症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年10月25日

今日は右上小臼歯部にインプラント1次手術(埋入手術)を行いました。

インプラント治療は 手術をするまでの準備が大変重要になります。

インプラント治療を受ける前の準備としては まず歯周病治療と虫歯治療を完了してお口の中の細菌量を極力減らし清潔な状態にします。

清潔な状態にしておかないと傷口の治りが悪かったり 痛みや腫れが長引いたりします。

その後 上顎と下顎の歯型を採り その方の石膏模型を作り実際にインプラント体を骨の中に入れるシュミレーションをします。

インプラント手術は大体の場合 1時間程で完了します。

 

インプラント治療は インプラント体(ほとんどの場合は直径4㎜長さ10㎜のチタン製のネジ)を患者さんの骨の中に埋め込む手術になります。

インプラント体の直径と長さは患者さん自身の歯のサイズ、骨の幅などにより決めていきます。

手術の準備に関しては 元々細菌感染が起きていない清潔な骨の中に埋め込むので 歯周病手術のように細菌感染が起きている部分の手術とは器具や準備が違ってきます。

なので全ての使用器具、機材を滅菌して手術を行います。

また手術に関しては 繊細な骨や歯肉を扱う作業になります。将来チタン製の人工物ですがご自身の歯として違和感なく使用して頂くため歯肉や骨の状態の観察、術中の取り扱いが大事になります。当院では全ての手術に必ず拡大鏡を使用します。

それは術野を拡大することにより メスでの切り口や傷口の縫合などが肉眼に比べて格段に精密に出来  それが術中の手技のスピードや術後の痛みや腫れの軽減に繋がります。

これからの歯科治療には 拡大鏡は必須です。

 

インプラント治療を受けられてから被せ物がインプラント体に付くまでの手順は以下になります。

1.1次手術でインプラント体を歯肉と骨の中に埋め込む手術をします。埋め込んだインプラントは歯肉を縫合して完全に見えなくします。この状態でインプラント体が骨に付くまで3ヶ月待ちます。

2.2次手術で歯肉と骨の中に埋め込んだ完全に埋まっているインプラントの頭の部分を表に出す手術をします。歯肉をメスで丁寧に切り取りチタン製のボタンをインプラント体に接続します。チタン製のボタンの周りの歯肉が綺麗になるまで1ヶ月待ちます。

3.インプラントの頭部分が見えるようになったら 頭に被せ物を付けます。被せ物はプラークが付きにくいようにセラミック製です。

 

まだインプラント手術を受けられていない方は 治療手順がよく分からないと思いますので当院迄ご相談下さい。

インプラント治療や入れ歯でお困りの方なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は03-3341-4621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜:10:00~19:00

日曜:10:00~13:00

祝日:10:00~17:00

になります。

それでは症例です。

2019年9月3日

今日は前歯のインプラント手術を行いました。

前歯のインプラント手術は ほとんどの場合で骨を作る手術が必要になります。

特にアジアの方は欧米に方に比べて鼻の下の骨が非常に薄くデリケートなので 虫歯や歯周病や その他の原因で歯を失ってしまった場合

頬側にある骨が陥没してしまいます。

ここにインプラント体を埋め込む手術を行うと 頬側のインプラント体が露出をしてしまいます。

露出をしたインプラント体は 手術の傷口が治ってからではもう隠す事が出来ないので 金属のボディーが見えてしまいます。

露出したインプラント体は 歯肉移植の手術を行いリカバリー出来る場合もありますが ほとんどの場合インプラント体を抜いて

もう一度 新しく手術し直すしか手はないと思われます。

それでは症例です。

前歯のインプラント治療は インプラント体を入れるのと同時に骨を作る難易度の高い手術なのです。

前歯のインプラント治療のご相談なら 新宿区曙橋の歯医者 デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜 10時から13時まで

