症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2020年1月7日

今日は左下奥歯の大臼歯部の抜歯と歯槽堤温存術(ソケットプリザベーション)を行いました。

 

虫歯で左下奥歯大臼歯が再治療が不可能な状態になっていました。

レントゲンで確認すると虫歯により根の周りに黒い膿の影も確認できます。

 

このまま抜歯を行い 抜歯後の処置を何も行わないと頬側の骨が溶けて術後にかなり陥没した状態になります。

人間の頬側の骨はかなり薄く出来ており 特に歯の根の周りをカバーしている骨は思っている以上に薄いのです。

抜歯をする際にも 無理に力を加えると術後頬側の骨が凹んでかなりの陥没になってしまいます。

 

抜歯した後の歯肉が凹んだ状態になると インプラント手術は大掛かりな手術になりますし ブリッジを入れるにしても食事の際に物が詰まりやすくなります。

この陥没を防ぐには 何か抜歯した穴に骨が凹まないように内側から支える物を詰めれば 凹みが最小限に防げます。

タイミングは抜歯と同時にこの処置を行わないと難しいのでなるべく抜歯時に行うことをお勧めします。

 

今回は抜歯した穴には人工骨とコラーゲンスポンジと縫合の際には特殊な糸を使用しています。

手順としては

1.Bio-Ossと呼ばれる牛の骨から出来ている人工骨を骨と同じくらいの高さになるようにしています。

あまり入れすぎるとうまくご自身の骨に変わらない可能性があります。

 

2.その上には牛の皮膚から出来ているコラーゲンスポンジで蓋を作ります。

コラーゲンスポンジも歯肉と同じ厚みになるように調整します。

コラーゲンスポンジで人工骨が穴から出ないように蓋をします。

 

3.そしてコラーゲンスポンジを歯肉と緊密に縫合します。

縫合する糸も プラークと呼ばれるお口の中の細菌が付きにくいような表面がツルツルしている特殊な糸を使用します。

 

こういう精密な作業は拡大鏡を使用すると可能になります。

肉眼だとなかなか穴の中が見えないのですが拡大鏡を使用すると穴の中まで良く見えるので可能になります。

それでは症例です。

審美的な抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

休診日は火曜、日曜になります。

電話番号は0333414621

mailでのお問合せはkmtcq139@ybb.ne.jp

2020年1月6日

今日は右上に生えてきた親知らずの抜歯を行いました。

 

親知らずは他の歯よりも遅く20歳くらいになると徐々に生え始めます。

親知らずは歯ブラシが届きにくく 虫歯や歯周病の原因になります。

顎が小さい方などは特に親知らずにより手前の歯を押すので歯並びが悪くなってしまいます。

親知らずは大体の場合は抜歯した方が良いと思います。

 

ただ親知らずの抜歯は 親知らずの根が独特な形をしているので抜歯が難しいのです。

抜歯する前にはレントゲンやCTなどでよく確認する必要があります。

 

また親知らずの抜歯した穴(抜歯窩)にはテルプラグと呼ばれるコラーゲンのスポンジを入れてなるべく穴が早く塞がるように処置します。

親知らずは歯のサイズが大きいので傷口が治りにくいのです。

このコラーゲンスポンジを入れる事により 術後の疼痛や出血、細菌感染も防ぐことが出来ます。

 

親知らずの根は独特な形をしており 今回の抜歯した親知らずも根の先がクネクネ曲がっている形をしていました。

こういう形をしている親知らずはかなり抜歯が難しいのですが 拡大鏡やレントゲンで根の状態をよく確認しながら根が折れずに抜歯を無事に終えました。

後日消毒にお越しいただき経過を確認します。

 

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

火曜日休診になります。

ご予約の電話番号は

0222314621

mailでのお問い合わせは

kmtcq139@ybb.ne.jp

2020年1月2日

今日は右下奥歯のセラミックス治療を行いました。

 

この歯には 最初銀の詰め物が詰まっておりレントゲンで確認すると詰め物の下が虫歯になっていました。

 

説明をし患者さんの了解を得て 奥歯に部分麻酔を施し銀の詰め物を拡大鏡を使用して除去すると中が黒く虫歯になってました。

詰め物を除去した後 手前の歯を確認すると手前にも虫歯がありました。

幸い手前の歯は 虫歯の大きさが小さかったのでプラスチックの詰め物を詰めて治療を終了する事が出来ました。

銀の詰め物に出来た虫歯に関しては プラスチックだと耐久性が無いので今回はセラミックスの詰め物で対応する事になりました。

 

