左上奥歯2本の詰め物を白いプラスチックで治療|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左上奥歯2本の詰め物を白いプラスチックで治療

2015年5月7日

今回は左上奥歯2つの金属の銀色の詰め物を白いプラスチックスで治しました

白いプラスチックはコンポジットレジンと呼ばれるもので保険治療の範囲内で行える治療になります

もう一つ 保険で出来る治療で代表的なのが金属の詰め物になります

白いプラスチックと金属の治療との使い分けはどうしているのか?

今のところ、痛みが出てしまっている歯や虫歯が深くにまで進行している虫歯、虫歯の範囲が広い場合には金属の詰め物で治療しています

白いプラスチックを使うと後でどうしても歯との見分けがつきにくいのと プラスチックの範囲が大きいと欠けたり 取れたりしてしまいます

今回の銀の詰め物は周りに歯が残っている事と 特に痛みを生じているところまで虫歯が進行していないので白いプラスチックにしました

まず麻酔を施し 金属と虫歯を取り除き 白いプラスチックを詰めていきます

難しいのは プラスチックを歯にくっつける接着剤を使用するときに濡れてしまったりすると接着不良が生じて後で噛んだ時に痛みを生じたりします

後は空気が入らないように隙間なく詰めるのと 歯と同じ形や色に合わせるのはかなり難しいのですが 拡大鏡を使用すれば可能となります

それでは症例です

どれが白いプラスチックか分からないくらい綺麗に出来ました

患者さんも喜んでくれて良かったです(^^

IMG_9967 IMG_9968 IMG_9969 IMG_9970 IMG_9971 IMG_9972 IMG_9973 IMG_9974