右下奥歯の歯周病による抜歯|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下奥歯の歯周病による抜歯

2016年3月16日

今回歯周病についてのお話しを何回かに分けてお話しします

右下奥歯がレントゲンを見ると歯の根っこの先端まで骨が溶けてしまいグラグラの状態になっていました

まだ幸い痛みや腫れは起きていませんでしたが 身体が疲れたりして抵抗力が落ちると痛みや腫れが起きる可能性が高い非常に危険な状態です

患者さんに病状をご説明し 治療不可能な為抜歯になりました

このお写真で大事なのは 歯の頭の方では無く根っこの表面に茶色い歯石がビッシリと付いていることです

歯を抜歯する前の写真では 根っこが隠れているので見えないのですが もしこの状態が見えていたらまずいなと気が付くはずです

歯周病の原因の歯石は見えない位置にあるので取るのも厄介なのです

歯周病は 歯垢(プラーク)の中に含まれる細菌が炎症をを引き起こしたものです

昔は加齢とともに歯槽膿漏になり 歯が一本一本無くなってしまうと考えられていましたが 最近では予防や治療が可能になってきました

歯周病を予防や治癒させるにはどうすれば良いのでしょう?

簡単に言えば 歯垢を綺麗に取り除けば 歯周病にはなりませんし 歯周病になってしまっても歯垢を清掃でより除けば進行を止める事が出来ます

歯垢はただ単に歯ブラシをすれば良い というものではなく

1,歯並びが悪く汚れが付きやすかったり

2,詰め物、被せ物に隙間が出来ておりそこに汚れが付きやすかったり

という歯垢が付きやすくなる原因もあるので丁寧に治療してピタッとした詰め物、被せ物

歯並びは 矯正治療でなるべく綺麗にした方が良いでしょう

それに歯垢は 長い時間歯に付着するとフッ素やカルシウムを含んで歯石と呼ばれる石に変わってきます

歯石になると 歯医者さんの歯石取り専用の超音波の振動を発生させる器具で無いと取り除く事が出来ません

なので3ヶ月~6ヶ月毎に定期検診を受けてクリーニングを受ける事が大事です

続きはまた書いていきます

IMG_4637 IMG_4638 IMG_4639 IMG_4640