埋入ポジションを決めるには|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

埋入ポジションを決めるには

2013年3月2日

インプラントの埋入ポジションは埋め込む骨の状態にも左右されますが、今は骨を作る手術などもあるので適応症の範囲が広がりました

埋入ポジションは上下の咬合関係、前後の歯列関係など色々な角度から見て判断します

口腔内写真だけだと埋入ポジションはさすがに決めれないので

まず患者さんの現在のお口の状態の型取りをして診断用ワックスアップを作成します

それを元にプラスチック製のステントを作製します

ステントにインプラント用のドリルで穴を開けて金属製のチューブを入れます

それを患者さんのお口に装着してレントゲンをお撮りします

するとレントゲン上に金属製のチューブが写ります

それを基準にしてインプラントの埋入の角度や位置を確認し

位置がズレていたらステントを微調整して完成です

Img_1699