自費と保険での詰め物の違いは 歯にピタッと隙間無く付くその精度の良さにあります。

歯と隙間なく付いた詰め物は見た目にも綺麗ですし レントゲンを撮っても虫歯が発生してない事が多いです。

 

歯と詰め物の間に隙間が空いていると そこに唾が侵入します。

唾の中には虫歯菌や歯周病原菌が多くいますし 詰め物と歯との間には食べた後に歯にへばりつく白いネバネバしたプラークと呼ばれるデンプンが付きます。

虫歯菌はそのデンプンを食べて酸を出します。

その酸が徐々に歯を溶かし歯を黒くしていき 最後には穴が開いてきます。

随分昔に入れた銀の詰め物や被せ物は痛みが無くても定期的に歯医者さんでチェックされた方が良いでしょう。

 

奥歯については虫歯を拡大鏡を使用して取り除き 虫歯の穴には抗菌作用のあるセメントを詰めて殺菌します。

その後詰め物の削りと型取りを行い。

最後に歯の色の写真を何枚かお撮りします。

セラミックスは技工士さんが作りますが 色に関しては実際のお口の中の色を正確に撮らないといけません。

写真を撮っている天然の歯も歯の頭の部分と根元の部分で色が若干違っています。

一つ一つの作業を正確にこなすことが良い治療結果に繋がります。

 

それでは症例です。

セラミックス治療、審美歯科治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜~土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

休診日は 火曜、日曜

になります。

 

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月30日

前回右下大臼歯部のインプラント手術についてお話しました。

今日は実際のインプラント手術の流れになります。

 

インプラント手術は インプラント体と呼ばれる 直径4~5㎜長さ10㎜~13㎜のチタン製のネジを骨に埋め込んで その上に被せ物を付けて咬めるようにする治療です。

インプラント体は天然の歯と違い血が通っていない人工物なので 細菌や咬む力に対する抵抗性が弱かったりします。

なので歯ブラシの磨き残しがありインプラント周りに汚れがべっとり付いていたり インプラント体を埋め込む位置が悪かったりするとインプラント体が取れてしまいます。

インプラント体をどの位置に埋め込み 定期的に歯科に通われてクリーニングを受けてお口の中の状態を清潔に保つのが 長持ちに繋がります。

 

インプラント手術の流れは

1、お口の消毒と部分麻酔を行います

2、歯肉のにメスを入れて骨の状態を確認します

3、インプラント体を入れる位置の確認の為レントゲンをお撮りします

4、骨にインプラント体入れます

5、開けた歯肉を縫合して閉じます

になります。

 

麻酔は通常の麻酔を使います。

手術は当院で行います。

手術時間は大体1時間ほどになります。

手術当日の注意事項としましては

激しい運動は避け 飲酒を控えられて 入浴も避けてシャワーで身体を洗い流す程度にされて下さい。

それでは症例です。

インプラント治療、インプラント手術のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

休診日は 火曜、水曜になります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

 

 

 

2019年12月28日

今日は右下大臼歯部にインプラント1次手術(埋入手術)を行いました。

 

インプラント治療は 歯を虫歯や歯周病により失ってしまった部分にチタン製のネジを埋め込んで そのネジに被せ物を付けて 歯を蘇らせる治療です。

インプラントは人工物になるので普通の歯と違い細菌に対する抵抗力などを持ってはいません。

インプラント治療をする前には準備として お口のクリーニングと虫歯治療を終わらせて お口の細菌量を減らした状態にするのが望ましいです。

 

上と下の歯が咬み合って無い方や奥歯を失ってしまっている方は 顎の位置が歯があった位置から動いている可能性があります。

そういう場合はまず入れ歯を入れて 上と下の歯を咬める状態に戻します。

入れ歯である程度咬む位置が安定し 奥歯など歯の位置が決まったら そこにインプラント治療を行います。

インプラント手術をする前には多少治療のお時間がかかりますのでご了承下さい。

 

インプラントを骨に入れる位置は非常に大事になります。

インプラントは普通の歯と違い骨にチタン製のネジが直接くっつくので 骨に入れた後で矯正治療などで移動する事が出来ません。

もしその顎に対してインプラントが違う位置に入ってしまうと 舌を咬んだり頬を咬んだりしてしまいます。

まずは顎を安定させる為に 通常の虫歯治療を終わらせる事が大事です。

それでは症例です。

インプラント治療、虫歯治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月,水,金,木.土曜は 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

休診日は 火曜、日曜

の予約制となります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月27日

今日は右上小臼歯部に埋入してあるインプラントに 上部構造(被せ物)のセットをしました。

 

