症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年5月24日

今日は左下奥歯にインプラント治療を行いました。

奥歯のインプラント手術の手順については

1.レントゲン撮影、歯周病検査、歯型を採る、お口のお写真、クリーニングなど

2.歯が無い部分の骨幅と骨の長さを測ります

3.ステント(インプラントを入れる位置を決める装置)をお口に付けてレントゲン撮影

4.インプラント1次手術(インプラント骨に入れる手術)

5.インプラント2次手術(インプラントの頭出しの手術)

6.被せ物の型取りと被せ物の装着

7.メンテナンス

になります。

今回はインプラントの埋入手術です。
今回は骨の幅を計測し奥歯用の大きいサイズのインプラントを入れました。

インプラント手術は骨の幅が大事です。
骨の幅が狭い場合は 人工骨を使用して骨を増やす手術を行うか 小さいサイズのインプラントを入れるかです。

骨の幅を増やす手術のメリットは大きいサイズのインプラントを入れる事が出来るので天然の歯の形と同じに出来ます。
ただ手術が大掛かりになるので腫れる場合が多いです。
小さいサイズのインプラントは身体の負担を抑えながら手術が出来ます。
ただインプラントの本数が多くなります。

骨の幅が広い場合は奥歯の大きいサイズのインプラントを使用できるので問題ありません。

この骨の幅が歯を抜くと減る原因は抜歯する時の歯の状態による事が大きいです。

あまりに虫歯と歯周病の状態がひどいと骨の減りが激しいです。
その場合は 温存術と言うアドバンスな手術テクニックがあります。
これは抜歯時に人工骨や人工の皮膚を使用して骨の幅をある程度温存させる方法です。

ただ単に歯を抜歯するのではなく 将来を考えて今何をするかを選択されることをお勧めします。

No (6)

No (7)

No (9)

No (10)No (2)

No (3)

No (11)

