右上下インプラント2次手術+歯肉弁根尖側移動術|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上下インプラント2次手術+歯肉弁根尖側移動術

2016年4月12日

6ヶ月前に右上下にインプラント埋入手術を行った患者さんの2次手術になります

2次手術は簡単に言うとインプラントの頭出しの手術になります

右上下のインプラント手術を行うには骨が足りないケースだったので骨を造成する手術を同時に行い骨の高さと幅を増やすアドバンスな手術を行いました

しっかりした骨が出来てくるのに大体6ヶ月から8か月程度時間がかかるので去年埋め込んで今年手術という流れになります

上顎は 上顎洞と呼ばれる大きい空洞が目の下あたりに広がっており インプラントの取れにくい長さは13㎜になるので そのまま埋め込むと空洞を突き抜けてしまいます

なので上顎洞挙上術と呼ばれる手術を行い骨の高さを15mmくらい挙上しています

下顎は 元々神経が死んでいる歯があったのですが 根の先端の膿がひどく頬側の骨がほとんど溶けてしまTぅており インプラントを埋め込むには骨幅がなかったので GBRと呼ばれる骨の幅を増やす手術を行っています

写真を見ていただくと 上から見たときにインプラント周りに骨がしっかりと出来ているのが分かります

大体のインプラントの2次手術を行う時には 歯肉移植か歯肉を下の方にスライドさせて歯肉の幅を増やす手術を行うかを選択します

これはインプラントを埋め込む手術を行う際に 骨膜と呼ばれる 骨と歯肉をくっつけている じん帯のようなものを骨から剥がす必要があるからです

じん帯は皮膚のようなものなので 今回のように人工骨を付け足して骨を増やす手術を行う場合 もし皮膚が人工骨に侵入してしまうと骨になってくれません

骨と皮膚とを隔離するように手術しないとインプラントは失敗します

ただ骨から皮膚を剥がすと 歯の根元にある硬い歯肉まで剥がれて無くなってしまいます

歯肉が無いとどうなるのか?どんどん歯の歯肉の高さが下がってしまい インプラントであれば金属部分が露出し 歯であれば根が見えてきます

歯肉と言うのは歯の根元の硬い皮膚の事で 色は薄いピンク色になっている帯状の部分です

大抵幅は5mm~7mmくらいあり この硬い歯肉は細菌に対してのバリヤーの役目もします

この歯肉があると 歯ブラシもしても歯肉から出血がおきません

非常に大事な部分になります

なのでインプラントの頭出しの手術を際には 歯肉を移植かスライドさせて増やす手術を行う事が必須になります

大抵手術だと大掛かりになり 患者さんも術後痛かったり なかなか傷口が治らなかったりしますが

当院の治療の特徴として 拡大鏡を使用して治療しているので肉眼の何倍もの細かい部分

例えば 血管の走り方も見ることが出来ます

拡大鏡を使用しての治療には専用の器具が必要であり 時間がかかるので患者さんの治療時間もゆつたり取る必要があります

傷口の治りが早く 手術範囲も最小限に抑える事が出来ます

それでは症例です

IMG_9360 IMG_9361 IMG_9362 IMG_9363 IMG_9364 IMG_9365 IMG_9366 IMG_9367 IMG_9368 IMG_9369 IMG_9370 IMG_9371 IMG_9372 IMG_9373 IMG_9374 IMG_9375