症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2020年6月2日

今日はナイトガードのセットを行いました。

 

患者さんは左上の奥歯が痛みがあり揺れるのが気になるとの事でお見えになられました。

左上奥歯はレントゲンで確認し虫歯などは確認できず。

歯並びと歯の状態を見ると 左下にブリッジが入っており 歯並びもかなりすり減っている状態です。

 

こういう歯のすり減りがある方は 寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをされている可能性が高いです。

歯を保護する目的で今回はナイトガードを呼ばれるマウスピースを装着しました。

 

ナイトガードは夜の寝ている間に 上顎の歯に付けて咬み合う力を和らげる作用があります。

また顎が痛い、顎がかくかく鳴る などの顎関節症をお持ちの方は 関節を安静な位置に保つ作用があります。

 

人間は夜の寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをします。

この歯ぎしりや食いしばりの力は 意識が無い時間に行うので過大な力が歯にかかります。

顎やこめかみには大きい筋肉があるので夜間に筋肉を使用して疲れるので筋肉痛になります。

朝起きると頭痛がしたり 肩こりがひどかったりするのはこのせいとも言われています。

 

歯に過大な力がかかると 歯が揺すられるので 歯肉が下がり そのうち歯の根が見えてきます。

あと歯の根が見えてしまっている方や知覚過敏など 歯が沁みる症状が出ている方は 歯並びが乱れてしまい 咬み合う力が均等になって無いことが多いです。

またセラミックス治療やインプラント治療を受けられている方は セラミックスの破折やインプラントが取れることにも繋がります。

 

歯ぎしりや食いしばりをしているかは 実際に歯型を取って確認したり問診や触診をして診査します。

 

肩こりや頭痛がひどい方は 一度歯医者さんでご相談下さい。

もしかしたら歯並びが乱れて よくない噛み合わせになっているかもしれません。

 

ナイトガードは柔らかい材料もありますが 顎を所定に位置に保つために 基本的には硬い材料を使用します。

 

ナイトガード 1個 ¥33000

 

それでは症例です。

噛み合わせ、顎関節症のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時か17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年5月27日

今日は昔に神経を抜く治療を行い変色が起きた歯に対してのホワイトニングを行いました。

 

神経が死んだ歯に対するホワイトニングは 通常のホワイトニングはほとんど効果はありません。

特殊なホワイトニング方法が必要です。

 

歯の神経が死んでしまうと 直後は問題ないのですが 時間の経過とともに歯が黒ずんできます。

これは歯の中の神経と血管が死ぬことで 血液中の鉄分が歯に浸透し それが黒くなるのです。

よく傷ついた血が固まり 黒い色をしたかさぶたに変わるような感じです。

 

これを治すには インターナルブリーチと言って 歯の中に直接ホワイトニング剤を入れて白くする方法があります。

 

歯の神経が死ぬと 歯に裏側などに小さい穴を開けて治療して 最後に中にゴムの詰め物を詰めます。

その穴の中に 特殊なホワイトニング剤を詰めます。

 

この治療方法に使用するホワイトニングは行っていない歯科医院もありますので事前にお聞きした方が良いでしょう。

 

あとこの治療方法は 先生の技量により大きく左右されます。

どのくらいの大きさを詰めるのか?使用するセメントや薬剤は何にするか?等も大事です。

場合によっては 薬剤が漏れたり 必要以上に歯を削り歯を痛めてしまい折れてしまったりする危険もあります。

 

治療する際は 拡大鏡を使用して 歯にひび割れが無いか?などよく確認します。

 

今回はオフィスホワイトニングも同時に行っています。

 

神経が死んだ歯に対するホワイトニング 1回 ¥33000

オフィスホワイトニング 1回 ¥33000

になります。

 

ホワイトニング、歯の変色のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年5月26日

右下奥歯が痛いという事で来院された方の診察を行いました。

 

銀の金属の詰め物は 保険適応の治療になります。

安価で手軽に治療を受けられますが 再治療する確率もかなり高くなりますので あまりお勧めはしません。

 

