インプラント2次手術と歯肉弁根尖側移動|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

インプラント2次手術と歯肉弁根尖側移動

2019年7月12日

今回はインプラントの2次手術(頭出し)と歯肉弁根尖側移動術を同時に行いました。

インプラント1次手術は埋入手術とも言い インプラント体を顎の骨の中に埋める手術になります。

まず歯肉をメスで切開剥離し骨の状態を確認してインプラント体を骨に埋めていきます。

そして歯肉を完全に縫合して閉じる事をして手術終了します。

こうすることで 外からの細菌の侵入を防ぐことが出来 インプラントが細菌感染しないで済みます。

次に3~5か月くらい歯肉を閉じた状態でインプラント体が骨に付くのを待ちます。

3~5か月経過したら 今度はインプラント体が歯肉の中に埋まっているのでインプラントの頭出しの手術(2回目)を行います。

ここで重要なのはインプラント周りの歯肉が無くなったり少なくなったりしていないかが大事です。

人間は歯の周りに角化歯肉と呼ばれる硬い皮膚があるおかげで 強く歯ブラシをしたりすることが出来 出血したりもしません。

インプラントの手術を行うと その手術方法の特性から歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われ粘膜と呼ばれるブヨブヨした軟らかい赤い皮膚に変わってしまいます。

失った歯肉は自然と増やす事は出来ないので 歯肉を増やす根尖側移動術や歯肉移植の手術をしないといけません。

根尖側移動術や歯肉移植はよく矯正治療終が終わり歯肉退縮した場合や歯周病治療で歯肉退縮が起こった際によく行います。

もし 矯正治療後や歯周病で歯の根が見えて 歯が沁みる感じ(知覚過敏症状)や 歯肉が無くなり歯ブラシをするとよく出血される方は要注意です。

そのままにしておくと 歯ぐきがドンドン下がりやがて虫歯になってしまい手術も不可能になってしまいますので主治医の先生にご相談下さい。

歯肉弁根尖側移動は 歯肉移植よりかは手軽で もしインプラントの周りに少しでも歯肉が残っていれば手術可能です。

手術可能かは 特殊な薬品を用いてインプラント周りの角化歯肉の量を計測します。

それでは症例です。

IMG_0910

IMG_0911

IMG_0912

IMG_0914

IMG_0915

IMG_0916

すきっ歯になってお困りの方や インプラントの根元の金属部分が見えて気になる方はいつでもご相談下さい。

インプラント手術、歯周病治療、歯肉移植、審美歯科治療なら 新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は0333414621

mailでのご相談も受け付けております

診療時間は

月曜~土曜まで10時から19時まで

日曜は10時~13時まで

祝日は10時~17時まで