右上小臼歯部へのインプラント1次手術|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上小臼歯部へのインプラント1次手術

2019年10月25日

今日は右上小臼歯部にインプラント1次手術(埋入手術)を行いました。

インプラント治療は 手術をするまでの準備が大変重要になります。

インプラント治療を受ける前の準備としては まず歯周病治療と虫歯治療を完了してお口の中の細菌量を極力減らし清潔な状態にします。

清潔な状態にしておかないと傷口の治りが悪かったり 痛みや腫れが長引いたりします。

その後 上顎と下顎の歯型を採り その方の石膏模型を作り実際にインプラント体を骨の中に入れるシュミレーションをします。

インプラント手術は大体の場合 1時間程で完了します。

 

インプラント治療は インプラント体(ほとんどの場合は直径4㎜長さ10㎜のチタン製のネジ)を患者さんの骨の中に埋め込む手術になります。

インプラント体の直径と長さは患者さん自身の歯のサイズ、骨の幅などにより決めていきます。

手術の準備に関しては 元々細菌感染が起きていない清潔な骨の中に埋め込むので 歯周病手術のように細菌感染が起きている部分の手術とは器具や準備が違ってきます。

なので全ての使用器具、機材を滅菌して手術を行います。

また手術に関しては 繊細な骨や歯肉を扱う作業になります。将来チタン製の人工物ですがご自身の歯として違和感なく使用して頂くため歯肉や骨の状態の観察、術中の取り扱いが大事になります。当院では全ての手術に必ず拡大鏡を使用します。

それは術野を拡大することにより メスでの切り口や傷口の縫合などが肉眼に比べて格段に精密に出来  それが術中の手技のスピードや術後の痛みや腫れの軽減に繋がります。

これからの歯科治療には 拡大鏡は必須です。

 

インプラント治療を受けられてから被せ物がインプラント体に付くまでの手順は以下になります。

1.1次手術でインプラント体を歯肉と骨の中に埋め込む手術をします。埋め込んだインプラントは歯肉を縫合して完全に見えなくします。この状態でインプラント体が骨に付くまで3ヶ月待ちます。

2.2次手術で歯肉と骨の中に埋め込んだ完全に埋まっているインプラントの頭の部分を表に出す手術をします。歯肉をメスで丁寧に切り取りチタン製のボタンをインプラント体に接続します。チタン製のボタンの周りの歯肉が綺麗になるまで1ヶ月待ちます。

3.インプラントの頭部分が見えるようになったら 頭に被せ物を付けます。被せ物はプラークが付きにくいようにセラミック製です。

 

まだインプラント手術を受けられていない方は 治療手順がよく分からないと思いますので当院迄ご相談下さい。

インプラント治療や入れ歯でお困りの方なら 新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

電話番号は03-3341-4621

mailは kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜から土曜:10:00~19:00

日曜:10:00~13:00

祝日:10:00~17:00

になります。

それでは症例です。