電話番号は 03-3341-4621

mailは kmycq139@ybb.ne.jp

2019年7月12日

今回はインプラントの2次手術(頭出し)と歯肉弁根尖側移動術を同時に行いました。

インプラント1次手術は埋入手術とも言い インプラント体を顎の骨の中に埋める手術になります。

まず歯肉をメスで切開剥離し骨の状態を確認してインプラント体を骨に埋めていきます。

そして歯肉を完全に縫合して閉じる事をして手術終了します。

こうすることで 外からの細菌の侵入を防ぐことが出来 インプラントが細菌感染しないで済みます。

次に3~5か月くらい歯肉を閉じた状態でインプラント体が骨に付くのを待ちます。

3~5か月経過したら 今度はインプラント体が歯肉の中に埋まっているのでインプラントの頭出しの手術(2回目)を行います。

ここで重要なのはインプラント周りの歯肉が無くなったり少なくなったりしていないかが大事です。

人間は歯の周りに角化歯肉と呼ばれる硬い皮膚があるおかげで 強く歯ブラシをしたりすることが出来 出血したりもしません。

インプラントの手術を行うと その手術方法の特性から歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われ粘膜と呼ばれるブヨブヨした軟らかい赤い皮膚に変わってしまいます。

失った歯肉は自然と増やす事は出来ないので 歯肉を増やす根尖側移動術や歯肉移植の手術をしないといけません。

根尖側移動術や歯肉移植はよく矯正治療終が終わり歯肉退縮した場合や歯周病治療で歯肉退縮が起こった際によく行います。

もし 矯正治療後や歯周病で歯の根が見えて 歯が沁みる感じ(知覚過敏症状)や 歯肉が無くなり歯ブラシをするとよく出血される方は要注意です。

そのままにしておくと 歯ぐきがドンドン下がりやがて虫歯になってしまい手術も不可能になってしまいますので主治医の先生にご相談下さい。

歯肉弁根尖側移動は 歯肉移植よりかは手軽で もしインプラントの周りに少しでも歯肉が残っていれば手術可能です。

手術可能かは 特殊な薬品を用いてインプラント周りの角化歯肉の量を計測します。

それでは症例です。

IMG_0910

IMG_0911

IMG_0912

IMG_0914

IMG_0915

IMG_0916

すきっ歯になってお困りの方や インプラントの根元の金属部分が見えて気になる方はいつでもご相談下さい。

インプラント手術、歯周病治療、歯肉移植、審美歯科治療なら 新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は0333414621

mailでのご相談も受け付けております

診療時間は

月曜~土曜まで10時から19時まで

日曜は10時~13時まで

祝日は10時~17時まで

2019年7月6日

診療台を一台追加しました。

これで今までより患者さんをお待たせすることなく診療にあたれると思います。

気になる方は受付に申し出ていただければ新しい診療台にお通し致します。
IMG_1340

2019年5月29日

今日は 最近日本でも発売されたオパールエッセンスから出しているオフィスホワイトニングを行いました。

オフィスホワイトニングはクリニック内で行うホワイトニング方法で 歯の表面を清掃した後
ホワイトニング剤を歯の表面に塗り 歯を白く漂白していくホワイトニング法になります。

ホームホワイトニングはご自宅でマウスピースをはめて行うホワイトニング法になり1日3時間程度装着して約1週間で歯を白く漂白します。

2種類のホワイトニング法はどちらも併用できるので 当日オフィスホワイトニングやられた方でも その日の夜にホームホワイトニングを行ってより白くすることも出来ます。

今回のオパールエッセンスから出しているホワイトニングの特徴は 歯にダメージを与えないように特殊な薬剤が含まれていて 歯が沁みるのを防ぐ作用があります。

これにより 今までホワイトニングをしたときに出る キーンとした痛みを防ぎますので気軽にオフィスホワイトニング出来ます。
IMG_0191

IMG_0194

IMG_0195

歯のホワイトニング 審美歯科治療なら
新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は03-③341-4621
メアドは kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は
月曜から土曜まで 10:00~19:00
日曜 10:00~13:00
祝日 10:00~17:00

歯の事なら何でもご相談下さい。

2019年5月28日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

セラミックスには今現在2種類あり

⓵ハイブリッドセラミックス(プラスチックとセラミックスの粒子を混ぜて作られている物)
⓶オールセラミックス(セラミックスの粒子のみで作られている物)
があります。