硬さは金属なので問題ないのですが 金属は作るとき大きさが変化する性質が大きいので 歯にピタッとはまる詰め物出来にくいです。

なので大抵 詰め物を患者さんのお口にセットする際に 先生が詰め物を歯にはまるように削って調整を行い セメントで装着します。

 

保険の詰め物は調整をしなければはまらないくらいの大きさの変化が起きているのです。

 

なので歯と金属の境目には 隙間が開いてしまいます。

 

その隙間をセメントが埋めているのです。

 

セメントは何年か使用すると溶けてそこから虫歯になります。

 

ゴールドの詰め物の場合は その隙間が驚くほど少ないので セメントが溶けずに長持ちするのです。

 

今回も歯と金属の隙間から 虫歯が発生しているのが写真で分かります。

 

さらにそこから神経の方にまで虫歯が達して 神経がほとんど死にかけていて痛みが出ている状態です。

 

歯に麻酔を施し神経を取る治療を開始しました。

 

神経を取ると歯が黒く変色したり 硬さが弱くなるので 最後は被せ物になります。

 

はるべく歯に優しい治療と材料を使用した方が良いでしょう。

 

神経の治療 4~5回(根の状態により) ¥11000

 

それでは症例です。

虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります

2020年5月25日

右下奥歯の歯肉が腫れて痛みがあるという事で来院されました。

 

口腔内を確認すると親知らずの頭が半分歯肉に埋まっている状態です。

 

親知らずの周りの歯肉は 歯周ポケットと呼ばれる溝の深さが通常よりも深く 汚れが溜まりやすいです。

 

汚れが溜まって 身体の疲れにより抵抗力が落ちると その部分の細菌が活発に活動し歯肉が腫れて痛みが生じます。

 

口腔内での清掃が不十分で 汚れが付いている環境での抜歯を行うと 抜歯窩から細菌が入り 高熱を出すことがあります。

危険なので まずは口腔内の衛生状態を良くすることから始めます。

 

親知らずの抜歯は拡大鏡を使用して精密に行います。

親知らずの抜く際に 歯肉や骨を乱暴に扱うと 穴が大きく開いてしまい手前の歯肉が下がる事があります。

そうすると 手前の歯の根が見えてしまい そこが虫歯になったり 知覚過敏になったりします。

一度こういう状態になると 元の状態に戻る事はなく 歯の寿命を短くします。

なので拡大鏡を使用して慎重に歯肉や骨にダメージを与えないように抜歯します。

 

また当院では 抜歯窩には必ずコラーゲンスポンジを詰めて 縫合する事により歯肉の治りを良くします。

コラーゲンスポンジを詰めた場合は 通常よりも治りのスピードが3倍速くなり 約3週間で穴が塞がります。

抜歯窩に何も詰めない状態だと 3ヶ月は穴が塞がりません。

 

良い治療法と良い材料を使用して歯の健康を保ちましょう。

 

親知らずの抜歯 1歯 ¥11000

コラーゲンスポンジ 1歯 ¥5500

になります。

 

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年5月24日

今日は根の治療が終了された患者さんにセラミックスクラウンをセットしました。

 

虫歯が深く神経を取る治療をされた歯は 外から細菌が侵入したり 根の治療の際に汚れの取り残しがあると 歯茎にオデキを作ります。

これは根の先に膿が溜まり その膿が骨と歯肉を突き破り 外に排出されているのです。

根の治療に関しては 「痛みは無いので このまま放置しても良いか?」 とよく聞かれます。

中の溜まっている膿はどんどん周りの骨を破壊して広がるので 大変危ないのです。

 

上の歯であれば 上顎洞炎と呼ばれる 目の下あたりにある空洞に波及し 頭痛やひどくなると気管支炎になります。

レントゲンで歯医者さんに 「被せ物の根の先に膿がありますよ。」と話されたら治療を検討された方が良いです。

 

今回は根の治療をして膿のオデキが治ったので 被せ物の治療に入りました。

 

根の治療をする際はセラミックスに穴を開けてそこからアプローチをしたので 蓋をするだけでも十分なように思えますが

セラミックスは陶器の材料を使用しているので専用の接着剤を使用して他の材料で蓋をしても 蓋がすぐに取れてしまうからです。

 

