右上大臼歯部にコンポジットレジン|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上大臼歯部にコンポジットレジン

2014年8月20日

去年右上大臼歯部にコンポジットレジンを充填した症例です

定期検診にてお見えになられたので術後の記録として

 

コンポジットレジンとは白いプラスチックの詰め物です

長所としては 金属の詰め物に比べて歯を削る量を最小限に抑えられるという事です

短所は強度が金属には及ばないので範囲の広い場合はセラミックスが良いと思われます

コンポジットレジン治療を選択することにより歯も最小限に削る事が抑えられしかも白い歯を手に入れる事が出来るのです

 

向かって後ろから2番目の詰め物になります

後ろのプラスチックと比べて詰め方により驚く程の違いあることが分かります

 

最近では金属の詰め物は使用されなくなってきているので使用頻度が高まってきています

このコンポジットレジン(白いプラスチック)は詰めるのに非常に手間がかかるのでお口を開けてられる方と前歯の場合などに使用しています

コンポジットレジンを詰める際には歯に接着剤を塗りますが この接着剤は水分を嫌うのでラバーダムと呼ばれるゴムをお口にセットして施術することが多く

このゴムを付ける為のクランプと呼ばれる金具がけっこうキツイので麻酔を行って装着します

そしてプラスチックを詰めていきます

詰める際には 歯の溝や山の部分を削っていない残りの部分からイメージして詰めていきます

光を当ててプラスチックを固めて後は綺麗に表面を磨いて終了です

プラスチックは表面が荒れると着色などが付きやすくなるので定期的に表面を磨く必要があると思われます

IMG_2909