症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年12月7日

今日は右下奥歯にセラミックスアンレー(歯に半分被せるタイプのセラミックス)をセットしました。

この方は右下奥歯にプラスチックの詰め物をされており プラスチックが欠けて中が虫歯になっていました。

プラスチックは保険で出来る手軽な治療ですが適応場所と範囲が限られてきます。

今回のケースでは場所が奥歯に詰めるのと 詰めてある範囲がかなり大きいのでプラスチック治療の適応からは外れてきます。

まず虫歯を削って残りの歯の厚みなどで その歯を被せ物にするか詰め物で対応できるかを決めます。

簡単な見分け方は1㎜以下の厚みでは その歯の部分を削りセラミックスなどの人工材料でカバーした方が良いと言われています。

この診断を行わないで安易に詰めてしまうと歯が欠けてきます。

また今回は中が虫歯になっており神経まで到達していたので まず歯の神経を治療しました。

虫歯が一部分かなり深いので麻酔を施し 電気メスと言われる 歯科ではポピュラーに使用されるメスで深い部分の歯と歯肉部分を切除していきます。

深い虫歯の場合には型取りをする際に歯周ポケットに糸を巻いただけでは対応できない事があります。

そういう場合は歯肉を切除して 歯と歯肉の境目の部分をはっきりさせる処置が必要になります。

この処置をしないと型取りをした際 歯と歯肉が繋がってしまい境目が分からないまま詰め物や被せ物が出来てきてしまいます。

歯にピタッと詰め物、被せ物が付けれるようにするには色々と工夫が必要になります。

今回は虫歯を取ってプラスチックの土台を付ける際と型取りする際に電気メスで処置をしています。

なぜ2回も処置が必要なのかと言うと歯肉がすぐに盛り上がってくるからです。

歯と歯の間の歯肉の厚みは中にある歯槽骨と呼ばれる骨から大体3㎜~5㎜くらいの厚みだと言われています。

この法則があるので いくら歯肉を切除しても次回来院された際には歯肉は盛り上がってしまいます。

歯肉が盛り上がらないようにするには 歯肉の中にある骨を削る歯周外科処置が必要になりますが

今回のケースでは虫歯の程度が 被せ物になるほどでは無いので 歯周外科処置を行い被せ物にするとオーバートリートメントになってしまいます。

なので今回のケースでは電気メスによる歯肉切除にとどめて最小限に処置を行いました。

あとは虫歯が深かった部分の歯肉がどうしても腫れやすく虫歯も再発しやすいのでフッ素入りの歯磨き粉やデンタルフロスなどを使用していきます。

こういう精密な処置ができるのも拡大視野での治療であれば可能です。

肉眼で電位メスを用いた歯肉切除などは到底正確にはできません。

これからの歯科治療には拡大治療は必須だと言えます。

それでは症例です。

セラミックス治療、拡大治療おご相談なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時までとなります。

電話番号は0333414621

mailはkmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月6日

この患者さんは右上の金属の詰め物が外れてご来院されました。

金属の外れた歯を診ると中が黒く虫歯が広がっていたので レントゲンをお撮りし患者さんと話して治療に移りました。

保険の金属の詰め物は 歯と金属の硬さが違うのでどうしても金属と歯との間に隙間が生じてきます。

歯に金属を付ける際のセメントの劣化もあるので耐用年数は3年くらいと言われています。

治療は浸潤麻酔を施し 虫歯の部分をステンレス製のバーと回転切削器具(タービンとコントラ)で大まかに除去していきます。

ある程度虫歯を除去し歯の神経に近付いてきたら 今度は小さい先端が小さいスプーン状になっている器具と虫歯を染める染色液を使用して虫歯を丁寧に除去していきます。

こうしないと摩擦熱などで麻酔が切れた後に歯の神経が痛むことがあります。

今回の虫歯は 深い虫歯だったので直接プラスチックは詰めずにセメントを詰めていきます。

プラスチックは小さい虫歯には有効ですが 大きい虫歯には耐久性が弱いので咬んだ時に痛みが生じたり割れたりします。

削った穴に詰めるセメントは抗菌作用のある特殊な物を使用して 目に見えない虫歯菌も殺菌していきます。

また虫歯を除去する際に生じる摩擦熱による神経の鎮静同時に行います。

上記の治療には全て 拡大鏡を使用して 虫歯の取り残しが無いようにキチンと詰められているかチェックをしていきます。

こういう作業は 肉眼の治療では確実に見落としが生じてしまいます。

その後 来院していただき痛みや違和感など問題が無ければ 今度は詰め物の型取りをしていきます。