そうするとまた外から細菌が入り 膿が溜まってしまいます。

 

勿体ないのですが 古いセラミックスを一度外し 新しいセラミックスクラウンをセットしました。

 

今の時代のセラミックスは凄く硬く出来ているのであまり歯を削らずに作れます。

 

この治療にはすべて拡大鏡を使用して治療しているので 精密な治療が可能です。

肉眼ではもしかしたら抜歯になっていたかもしれません。

 

根の治療 治療回数 3~4回 ¥11000

セラミックスの土台 1歯 ¥38500

セラミックスクラウン 1歯 ¥132000

になります。

 

それでは症例です。

根の治療、セラミックス治療、虫歯治療のご相談なら

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年5月22日

今日は根の治療をされている患者さんに詰め物をしました。

 

写真を見ていただくと 一番奥の被せ物の下の歯茎になる おできが 消えているのが分かります。

 

根の治療は 歯の中の神経管の汚れを取る治療です。

神経管の中の汚れを取るには 大体3~4回は回数がかかります。

 

歯の中の神経はレントゲンで見ると 1本のスジのように見えるのですが 実は目見えないくらいの細い神経管が無数に走っているのです。

歯医者さんは 目に見える汚れは削って取りますが 目に見えない細かい汚れは 消毒薬かお薬を使用して殺菌するので何回か回数がかかります。

 

さらに昔に神経管の治療をされた歯を もう一度再治療をしてどのくらいの成功率があるかを調べた研究があります。

それによると 2年後その歯が生き残っている確率は40~60%くらいと言われ驚くほど低いのです。

 

これは根の先に膿が溜まり 神経管の穴が破壊されて傷口が塞がりにくくなるので 治るのが非常に難しいのです。

 

今回は根の先の破壊されている穴を塞ぐ特殊なお薬を詰めて治療しています。

普通の保険の材料では 大きく開いた穴をピッタリ閉じるのは難しいのです。

 

再治療をするたびに 歯は余分に削られてしまうので なるべく再治療の無いような治療方法を選択された方が良いでしょう。

 

根の治療 治療回数3~4回 ¥11000

になります。

 

治療途中の仮歯、土台、被せ物の治療の費用は別になります。

 

それでは症例です。

根の治療、虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

2020年5月20日

当院は口腔外科を扱っていますので 抜歯や歯周病の手術など 外科の治療が多くあります。

 

当院では全ての治療に拡大鏡を使用してるので かなりの難易度の高い抜歯も可能です。

 

今日は若い方の親知らずの抜歯を行いました。

 

左下奥歯の歯肉の中に親知らずが完全に埋まっている状態です。

レントゲンを撮影し 親知らずの位置を確認します。

 

まずは 抜歯を行うときは傷口に細菌が入らないように事前に虫歯の治療とクリーニングを済ませます。

緊急を要する抜歯なら 先に行う場合もありますが お身体にも危険なので 先にお口の中を清潔にします。

 

お口の中が綺麗な環境になったら手術に臨みます。

 

今回は完全に埋まっている親知らずの抜歯なので メスによる切開と歯肉の剥離が必要です。

抜歯した後 縫合する際に歯肉が綺麗に閉じるように 歯肉の切開と剥離は慎重に行います。

歯肉を剥離して親知らずを見えるよ状態にすると 親知らずの頭部分には骨が被っている状態です。

最小限 頭の部分に被っている骨は取り除きますが それ以外は腫れるので骨は削りません。

骨の中に埋待っている親知らずを慎重に切断、分割し 破片にして取り除きます。

 

血液が溜まっている穴の中は肉眼では見ることが出来ず 拡大鏡があれば可能です。

そして全部の破片を取り除き 傷口の治りを早めるコラーゲンスポンジを詰めて縫合します。

縫合も1㎜間隔で緊密に縫合しますので 術後の出血は起こりません。

 

こういう精密な治療は拡大鏡を使用してのみ可能です。

 

親知らずの抜歯 1歯 ¥11000

コラーゲンスポンジ 1個 ¥5500

になります。

 