インプラント治療、入れ歯のご相談なら
新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

℡番号:03-3341-4621

診療時間は
月曜から土曜 10:00~19:00
日曜 10:00~13:00
祝日 10:00~17:00 

2019年3月1日

今日は矯正治療前の抜歯を行いました。

普通に真っすぐ生えている親知らずですが 歯の根が二つに分かれているので難易度はかなり高いです。

うまくやらいと根が折れてしまうからです。

今回は無事に抜歯を終えて 抜歯した穴には感染の予防と傷口の治りを早めるために 特殊なコラーゲンスポンジを入れて縫合完了しました。

矯正治療を行う際 親知らずを抜歯するかどうかはよくご相談であると思います。

矯正で歯を動かす場合は歯と歯が重なったり 歯同士が付いていると思うように歯は動きません。

元々歯は真ん中に寄ってくる性質があります。

親知らずがあると歯を真ん中に押すので矯正治療を行う際に歯の動きが悪かったり 場合によっては歯が動かなったりします。

親知らずが顎の神経に触れていたりして歯を抜くと神経麻痺が起こりうる可能性がある場合は経過観察にします。
IMG_7756

IMG_7757

IMG_7758

IMG_7759

IMG_7762

IMG_7763

IMG_7764

IMG_7765

矯正治療,、親知らずの抜歯ならデンタルオフィス新宿まで

TEL:03-3341-4621

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜まで:10:00~19:00

祝日:10:00~17:00

日曜:10:00~13:00

になります。

2017年2月1日

右下の奥歯に違和感があるとの事で来院されました。

右下を診てみると 銀の被せ物が入っており 歯肉に腫れもなく見た目は特に問題ありませんでした。

次にレントゲンをお撮りすると根の周りに 歯が割れている症状が出ていたので患者さんにお話しし被せ物を外しました。

被せ物を外すとやはり根にひび割れが入っており 歯を残す事が出来ない状態でした。

歯が割れた場合 割れ方が縦割れ 又は割れ目の位置が深いと抜歯の適応症になります。

ここの歯を抜歯すると将来はインプラント治療かブリッジの治療になります。

インプラント治療の場合 その部分に骨が無いと インプラント治療を行う事が出来ません。

またブリッジで治療する場合は その部分の歯肉が凹むとブリッジのダミー部分に食べ物が詰まりやすくなります。

どちらの治療を行うにしても 抜歯した後の骨が凹まないように注意しなければなりません。

歯を抜いた後は 抜歯窩という穴が空きますが 人間の頬側の骨は元々凄く薄くなっており

骨の厚みが2mm以上無いと その部分の骨は吸収されて無くなるとされています。

なので抜歯窩には 当院では人口の骨を中に詰めて上の部分はコラーゲンスポンジで縫合して蓋をしています。

こうする事により骨をなるべく元のボリュームを保つ事が出来ます。

 

親知らずの腫れや親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区 曙橋駅近くの歯医者さん

デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時~19時

日曜、祝日は予約制で 10時~17時になります

電話番号は 03-33410-4621

 

IMG_8758 IMG_8759 IMG_8760 IMG_8761 IMG_8762 IMG_8763 IMG_8764

 

2016年11月23日

今回 検診でご来院され全体の虫歯と歯周病の確認をすると

右上の親知らずに虫歯が出来ており虫歯の大きさから治療が難しいので抜歯する事になりました。

親知らずが虫歯になっている場合

抜歯をするか?治療して残すか?を考えます。

抜歯をする場合は その歯が噛み合わせに必要か?虫歯や歯周病になりやすいか?

治療して残す場合は 器具が届く範囲か?抜歯をした方が お口に与えるダメージが大きいか?

で判断します

今回は右下の親知らずも横向きに生えて虫歯になっており

右下も抜歯する予定になったので 右上の親知らずも抜歯する事になりました

今回も抜歯した穴にはテルプラグと呼ばれる特殊なコラーゲンスポンジを詰めて緊密に縫合します

こうする事により傷口の治りが早まり 出血も止まり 痛みも軽減されます

 

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿 曙橋駅近くの歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜、祝日は予約制で 10時から17時まで

電話番号は 03-3341-4621になります

img_6734 img_6735 img_6736 img_6738 img_6739 img_6740 img_6741

 

2016年11月23日

今回 左上親知らずの抜歯を行いました。

親知らずの抜歯の基準は 噛み合わせに必要な歯か?虫歯になりやすそうなな歯か?歯周病の原因になりそうか?

などで判断します。

特にその患者さんの 歯ブラシの状態は重要で

お口の中には歯周病の細菌と虫歯の細菌がいますが 歯周病の細菌が多い方は虫歯にはならずに歯石が溜まり歯周病になり

逆に虫歯菌が多い方は 歯周病にはならずに虫歯になってしまいます。

今回は親知らずの手前の歯が虫歯になっており その原因が親知らずとの間に出来た虫歯だったので抜歯する事にしました

今回 抜歯した穴にテルプラグと呼ばれる 特殊なコラーゲンスポンジを詰めて血液を抜歯した穴に溜めるようにして

手前の歯肉が下がり 歯の根が見えてしまうのを極力防ぎます

もし 手前の歯肉が下がり 根が虫歯になってしまうと 歯の頭の部分に比べて根は硬さが柔らかいので

プラーク(汚れ)がつくと すぐ虫歯になってしまい 歯の寿命が短くなっていきます

なのでなるべく 歯肉や骨は減らないように温存する必要があります

 

親知らずや虫歯のご相談なら

新宿 曙橋駅近くの歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日、日曜は 予約制で 10時から17時まで

お電話は 03-3341-4621 になります

img_6725 img_6726 img_6727 img_6728 img_6729 img_6730 img_6731

 