今回はハイブリッドセラミックスインレーというプラスチックとセラミックスを混ぜ合わせた歯と同じくらいの硬さを持つセラミックスを選択しました。

ハイブリッドの良い点は 歯と硬さが同じくらいなので奥歯でも白く割れにくい詰め物が出来る点にあります。

保険のプラスチックだと耐久性が弱いので 奥歯に使用すると すぐに割れて虫歯になってしまいます。

ハイブリッドセラミックスの耐用年数は7~8年と言われています。

あとは定期的に セラミックスの表面を磨いて常に✨ピカピカにすると水分の吸収を防いでもっと長持ちします。

お口の中でセラミックスを綺麗に磨くなどの作業も肉眼では何となくになってしまう恐れがありますが拡大鏡を使用するとキチンと磨く事が可能です。

歯科治療は細かい作業で精密さが求められるので拡大鏡を使用するのは必須だと言えます。

それでは症例です。

詰め物の治療、セラミックス治療、虫歯のご相談なら 新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日 10時から17時まで

日曜 10時から13時まで

となります。

電話番号は 0333414621

mailは kmtcq139@bb.ne.jp

2019年12月5日

今日は左下の埋伏歯抜歯を行いました。

親知らずでも神経との接触が無いのは通常の歯医者さんで抜歯が出来ます。

この歯は 横向きに生えており 頭の部分に虫歯があり衛生状態が悪いので歯石も溜まり歯肉炎になっている状態です。

親知らずの抜歯は 虫歯や歯周病になる原因になる場合があるのでよく診断する必要があります。

あとは 矯正治療の場合はどうしても 歯の後戻りの起こる原因にもなるので抜歯された方が良いと思います。

歯の抜歯については 抜歯した後に穴が開きます。

この穴には血液が溜まり そして皮膚や血管が新生するのですが お口の中は濡れており

中々 穴の中に血液が溜まりにくい環境です。

これが抜歯した後の腫れや痛みに繋がります。

なので今は コラーゲンのスポンジを抜歯した穴に入れて血液をなるべく満たすようにして穴を縫合して塞ぐようにします。

こうする事により 抜歯した後の頬の腫れや痛みを軽減できます。

抜歯する際や手術の際には 血液も出て大変視野が難しくなります。

手術や抜歯の失敗の原因はこの視野が難しくなることが挙げられます。

なので抜歯や外科手術の際には拡大鏡を用いるようにしています。

こうする事により安全に抜歯や手術が行えます。

これからの歯科治療には拡大視野での治療が必須であると言えます。

それでは症例です。

親知らずのご相談なら 新宿区 曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時までとなります。

電話番号は 0333414621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月4日

今日は右上大臼歯部にインプラント上部(被せ物)をセットしました。

このケースは 6か月前にインプラントを埋入すると同時に骨を作る手術を行うという難易度の高い手術をしています。

無事に骨が出来、インプラントも問題ないので被せ物をセットすることにしました。

 

インプラント治療は チタン製のネジを骨に埋めて その上に被せ物を付けて ご自身の歯として使用していただく治療ですが

虫歯や歯周病、歯の破折などがひどくて その歯を抜歯せざるを得ない場合が殆どです。

抜歯する歯の状態がひどければひどいほど 歯の周りの骨もダメージを受けて骨吸収してしまいます。

患者さんサイドからすると痛くもないのに 歯医者さんで虫歯や歯周病を診てもらったら早めに抜歯した方が良いと言われる場合

周りの骨がダメになってしまうので あまり長持ちしない歯は抜歯をしないと隣の歯を支えている骨も吸収してきて隣の歯も抜歯

なんてことになってしまうからです。

 

今回のケースは 神経を取る治療をされて被せ物の中に金属の土台が入っていましたが 奥歯は噛みしめる力が強いので歯が割れてしまい

やむなく抜歯となりました。

神経を取る治療をされた歯には なるべく金属の土台は歯が割れるので ファイバーコアと呼ばれるセラミックスの土台(歯と同じくらいの硬さ)を

付けた方が安全です。

 

インプラントの上に付ける被せ物もセラミックス製にしてあります。

セラミックスにも色々種類があり 今回は奥歯なので硬いセラミックスを選択しました。

咬み合う歯や 隣の歯の状態 お口の清掃状態 患者さんの顎の形などで被せ物の種類は決めるようにしています。

単に色が白いから 金属の方が安いので と言う理由で決めてしまうと後々他の歯の破折やインプラント体が折れたりなどトラブルが生じてくるので注意が必要です。

 