それでは症例です。

親知らずの抜歯、虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年5月19日

今日はセラミックス治療の患者さんが来院され 無事に詰め物をセットしました。

 

セラミックスは陶材になり 歯よりも硬い材料で出来ています。

 

よく噛んだら割れる と心配される方がいらっしゃいますが 歯よりも硬いのでセラミックスの厚みがきちんと取れていれば大丈夫です。

 

セラミックス治療は ものすごく作るのが難しいです。

詰め物や被せ物の 削りと型取りをすごく精密に行わないと 歯にピタッとはまるものはできません。

 

削った歯の面がガタガタしていたり いびつな形をしているかを 肉眼で確認するのはまず不可能です。

 

当院では拡大鏡を使用して 詰め物や被せ物を削る際 精密に行うようにしています。

また型取りの材料も変形の少ない特殊なゴム製の材料を使用します。

 

これは 実際の歯を削った詰め物の大きさと 型取りして模型上で作られる詰め物の大きさは どうしても寸法変化が生じます。

これを極力 元の寸法に近い形に作れば 無調整で詰め物や被せ物が歯にピタッとはまります。

 

よく保険の銀の詰め物や被せ物を 何回か調整して歯に詰める事がありますが あれは寸方がかなり変化してしまっているせいです。

 

こうして出来上がったセラミックスは歯にピタッと隙間なくはまり長持ちします。

 

それでは症例です。

虫歯、セラミックス治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年5月18日

昨日抜歯をされた方が今日お見えになり傷口の消毒を行いました。

 

抜歯をされた直後に 歯科医院ではお薬と色々な注意事項をお話します。

 

ただ 抜歯直後は患者さんも疲れてしまっているので中々 注意事項が頭に入ってきません。

例えば

お薬を飲み忘れてしまったり

患部を冷やすのを忘れてしまったり

歯ブラシを当ててしまったり

などがあります。

 

当院では翌日出来る限り消毒にお越しいただいてます。

大人の抜歯も 子供の抜歯も一緒です。

 

下の写真は 抜歯した穴にコラーゲンスポンジを詰めて縫合した 傷口の経過の写真になります。

 

1日しか経ってませんが 既に抜歯した穴の中にピンク色の歯肉が見えていのが分かります。

 

抜歯した穴にコラーゲンスポンジを詰める事により 術後の感染や痛み、出血などを抑えます。

 

抜歯 1歯 ¥11000

コラーゲンスポンジ 1個  ¥5500

になります。

 

抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年5月17日

今日は右下奥歯の頭が半分被っている状態の親知らずの抜歯を行いました。

 

親知らずは 虫歯や歯周病 手前の歯を押して歯並びを悪くすることが多いです。

親知らずをそのままにしておいて良い場合もあるのですが 一度は歯医者さんで診てもらった方が良いです。

 

抜歯などの外科関連は 口腔外科を標記している歯医者さんで診ていただけます。

 

今回は手前の歯との間に物が詰まり 親知らずも手前の歯を押している状態でしたので抜歯する事になりました。

 

半分頭が被っている状態なので 切開と剥離が必要と診断し 患者さんにご説明し手術に臨みます。

 

抜歯の手順は

1.消毒、部分麻酔、術前レントゲン

2.歯ぐきの切開、剥離

3.歯冠の分割

4.歯根の抜歯、術後のレントゲン

5.縫合

になります。

 

縫合に用いる縫合糸は 結び目がほどけないように 特殊な糸を使用しています。

当院で用いている縫合糸は ものすごく鋭い針なので歯ぐきに抵抗なく入ります。

 

メスや針はなるべく鋭く 歯肉に抵抗なく入るものを使用すると 綺麗な切り口になり 傷跡も綺麗に治ります。

 

こういう細かい点が外科手術には大事です。

 

勿論 手術の際には拡大鏡を使用して精密に治療を行います。

肉眼では 切った歯肉をピタッと閉じるように縫合するのはまず不可能です。

 

それでは症例です。

親知らず、抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は 0333414621

mailでのお問い合わせは kmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 45