それぞれ長所短所があり

ハイブリッドセラミックスの良い所はプラスチックを混ぜている分形を自由に作れるのでピタッとした詰め物が出来やすい。簡単に言うと治療が簡単です。
短所は大きさが小さい詰め物でないと プラスチックを混ぜている分硬さが弱いので割れやすいです。

オールセラミックスの良い所は硬さが硬いのは勿論ですが、セラミックスのみで作られるので水分を含む性質が無くお口の中でも永久的に長持ちします。
短所はセラミックスは陶材を使用して作るので詰め物の形を削る際に角が尖らないようにチェックしたりするのが凄く難しいのです。
その為拡大鏡や精密に型取りをする材料やテクニックなどが必要になります。

よくセラミックスが割れる という事が起きるのは ピタッと精密に削った部分に詰め物がはまってなく浮き上がりが生じているのです。

当院ではすべての治療に拡大鏡を使用していますので 虫歯の取り残しや 精密なセラミックスの詰め物も詰めることが出来ます。

それでは症例です。
IMG_9771

IMG_9772

IMG_9773

IMG_9774

IMG_9775

IMG_9776

精密なセラミックス治療、歯の審美歯科治療なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は03-3341-4621
メアドは kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は
月曜から土曜まで 10:00~19:00
日曜 10:00~13:00
祝日 10:00~17:00

ご自身の口元で気になる事がありましたら何でもご相談下さい!

2019年5月24日

今日は左下奥歯にインプラント治療を行いました。

奥歯のインプラント手術の手順については

1.レントゲン撮影、歯周病検査、歯型を採る、お口のお写真、クリーニングなど

2.歯が無い部分の骨幅と骨の長さを測ります

3.ステント(インプラントを入れる位置を決める装置)をお口に付けてレントゲン撮影

4.インプラント1次手術(インプラント骨に入れる手術)

5.インプラント2次手術(インプラントの頭出しの手術)

6.被せ物の型取りと被せ物の装着

7.メンテナンス

になります。

今回はインプラントの埋入手術です。
今回は骨の幅を計測し奥歯用の大きいサイズのインプラントを入れました。

インプラント手術は骨の幅が大事です。
骨の幅が狭い場合は 人工骨を使用して骨を増やす手術を行うか 小さいサイズのインプラントを入れるかです。

骨の幅を増やす手術のメリットは大きいサイズのインプラントを入れる事が出来るので天然の歯の形と同じに出来ます。
ただ手術が大掛かりになるので腫れる場合が多いです。
小さいサイズのインプラントは身体の負担を抑えながら手術が出来ます。
ただインプラントの本数が多くなります。

骨の幅が広い場合は奥歯の大きいサイズのインプラントを使用できるので問題ありません。

この骨の幅が歯を抜くと減る原因は抜歯する時の歯の状態による事が大きいです。

あまりに虫歯と歯周病の状態がひどいと骨の減りが激しいです。
その場合は 温存術と言うアドバンスな手術テクニックがあります。
これは抜歯時に人工骨や人工の皮膚を使用して骨の幅をある程度温存させる方法です。

ただ単に歯を抜歯するのではなく 将来を考えて今何をするかを選択されることをお勧めします。

No (6)

No (7)

No (9)

No (10)No (2)

No (3)

No (11)