奥歯用のインプラントの被せ物の真ん中にはネジ穴があります。

この穴を通してドクターがインプラント体への被せ物の接続を行います。

この穴は後で セラミックスの詰め物を付けて塞ぎます。

 

インプラント治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

日曜は10時から13時まで

祝日は10時から17時までとなります。

電話番号は 03-3341-4621

mailは kntcq139@ybb.ne.jp

2019年12月3日

今日は右上に半年前に埋め込んだインプラントの型取りをしました。

右上の歯が無くなり大分期間が経っていたので 最初インプラントを埋め込むのに十分な骨がありませんでした。

インプラントを埋め込む場所に骨が無い場合には人工骨を使用して 骨を再生させる手術があります。

勿論 骨を作る量にも限界があるのでレントゲンやCTを診断していきます。

今回は骨が再生できる余地がありましたので インプラントを埋め込むと同時に骨を作る手術を同時に行うアドバンスな手術を行いました。

骨が出来てくるのに6~8ヶ月かかりますので その間は仮の入れ歯を使用していただきます。

インプラント埋め込み その日のうちに仮歯をセットする方法もありますが インプラントが取れてしまう場合もあるので術前の診断が大事になります。

今回の患者さんはインプラントが骨にくっつく期間 入れ歯でお待ちいただけたので 半年間入れ歯を使用していただきました。

この症例はインプラントの被せ物の型取りをする前に歯肉を頬側にずらして歯肉を増やす手術を行っています。

インプラント周りに歯肉が無いと 細菌に対するバリヤーの役目が失われるので 歯肉が無ければ増やす必要があります。

歯肉から出来いるカラフルな棒(シリンダー)はインプラントに接続されており取り外しが出来ます。

それを取り囲んで特殊なゴムの材料を使用して なるべく変形が起きないように型取りします。

そして模型を製作し 模型上で仮歯を製作します。

次回は仮歯のセットをして リハビリと同じように実際に使用して食事などしていただきます。

今まで何もない所に インプラントの被せ物がいきなり入ると 頬を咬んでしまったり慣れなかったりするので

まずは仮歯を付けて形や大きさ高さ 歯ブラシや歯間ブラシの当て方などをチェックします。

インプラント治療なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日 10時から17時まで

日曜 10時から13時まで

電話番号は 0333414621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年12月2日

今日は左下の小臼歯部にオールセラミックスの詰め物をセットしました。

オールセラミックスでも 様々なメーカーが色々な種類のオールセラミックスを出していてその特徴にと削る範囲や色により種類を使い分けます。

今回使用しているオールセラミックスはe-maxと呼ばれる二ケイ酸リチウムガラスを主成分とするセラミックスで硬いのが特徴です。

色合いは若干やや透明感が高く削る範囲の大きさが大きい場合には透けた色になってしまうので小さい範囲の窩洞に使用しています。

オールセラミックスで作られる詰め物や被せ物はまず割れる事がありません。なので半永久的に長持ちします。

セラミックスには大きく分けてハイブリッドセラミックスとオールセラミックスの2種類あり

ハイブリッドセラミックスは7~8年

オールセラミックスは10年以上

持つと言われます。

詰め物は出来るだけオールセラミックスを使用した方が長持ちすると思われます。

使用するセメントもセラミックス専用のセメントを用いるので歯に強く接着します。

e-maxは歯よりも若干硬さが硬いので使っていくと歯と詰め物の間に段差が出来てきます。

この段差が大きくなるとセラミックスの詰め物が外れたり歯の方が欠けてしまったりします。

セラミックスは定期的な噛み合わせの調整とセラミックスの磨きが必要になります。

セラミックスはお皿とおなじような陶材になるので角が尖ったように歯を削り型取りしても製作できません。

小さい歯に詰め物の形を正確に削り 型取りに不備が無いようにするのは大変難しいです。

当院では拡大鏡を使用して 削った面の隅から隅までチェックをして寸法の変化が起きにくい特殊なゴムの材料を使用して型取りします。

また型取りした材料から模型を作る際も セラミックス専門の技工士さんに送り寸法変化が起きにくい石膏材料を使用して模型を作ります。

なので出来上がったセラミックスの精度はかなり高いです。

歯にセットすると 繋目が分からないくらいにピタッとはまり治療したのがどこか 分からないくらいです。

それでは症例です。

セラミックス治療、審美歯科治療のご相談なら 新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

となります。

tel:03-3341-4621

mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年11月28日

今日は左上奥歯にハイブリッドセラミックスインレーをセットしました。

セラミックス治療に使用するセラミックスには大きく分けて2種類あり ハイブリッドセラミックスとオールセラミックスがあります。

 

