を決める模型を製作します

ステントができあがったら インプラント埋入用のドリルで穴を開けて埋入位置を確認します

そして模型上で実際にインプラントドリルで穴を開けて手術のシュミレーションを行います

ここまでの製作は手術を行う自分で行います

時間はかかりますが やることにより手術の精度が上がります

IMG_5086

IMG_5089

IMG_5088

IMG_5090

IMG_5091

IMG_5092

IMG_5097

IMG_5098

IMG_5099

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年5月13日

インプラントの型取りを行いました

インプラントの上にポジショニングインデックスと呼ばれる金属の棒を接続します

インプラントは骨とインプラント体と呼ばれるチタンのボディーが直接くっついており

天然の歯のように骨と歯根との間に靭帯が付いていないので 全く揺れません

なのでインプラントのポジションを決めて型取りをすると寸分違わずその位置に被せ物が入る事になります

普通の天然歯の場合は型取りする際の圧迫などにより多少天然歯が動揺するので 位置が変化します

インプラントと天然歯の違いは色々あります

IMG_0630

IMG_0633

 

 

2013年5月11日

右下のブリッジを支えてる奥歯が破折して抜歯になった症例です

奥歯の小臼歯部と大臼歯部に合計インプラント2本埋入してブリッジを製作していく予定です

1回目の手術ではインプラントを骨の中に入れて歯肉を縫合して完全に閉じて下顎の骨であれば3ヶ月インプラントと骨がくっつくのを待ちます

今回は小臼歯部の骨が歯の破折により溶けていたので骨を造成する手術も同時に行っているので通常より長く6ヶ月治癒期間を待ってもらいました

そして治癒期間が過ぎたら2回目の手術に入ります

2回目の手術は歯肉の中に埋没しているインプラントの上に金属のボタンを付けていく作業です

その際

インプラントの手術を行った影響で頬側の歯肉は大部分が無くなってしまいます

頬側に歯肉が無いと歯ブラシした時に切れやすく出血が起こったり インプラントもお口の中の細菌により感染しやすくなります

なので2回目の手術はインプラントの頬側に歯肉を移植する手術も同時に行います

インプラントの頬側部分の歯肉を移植で再生することにより 患者さんは快適に思い切り歯ブラシ出来て感染も起きにくいインプラントを手に入れる事が出来ます

IMG_7792

IMG_7793

IMG_7794

IMG_7795

 

IMG_7797

IMG_7799

IMG_7800

 

2013年5月7日

左上3番に埋入したインプラントの2次手術(頭出し)の手術です

インプラントは1次手術で完全に皮膚の中に埋めてしまうので 6ヶ月待ってから頭出しの手術を行います

この時はインプラントを埋入すると同時に骨を増やす手術も行っているので 歯肉が完全に無くなってしまったので

歯肉移植の手術も行っています

IMG_4816IMG_4817

IMG_4818

 

IMG_4820

IMG_4819

IMG_4821

IMG_4822

IMG_4820

 

 

 

 

 

2013年4月24日

左上の小臼歯の天然の歯が割れてしまい抜歯になりました

奥歯はブリッジになっているので手前の犬歯をグルッと削ってブリッジを伸ばしていくか悩むところです

今回はなるべく犬歯を削らずに処置をする目的で小臼歯部にインプラントを埋入しました

犬歯は下顎の前後側方運動を司る大事な歯の形を持ってます

もし犬歯を安易に削り被せ物を入れてしまうと他の歯が欠けてきたり、詰め物が外れてきたりなどのトラブルが起こってくるかもしれません

被せ物にする場合、全周グルッと削って型取りをして技工士さんが精密に被せ物を作ったとしても元の天然の歯の形とは違うものが出来てしまいます

それは型取りの段階で材料の寸法変化の問題が必ず起こるからです

なのでなるべく犬歯は削らないように気を付けましょう

今回は小臼歯部にインプラント埋入可能なので助かりました

ただ天然の歯が割れていたので頬側の骨に骨の裂け目が出来ており 頬側にはインプラント埋入と同時に骨の造成手術も行いました

IMG_0683

IMG_0687

IMG_0688

 

 

 

1 2 3 4 5