2016年11月14日

右上の親知らずが虫歯になっており

このままだと 虫歯により 歯の周りを支えている骨が溶ける恐れもあるので 今回抜歯となりました

右上の親知らずは きっちりと治療をされており 金属で詰め物もされている状態です

今回 抜歯になった原因は 右下の親知らずが無く

上の歯との噛み合わせが 欠如していたので 上の親知らずが下の方に落ちてきてしまい

親知らずの根の部分に汚れが溜まり 虫歯になってしまったと思われます

親知らずは ただでさえ 歯ブラシを届かせるのに苦労する部分で

下の歯との嚙み合わせが欠如している分 歯の自浄作用が無くなり 余計汚れが溜まりやすくなってました

親知らずをいつ抜歯するかは その患者さんの 歯ブラシの仕方や 全体の虫歯のなりやすさにより

決めた方が良いでしょう

抜歯の手順は お口の消毒→部分麻酔→抜歯→縫合 になります

今回も処置は全て拡大鏡で施術しているので全体で15分くらいで処置を終えました

あと 抜歯した穴には 傷口の治りを早める為に テルプラグと呼ばれる 牛の皮膚から出来ている特殊なコラーゲンスポンジを入れて

外れないように緊密に縫合します

こうする事により 傷口の治りが早まり 痛みもほとんど出ません

 

親知らず や 抜歯のご相談なら

新宿 曙橋駅近くの歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜、祝日は 予約制で 10時から17時まで になります

お電話は 03-3341-4621 になります

img_6392 img_6393 img_6394 img_6395 img_6396 img_6397 img_6398

 

 

2016年11月7日

左下奥歯の埋伏歯の親知らずの抜歯になります

今回の親知らずは横向きに生えている状態になります

横向きに生えている場合 まず手前の歯との高さの差を測り難易度を予想します

後は歯の根の形が曲がってないか?などをレントゲン上で読み取り 予想の手術時間を決めます

今回は高さとしては難易度は問題ないのですが 根の先端がクネッと曲がってしまっておりしかも二股に分かれている状態です

根が曲がってしまっている場合 骨に引っかかってしまい中々外に出てくれません

なので 難易度が高いと予想されます

患者さんに事前に レントゲンをお見せして抜歯の流れをお話するのですが 二股に分かれている部分に切れ目を入れて 根を割り

根を一つ一つ単独で外に出す計画を立てます

今回も 歯を抜いた後に コラーゲンスポンジを中に入れて なるべく抜歯した穴に血糊を溜めて

周りの骨が無くなるのを防ぐように配慮します

こうする事により 抜歯した手前の歯肉の高さを下げずに済みます

もし手前の歯の歯肉が下がってしまうと 歯が沁みる感じが強く出てしまい トラブルになります

なので 抜歯した後には 必ず人工材料を使用して骨や皮膚を温存する方法を選択しましょう

通常だと これくらいの抜歯ケースになると 口腔外科に紹介なのですが

当院は拡大鏡を使用しての 治療を日常行っているので 神経麻痺の心配もなく短時間で抜歯が可能です

 

親知らずのご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時

日曜、祝日は予約制で 10時から17時まで

お電話は 03-3341-4621 になります

お気軽にご相談下さい

img_6096 img_6097 img_6098 img_6101 img_6102 img_6103 img_6104

2016年11月4日

今回は 歯並びの相談で矯正治療を行う事になった患者さんの抜歯になります

前歯が重なっている歯並びの治し方には二通りあり

①歯と歯の間を特殊な器具を用いて磨くようにして削り空いたスペースを利用して歯並びを整える方法

②手前から4番目の歯(小臼歯)を抜歯して前歯の重なりをとる方法

があります

今回は②の小臼歯部の抜歯を選択しました

小臼歯部の抜歯の場合 抜歯した穴の中に特殊なコラーゲンスポンジを詰めて頬側の骨が凹まないように配慮します

これを 歯槽提温存術(ソケットプリザベーション)と言います

こうする事により 何も入れない状態よりも遥かに 傷口の治りが早まり 骨の回復も進みます

人間の歯を支えている頬側の骨は凄く薄いので 抜歯した後に頬側の骨がペコッと かなり凹んでしまうことがあります

矯正治療の場合 歯の根っこの部分が骨の中を移動する事により歯が動くようになっています

なので抜歯した後に うまく骨が出来てくれないと歯がこれ以上動かなくなったり

根が動かずに頭だけが傾いて歯と歯の間を埋めたりするようになります

なので 抜歯した穴には 人工骨やコラーゲンスポンジなどを詰めて骨の形を温存させるようにした方が良いでしょう

当院では

矯正治療の為の 小臼歯 親知らずの 抜歯のご相談やインビザライン(マウスピース)矯正治療のご相談も受け付けております

mail相談も受け付けておりますので詳しくはお問合せ下さい

新宿 曙橋の歯医者さんなら デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜祝日は 予約制で 10時から17時までになります