インプラント治療、入れ歯のご相談なら
新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

℡番号:03-3341-4621

診療時間は
月曜から土曜 10:00~19:00
日曜 10:00~13:00
祝日 10:00~17:00 

2019年3月6日

今日はセラミックスクラウンの 試適(チェック)を行いました。

チェックする事は 色の具合と高さとキツさ 歯肉とのマッチングです。

色はまだ セラミックスを焼く前の状態なので それほど合ってませんが 焼いた後は隣の歯の色と同じになります。

セラミックスには 今現在、ハイブリットタイプとオールタイプの2種類が世界にあります。

ハイブリットタイプは セラミックス(陶材)粒子にプラスチックの粒子を混ぜて作られています。

当時のセラミックスは割れやすかったので 割れないセラミックスを作ろうとしプラスチックを混ぜたセラミックスが出来ました。

ハイブリッドタイプの良い点は コストを抑える事が出来るので安価に治療を受けられます。

悪い点は 大きさが大きくなると プラスチックが混ぜてある分 オールタイプに比べて硬さが柔らかいので割れる事があります。

現在はオールタイプのセラミックスも 精度と治療方法が改善され 割れない製品が作れるようになりました。

当院では大体がオールタイプのセラミックスを使用して 歯を長持ちさせるようにしています。

セラミックス治療で大事なのは 角が尖っているような削りと型取りをしない事と 正確な厚みを考える事です。

セラミックスは最低1㎜以上の厚みがないと割れやすいです。

またセラミックス専用の削る機材と型取りの材料を使用しないと精度の良いものが出来ません。

当院では 虫歯治療から外科手術まで 全ての治療を拡大鏡にて治療しています。

拡大鏡を使用する事により 余計な部分を削らず 正確な治療が出来ます。
IMG_7783

IMG_7784

IMG_7785

拡大治療と セラミックス治療なら 新宿 曙橋の歯科 デンタルオフィス新宿まで

℡番号:0333414621

mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜まで:10:00~19:00

祝日:10:00~17:00

日曜:10:00~13:00

となります。

歯科の事なら何でもご相談下さい。

2019年3月4日

今日はオフィスホワイトニングを行いました。

ホワイトニングには クリニック内で行うオフィスホワイトニングと ご自宅でマウスピースをはめて行うホームホワイトニングがあります。

それぞれメリットとデメリットがありますが 当院の場合はほぼ全員がオフィスホワイトニングを希望されます。

当院で使用しているホワイトニング剤は 歯に優しい材料を用いているので 術後に歯が沁みたりする事が滅多にありません。

オフィスホワイトニングを行う場合は 1回目のホワイトニングを終えて2~3日後にもう一度ホワイトニングを行う事をお勧めしています。

これはオフィスホワイトニングの場合、1度だけでは色の後戻りが起きやすいので2度行うことにより色の後戻りを防ぐためです。
IMG_7373

IMG_7374

ホワイトニング、歯を白くしたいなら 新宿 曙橋の歯科 デンタルオフィス新宿まで

TEL:0333414621

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間

月曜から土曜まで:10:00~19:00

日曜:10:00~13:00

祝日:10:00~17:00

までとなります。

何でもお気軽にご相談下さい。

2019年3月2日

今日はインプラントの頭出しの手術を行いました。

インプラント治療は1日目はインプラント体を骨の中に埋める手術を行います。

2日目は骨の中に埋まっているインプラントの頭出しの手術を行います。

3日目は頭が出ているインプラントの型取りを行い被せ物を作ります。

骨を作る手術を行わなければ通常は3ヶ月でインプラント治療は終わります。

今回は骨の量が少なかったので事前に骨を作る手術を行い 骨が出来るのを待ってインプラント治療を行いました。

インプラントが骨と付くのを待ってインプラントの頭出しの手術を行います。

インプラントの頭出しの手術には 歯肉を移植する手術と歯肉をずらして縫合する手術があります。

2つのうちどちらを選ぶかは インプラントの頭の部分に歯肉が何ミリ残っているかによって決めます。

インプラント治療をすると大部分の場合は歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われます。

そして粘膜と呼ばれるぶよぶよしている薄い皮膚しか残りません。

もしインプラント周りがこの粘膜と呼ばれる薄い皮膚なら 歯ブラシをしてもすぐ血が出て痛くて磨けませんし 細菌がすぐ感染してインプラントが長持ちしません。

なのでインプラント周りにはこの硬い皮膚がどうしても必要なのです。

今回は頭の上に歯肉が大分残っていたので歯肉をずらす手術を行いました。

この治療を行うことにより インプラントに細菌が感染しにくくなりインプラントが長持ちします。
IMG_7791

IMG_7792

IMG_7793

IMG_7800

IMG_7801

IMG_7802

IMG_7804

インプラント治療と歯肉移植なら 新宿 曙橋の歯科 デンタルオフィス新宿まで

℡:0333414621

mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜まで:10:00~19:00

祝日:10:00~17:00

日曜:10:00~13:00

までとなります。

歯科の悩みなら何でもご相談下さい。

1 2 3 4 5 6 32