左上奥歯に自家歯牙移植術|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左上奥歯に自家歯牙移植術

2015年12月24日

左上奥歯の根の治療が途中になっている症例です。

左上奥歯は根の治療を何回か終えられているのですが その度に腫れたり痛みが再発して繰り返しの治療になっており仮蓋も外れた状態でした。

根の先端に膿が溜まると 確かに蓋が外れていれば そんなに痛みはないのですが 唾に中に含まれている細菌が全部根の中に侵入してしまうので蓋が外れた状態は良くありません。

お口は肛門よりも細菌がいる場所で 勿論唾の中には細菌がウヨウヨいます。

やむをえず応急的に外す場合もありますが 基本 痛みや腫れは蓋を外さずに抗生物質や痛みどめを飲んでいただいて細菌の活動が治まるのを待ちます。

根の治療で難しいのは 根の治療を繰り返して治る歯なのか?または抜歯をしないと治らない歯なのか?です。

何でもかんでも根の治療をやれば成功するわけではなく あまりに根の先端に細菌が侵入し過ぎると 今度は根の先端に開いている神経の通り道の穴から 骨の方に細菌が漏れてしまい

そうなってしまうと 外科的に外から歯肉と骨を開けて 根の先端を切除する歯根端切除術か意図的再植術しかありません。

ただこれも 根が複雑な形をしていない事 見える位置である事などの条件があるので今回は難しいです。

なので今回 右上の親不知があるので 歯牙移植術を行う事になりました。

歯牙移植術のメリットはご自身の歯牙を使用するのが一番のメリットだと思います。

術式は通常通りに

1.消毒、麻酔

2.左上奥歯の抜歯

3.左上奥歯の抜歯窩の形成

4.右上奥歯の抜歯

5.左上奥歯に移植と固定

6.縫合、レントゲン

になります。

これで2週間くらい待ったら 左上奥歯は神経は抜歯の際に死んでしまうので根の治療を行います。

安易にインプラント治療を行う費用もかかり、手術が大がかりになったりしますが

自家歯牙移植は それほど大きい手術ではなく経済的なので患者さんも満足される治療だと思います。

ただし 適応症はありますので 迷われている方はまずお近くの歯医者さんで一度診てもらって下さい。

IMG_5892 IMG_5893 IMG_5895 IMG_5896 IMG_5897 IMG_5899 IMG_5900 IMG_5901 IMG_5903 IMG_5904 IMG_5906 IMG_5907 IMG_5908 IMG_5909 IMG_5910 IMG_5911 IMG_5920 IMG_5921