ハイブリッドセラミックスはセラミックス(陶材)にプラスチックを混ぜて弾力性をもたせて割れにくくしてあります。

ただプラスチックを混ぜて柔らかさを持たせた分 噛み合わせの強い方やインプラントの被せ物に使うとすぐに すり減ってきてしまいます。

持つ期間は大体7~8年とも言われています。

詰め物の価格は3~4万円くらいです。

 

オールセラミックスは陶材のみで作られており 硬さが強いので噛み合わせの強い方やインプラントの被せ物に適しています。

陶材のみで作られているので劣化が起きにくく半永久的に長持ちします。

詰め物の価格は7~8万円くらいです。

 

詰める範囲が広い場合や被せ物の場合にはオールセラミックスが適しています。

詰める範囲が狭い場合や価格を抑えたい場合にはハイブリッドセラミックスが適しています。

 

セラミックス治療は陶材を材料に使用するので 削って型取りをするのが少しでも凸凹しているとはまらない事があります。

詰め物の形に削るのは肉眼の何倍にも拡大できる拡大鏡を使用して精密に削り 型取りの材料も変形が起きにくいゴム製の材料を使用します。

保険の場合は 寒天の材料を使用するので千切れたりして変形が起きるので精密には作れません。

当院では削りから型取り迄すべての工程で拡大鏡で確認するので歯に詰めてもピタッとはまり 長持ちします。

 

型取りした詰め物は 大阪にあるセラミックス専門の技工士さんに送り模型から丁寧に作ってもらいます。

セラミックス専門の技工士さんは石膏模型を作るのもプロなので 水の1滴まで精密に計測するので寸法の変化を最小限に抑えます。

そうして 出来上がったものを歯に特殊なセラミックス専用のセメントを使用してセットします。

後は拡大鏡を使用して表面を綺麗に磨いていくと長持ちするセラミックスが出来ます。

 

これからの審美歯科治療には 拡大鏡が必須だと言えます。

それでは症例です。

 

 

セラミックスやホワイトニング 審美歯科治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿区まで

Tel:0333414621

mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

月曜から土曜まで10時から19時まで

日曜まで10時から13時まで

祝日10時から17時まで

 

 

2019年11月16日

今日は5か月前にインプラント埋入手術と上顎洞挙上術というアドバンスな手術を行ったケースの2回目の手術になります。

インプラント治療は大まかに

1、インプラント1次手術(歯肉と骨の中にインプラント体を埋め込む手術)

2、インプラント2次手術(埋め込んだインプラントの頭を歯肉の外に出す手術)

3、インプラントの上に被せ物を付ける

このような手順になります。

 

今日は2、のインプラントの頭出しの手術になります。

今回インプラント治療を受けられた方はインプラント手術予定部位に骨が少なくなっていました。

そこで、インプラント埋入手術と同時に骨を作るというアドバンスな手術を行っています。

インプラント体周りに骨が再生するのに約6か月間待つことをします。

 

今回のケースでは歯肉移植も行っています。

普通の歯には 歯の根元部分に硬い歯ぐき(歯肉)と呼ばれるピンク色の帯の部分が5㎜程度の幅で帯状にあります。

そこから下は粘膜と呼ばれる赤くブヨブヨした柔らかい皮膚の部分になります。

人間はこの歯の周りの硬い歯肉と呼ばれる皮膚があるおかげで歯ブラシをしても出血する事がありません。

逆に頬の内側の粘膜と呼ばれるブヨブヨしたお肉に歯ブラシを当てて磨くと血が出るのは勿論 痛くて歯ブラシで磨けません。

歯肉と呼ばれるこの部分は硬いだけでなくお口の中の歯周病原細菌から歯を守るバリヤーの役目もします。

インプラント周りに歯肉と呼ばれる部分が無くなってしまったら 歯ブラシするたびに出血が起こり

細菌も感染してインプラントがすぐダメになってしまいます。

インプラント手術をした場合 この歯肉と呼ばれる部分を作る骨膜という歯肉と骨を付けているじん帯ようなものを剥がして手術をするので

手術後に この歯肉部分はほとんど失ってしまいます。

なので歯肉と呼ばれる部分をインプラント周りに再生させるような事をしないといけません。

 

