右下根尖病変|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下根尖病変

2013年5月22日

右下の根の先端に膿の影(根尖病変)があり 頬側の骨と皮膚を突き破ってニキビみたいな物が出来ており排膿があります

ニキビみたいな物に造影性があるゴムの棒を差し込んでレントゲンを撮ると

根の先端の膿の部分にゴムの棒が届いているのレントゲンが確認されます

膿をこのままにしておくと歯の周りの骨がどんどん溶けていき 激しい痛みと腫れがおきて最後には歯を抜くことになってしまいます

まず

詰まっている金属を除去すると中に虫歯があり

虫歯を除去して 失った歯の壁をプラスチックで補強していきます

こうすることによりラバーバムと呼ばれる唾液が根の中に入らなくする装置が装着出来ます

根の治療の成功率は 根の中に細菌が入らないようにするのが一番大事です

ラバーバムを装着することにより 根の中に唾液の中の細菌が入らなくなり治療の成功率も高くなります

IMG_4685 IMG_4687 IMG_4686

IMG_4682

IMG_4691

IMG_5400