電話番号は 03-3341-4621 です

img_6041 img_6042 img_6043 img_6044 img_6045 img_6047 img_6048 img_6049 img_6050

2016年10月18日

左上の親知らずが頬側に生えており 虫歯になっているので患者さんとご相談し抜歯することになりました

親知らずが頬側に生えているせいで 歯ブラシが届かず磨き残しになり虫歯が発生したと思われます

親知らずを抜くのに関しては 虫歯が発生する可能性と 汚れが溜まり歯肉が腫れる事がある場合は抜いた方が良いと思われます

なるべく年齢が若いうちに抜くと骨の再生にも有利に働くので若いうちの方が良いでしょう

それと抜歯の際には 事前に歯のクリーニングをすることをお勧めします

抜歯した穴にお口の中の細菌が入ってしまい たまに感染して傷口の治りが悪くなってしまうこともあります

これは通常の虫歯治療も同じで 歯医者さんにかかられて応急処置が完了したら

まずクリーニングしてお口の中の細菌を減らして治療をすると治療の効果がはっきりでます

その際には衛生士さんに普段のご自身の歯ブラシの確認をしてもらったりしましょう

今回も すべての処置を拡大鏡を使用しながら行っています

精密な治療をすることにより麻酔の量を抑えたり 縫合もしっかりできたり痛みや腫れるのを極力抑える事ができます

親知らずのご相談なら

新宿の曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間:月曜~土曜まで10時から19時まで

日曜、祝日は10時から17時までになります

img_5374 img_5375 img_5376 img_5377 img_5379 img_5388 img_5389 img_5390

 

 

2016年9月29日

左下の奥歯の根っこの先端にある膿が悪化してしまい腫れてきたので抜歯を行うことになりました

左下奥歯には最初神経を取る治療を行い金属を被せてあり まず被せ物を外し根の再治療を試みたのですが 根の先端の状態が悪く再治療が出来ない状態でした

しばらく様子を見ていたのですが ここ最近腫れが気になりはじめレントゲンをお撮りすると膿の黒い影が広がっており骨が広範囲に破壊されているのが確認できました

このままの状態にしておくとさらに骨の破壊が進んでしまうので患者さんとお話しして やむなく抜歯する事になりました

レントゲン上では根の先端の膿により かなりの骨が破壊されてしまっているので抜歯した後にかなり骨が凹んでしまう事が予想されます

骨が凹んでしまうと 歯肉も凹んでしまいます

こうなるとブリッジの真ん中にある仮歯部分に物が食べ物が挟まりやすくなったり

やけに歯の長さが長いブリッジになってしまい見栄えも悪くなります

もし 前歯でこういう状態になったら人前で笑顔が出来なくなってしまいます

なので 抜歯する際はなるべく骨や歯肉を温存するように行うようにします

今回は ソケットプリザベーション(骨と歯肉の温存術)を抜歯した穴に行います

抜歯した穴に 直径約0.1mmの無数の穴を骨の壁に開けて 血液がじわっと出るようにします

これはストレス性の血液と言って 傷口の治りに有利な化学物質を多く含む血液です

抜歯窩には 人工の骨を中に入れて上の部分にはコラーゲンスポンジを置いて 緊密に縫合します

こうする事により 骨の凹みを最小限に抑える事が出来 傷口の治りも早まります

全ての処置に拡大鏡を使用して 抜歯を行う際も根を一つ一つカットして割り

根の周りの骨にダメージを与えないように配慮します

拡大治療を行うことにより傷口の範囲を最小限に抑え術後の痛みも軽減されます

img_4811 img_4812 img_4813 img_4815 img_4816 img_4817 img_4818 img_4819 img_4820

 

1 2 3 4 5 6 7