被せ物の咬み合う面は金属にしてあります。

インプラントの被せ物を入れるには歯肉から咬み合う対になる歯までの距離が最低5㎜ないと入りません。

今回のケースはギリギリ5㎜でしたので 余分にセラミックスを盛って白くカバーする空間が無いので金属にしてあります。

セラミックスも陶器のお皿のようなものなので十分な厚みが取れないと割れてしまいます。

今回はもしインプラントのネジの緩みが起きても対応しやすいようにネジ穴が開いているタイプにしてあります。

 

インプラントには様々なメーカーがあり 当院で使用しているインプラントはアメリカの歯周病専門医の方が開発に携わっているインプラントになります。

インプラントは外科の手術が必要なので歯肉の取り扱いに長けていないと綺麗なインプラントを入れる事は出来ません。

インプラント治療を受けられる方は 虫歯や歯周病が悪化をして歯を抜かざるをえない状態になっている場合が多いです。

虫歯や歯周病により 歯肉の状態が悪かったり 骨が溶けてなくなっていたりします。

なので歯肉移植の手術をして再生させたり 骨を造成する手術を行い骨を新生させたりします。

これらのテクニックは歯周病の手術のテクニックになります。

なので歯周病治療とインプラント治療は密接な関係にあります。

またインプラントには最後に被せ物を付けるので 噛み合わせの知識も大事になってきます。

色々な総合的な見方により インプラント治療は成功しますので慎重に行う必要があります。

それでは症例です。

インプラント治療、歯周病治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

休診日は 火曜、日曜になります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月26日

今日は右上6番にオールセラミックスクラウンをセットしました。

今回セットしたものはオールセラミックスクラウンと言って陶材のみの材料で出来ている非常に硬い被せ物になります。

オールセラミックスは被せ物の劣化が起きにくく 硬いので表面が削れる心配もありません。

セラミックスにもハイブリッドセラミックスと言うものがあります。

こちらはプラスチックが混ぜてあり柔らかさがあります。

多少柔らかさがあるのではゆっくりとしたスピードで削れてきます。

ハイブリッドセラミックスは定期的な表面の磨きが必要になります。

 

この歯は最初は金属の被せ物が入っており根の先端にも膿の影が出来ている状態でした。

まず被せ物を除去し根の治療を行い 根の治療が終了したらプラスチック製の土台を付けて被せ物の型取りをします。

型取りをする際には麻酔を使い 歯と歯肉の境目をはっきりさせる為に黒い太さ0.5㎜くらいの糸を歯周ポケットの中に入れていきます。

この作業は被せ物を歯にセットする際にも歯周ポケットの中にセメントが入ってしまうのを防ぐために行います。

この糸には止血剤を含ませてなるべく歯周ポケットからの出血を防ぎます。

血液が型取りの材料や セメントに付いてしまうと型取りの材料は変形してしまい セメントの中に入ってしまうとくっつきが弱くなります。

歯周ポケットに糸を入れる際にはチクチク痛みが生じるので 痛みが苦手な方は麻酔を受けられた方が良いと思います。

 

セメントはセラミックス専用のセメントを使用します。

セラミックスは陶材になるので通常の金属冠を付けるセメントでは歯にくっつきません。

歯にセットした後は噛み合わせの調整と表面の磨きを行い当日は終了になります。

後日一度お越しいただき再度噛み合わせの調整とセラミックスの磨きを行い治療終了になります。

 

全てのステップで拡大鏡を使用して治療を行っているのでピタッとした被せ物を付ける事が出来ました。

それでは症例です。

セラミックス治療、審美歯科治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

休診日は 火曜、日曜になります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月25日

今日は右下奥歯にハイブリッドセラミックスインレーをセットしました。

この歯には最初は保険の白いプラスチックが詰めてありましたが咬むと痛みが生じていました。

痛みが出る原因としては プラスチックの接着力より咬む力が強いので剥がれる力が加わり咬んだ時に痛みが出ると思われます。

 

虫歯を削りプラスチックを詰める治療は手軽で1回で終わりますが その分強度が不足するのです。

今回のように歯と歯の間が虫歯になっているケースは 咬んだ時の力を支える壁のようなものがないので咬むと剥がれる方向に力が加わります。

歯の真ん中に詰め物をする場合はプラスチックで大丈夫な事が多いですが 歯と歯の間に出来た虫歯や深い虫歯についてはもっと硬い材料を使用した方が安全です。

 

