右上小臼歯抜歯|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上小臼歯抜歯

2013年4月8日

右上が噛むと痛むとの事で来院されました

右上小臼歯部に根尖病変があり根の周りを取り囲んで黒い影が出ています

黒い影が根の周りを取り囲んでいるので保存不可能と診断し右上小臼歯を1本緊急で抜歯し縫合しました

今回は隣の小臼歯も予後不良と診断し抜歯する予定です

初回の抜歯は膿も出ていたので人工の材料は感染の可能性もあるので何も入れずに縫合を行いました

今回の小臼歯の抜歯には歯槽堤温存術を行い

なるべく歯槽骨を吸収させないようにしました

歯槽骨の吸収を防ぐ事により ブリッジを入れても物が詰まりにくくなったり

インプラント治療をする際は大がかりな骨を作る手術が必要でなくなり患者さんの負担が減ります

まず小臼歯を頬側に力を入れないように慎重に抜歯し

抜歯窩の肉芽を色々な種類のスプーンエキスカを使い完全に除去します

肉芽を除去した後は骨の壁に1mmくらいの無数の穴を専用の機械を使い開けます

ジワッと出血が起こりますが これが骨の治りに良いように作用します

後は人工骨を抜歯窩の穴の3分の1くらいに入れて残り3分の2くらいは

コラーゲンのスポンジでカバーして縫合して終了です

向かって右側は何も入れてない状態で

向かって左側は人工材料を入れている状態になります

傷口も人工の材料を入れた方が早く治ってきているのが分かります

Img_3487

Img_3486

Img_3486_2

Img_3488

Img_3489

Img_3490

Img_3492

Img_3666

Img_3668

Img_3724