なのでインプラントの2回目の手術の際には歯肉再生の手術を行った方が良いと思います。

歯肉再生の手術にも色々あり 今回はインプラントを埋めた上にほんの僅かですが歯肉がまだ残っていたので

歯肉を頬側にスライドさせて歯肉移植を行う事にしました。

写真を見ると裏側から頬側に歯肉が移動しているのが分かると思います。

これで2週間経てば頬側に歯肉が再生します。

手術の際には拡大鏡を使用して精密に行っているので縫合した後 出血が起こることはありません。

また精密に縫合する事により手術後の痛みも軽減します。

それでは症例です。

インプラント治療、歯肉移植、歯周病治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10:00~19:00まで

日曜は 10:00~13:00まで

祝日は 10:00~17:00まで

となります。

TEL:03-3341-4621

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

2019年10月25日

今日は右上小臼歯部にインプラント1次手術(埋入手術)を行いました。

インプラント治療は 手術をするまでの準備が大変重要になります。

インプラント治療を受ける前の準備としては まず歯周病治療と虫歯治療を完了してお口の中の細菌量を極力減らし清潔な状態にします。

清潔な状態にしておかないと傷口の治りが悪かったり 痛みや腫れが長引いたりします。

その後 上顎と下顎の歯型を採り その方の石膏模型を作り実際にインプラント体を骨の中に入れるシュミレーションをします。

インプラント手術は大体の場合 1時間程で完了します。

 

インプラント治療は インプラント体(ほとんどの場合は直径4㎜長さ10㎜のチタン製のネジ)を患者さんの骨の中に埋め込む手術になります。

インプラント体の直径と長さは患者さん自身の歯のサイズ、骨の幅などにより決めていきます。

手術の準備に関しては 元々細菌感染が起きていない清潔な骨の中に埋め込むので 歯周病手術のように細菌感染が起きている部分の手術とは器具や準備が違ってきます。

なので全ての使用器具、機材を滅菌して手術を行います。

また手術に関しては 繊細な骨や歯肉を扱う作業になります。将来チタン製の人工物ですがご自身の歯として違和感なく使用して頂くため歯肉や骨の状態の観察、術中の取り扱いが大事になります。当院では全ての手術に必ず拡大鏡を使用します。

それは術野を拡大することにより メスでの切り口や傷口の縫合などが肉眼に比べて格段に精密に出来  それが術中の手技のスピードや術後の痛みや腫れの軽減に繋がります。

これからの歯科治療には 拡大鏡は必須です。

 

インプラント治療を受けられてから被せ物がインプラント体に付くまでの手順は以下になります。

1.1次手術でインプラント体を歯肉と骨の中に埋め込む手術をします。埋め込んだインプラントは歯肉を縫合して完全に見えなくします。この状態でインプラント体が骨に付くまで3ヶ月待ちます。

2.2次手術で歯肉と骨の中に埋め込んだ完全に埋まっているインプラントの頭の部分を表に出す手術をします。歯肉をメスで丁寧に切り取りチタン製のボタンをインプラント体に接続します。チタン製のボタンの周りの歯肉が綺麗になるまで1ヶ月待ちます。

3.インプラントの頭部分が見えるようになったら 頭に被せ物を付けます。被せ物はプラークが付きにくいようにセラミック製です。

 

まだインプラント手術を受けられていない方は 治療手順がよく分からないと思いますので当院迄ご相談下さい。

インプラント治療や入れ歯でお困りの方なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は03-3341-4621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜:10:00~19:00

日曜:10:00~13:00

祝日:10:00~17:00

になります。

それでは症例です。

2019年9月3日

今日は前歯のインプラント手術を行いました。

前歯のインプラント手術は ほとんどの場合で骨を作る手術が必要になります。

特にアジアの方は欧米に方に比べて鼻の下の骨が非常に薄くデリケートなので 虫歯や歯周病や その他の原因で歯を失ってしまった場合

頬側にある骨が陥没してしまいます。

ここにインプラント体を埋め込む手術を行うと 頬側のインプラント体が露出をしてしまいます。

露出をしたインプラント体は 手術の傷口が治ってからではもう隠す事が出来ないので 金属のボディーが見えてしまいます。

露出したインプラント体は 歯肉移植の手術を行いリカバリー出来る場合もありますが ほとんどの場合インプラント体を抜いて

もう一度 新しく手術し直すしか手はないと思われます。

それでは症例です。

前歯のインプラント治療は インプラント体を入れるのと同時に骨を作る難易度の高い手術なのです。

前歯のインプラント治療のご相談なら 新宿区曙橋の歯医者 デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜 10時から13時まで

電話番号は 03-3341-4621

mailは kmycq139@ybb.ne.jp

1 2 3 4 5 6 33