今回詰めてあるハイブリッドセラミックスインレーはプラスチックの粒子に陶材を混ぜ合わせて作られています。

陶材を混ぜてある分 水分を含む性質を抑えて硬さも強くなります。

ハイブリッドセラミックスの耐用年数は7~8年くらいです。

保険のプラスチックでは1年くらいの耐用年数と言われているので 前歯に詰め物を詰める場合でもなるべくハイブリッドセラミックスを使用した方が良いでしょう。

ハイブリッドセラミックスの使用に関してはメリットとデメリットがあるのでカウンセリングでご相談して決めていきます。

 

それでは症例です。

セラミックス治療、プラスチック治療、歯を白くしたいご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時か19時まで

祝日は10時から17時まで

休診日は 火曜、日曜になります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

 

2019年12月23日

今日は左下奥歯にハイブリッドセラミックスインレーをセットしました。

 

ハイブリッドセラミックスは 陶材の粒子にプラスチックの粒子を混ぜ合わせて作られています。

プラスチックを混ぜている分 ある程度 詰め物の形の自由度が効いて適合もピタッとはまる詰め物が作りやすいです。

オールセラミックスのような陶材のみで作られている材料だと慎重にやらないと硬さが凄く硬いので歯を削って部分にピタッとはまらなかったりします。

その為セラミックス治療には 削る際には拡大鏡を使用して削る面が綺麗になっているか また型取りの材料も変形が起こりにくいゴム製の材料を使用します。

どうしても保険の範囲で治療を行うと 材料が柔らかいので千切れてしまったり 肉眼で歯を削るのでミスがあったりします。

その為 出来上がった詰め物、被せ物も歯にピタッとはまらず セメントで何とかくっつけているので浮き上がりが生じます。

保険の詰め物の被せ物は耐用年数は1~5年です。

またやり直すことになると歯をまた余計に削るので 当然はの寿命も減ってきてしまいます。

自費治療と保険治療の大きな違いは どれだけ詰め物や被せ物が長持ちするかです。

 

ハイブリッドセラミックスのデメリッドは プラスチックを混ぜているので強度が落ちる事です。

あまり大きい範囲の詰め物の形にはめようとすると割れてしまいます。

表面が削れるスピードもオールセラミックスに比べると早いので大体7~8年の耐用年数です。

今回のケースは歯の真ん中に詰める形で大きさも小さいので適応症だと言えます。

それでは症例です。

セラミックス治療、審美歯科治療なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜は10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

日曜は10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

 

 

 

 

2019年12月22日

今日は歯周病治療為の歯石除去を行いました。

 

食べ物を食べると歯の表面には歯垢(プラーク)と呼ばれる白いネバネバした汚れが付きます。

これはデンプンの塊のようなもので歯周病原細菌の栄養となります

プラークは白い色をしているので 中々歯との見分けがつきません。

歯の表面は凸凹しているので 特に歯の根元の部分にはプラークが付きやすいです。

歯ブラシを当てても歯が凸凹しているので 中々この根元の部分の汚れを取るのは難しいです。

 

このプラークに 唾や食物の中に含まれるカルシウムやリンなどミネラルの成分が蓄積して硬くなったのが歯石と呼ばれるものです。

石みたいに硬くなった歯石は歯ブラシでこすっても取り除く事が出来ません。

歯石も勿論歯周病原細菌の栄養となるのです。

歯石の中に入り込んでいる最近は栄養を食べて毒素を出します。

これが歯肉を腫れさせたり 口臭の原因になるものです。

 

歯石が付いたままの状態になると 最初は歯肉が腫れて赤くなった状態が続きます。

歯石はどんどん歯周ポケットと呼ばれる 歯と歯肉の境目に出来ている深さ2~3㎜程度の溝の中に侵入してきます。

そして だんだんと歯肉の高さが下がり歯の根が見えてきます。

これは歯周ポケットの中に歯石が付いてきて歯を支えている周りの骨を骨を破壊していっているのです。

骨は歯周病により破壊されるときには痛みを感じる事がありません。

なので歯医者さんに行かれるのを後回しにされる事が多いです。

歯の根が見え始めて この状態がさらに続くと 歯がだんだんグラグラと揺れてきます。

この時点で歯医者さんに行かれる事が多いです。

歯の根が見えた状態になってから 歯石を取っても一度下がった歯肉と骨は元の高さには戻りません。

歯石を取るなら歯医者さん専用の超音波の機械やキュレットと呼ばれる歯石取り専用の器具を用います。

もし歯ブラシすると歯肉から血が出たり 口臭が気になりましたら すぐ歯医者さんの方に行かれて検査される事をお勧めします。

それでは歯石除去の術前術後の症例です。

歯周病治療、口臭治療なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

祝日10時から17時まで

日曜は10時から13時までとなります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

 

 

1 2 3 4 5 6 7 36