右下半埋伏歯抜歯|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下半埋伏歯抜歯

2013年7月27日

右下の半埋伏歯抜歯のケースです

こういうふうに横向きに生えている親不知で頭が歯肉の上に出てしまっている場合

食事の際に物が詰まり歯ブラシではなかなか磨きにくいので

親不知の頭が接触している手前の奥歯の頸の部分が虫歯になる確率が高いです

患者さんも親不知はあまり抜きたくは無いので先生方も経過観察にしてしまう場合も多いですが 後々手前の奥歯が虫歯になってしまった時にあの時抜歯をしておけば良かったと後悔をしてしまうことも多々あります

なので親不知が横向きに生えており 歯肉より頭が出ていて食事の際に物が良く詰まる場合は抜歯した方が良いと思います

抜歯はいつも通り半埋伏歯抜歯になります

手順は以下になります

①消毒

②浸潤麻酔

③切開

④歯冠分割

⑤歯根部抜歯

⑥縫合(今回はスポンゼルを使用)です

それでは症例です

IMG_7655

IMG_7659

IMG_7657

IMG_7656

IMG_7660