左上奥歯にハイブリッドインレーセット|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左上奥歯にハイブリッドインレーセット

2019年11月28日

今日は左上奥歯にハイブリッドセラミックスインレーをセットしました。

セラミックス治療に使用するセラミックスには大きく分けて2種類あり ハイブリッドセラミックスとオールセラミックスがあります。

 

ハイブリッドセラミックスはセラミックス(陶材)にプラスチックを混ぜて弾力性をもたせて割れにくくしてあります。

ただプラスチックを混ぜて柔らかさを持たせた分 噛み合わせの強い方やインプラントの被せ物に使うとすぐに すり減ってきてしまいます。

持つ期間は大体7~8年とも言われています。

詰め物の価格は3~4万円くらいです。

 

オールセラミックスは陶材のみで作られており 硬さが強いので噛み合わせの強い方やインプラントの被せ物に適しています。

陶材のみで作られているので劣化が起きにくく半永久的に長持ちします。

詰め物の価格は7~8万円くらいです。

 

詰める範囲が広い場合や被せ物の場合にはオールセラミックスが適しています。

詰める範囲が狭い場合や価格を抑えたい場合にはハイブリッドセラミックスが適しています。

 

セラミックス治療は陶材を材料に使用するので 削って型取りをするのが少しでも凸凹しているとはまらない事があります。

詰め物の形に削るのは肉眼の何倍にも拡大できる拡大鏡を使用して精密に削り 型取りの材料も変形が起きにくいゴム製の材料を使用します。

保険の場合は 寒天の材料を使用するので千切れたりして変形が起きるので精密には作れません。

当院では削りから型取り迄すべての工程で拡大鏡で確認するので歯に詰めてもピタッとはまり 長持ちします。

 

型取りした詰め物は 大阪にあるセラミックス専門の技工士さんに送り模型から丁寧に作ってもらいます。

セラミックス専門の技工士さんは石膏模型を作るのもプロなので 水の1滴まで精密に計測するので寸法の変化を最小限に抑えます。

そうして 出来上がったものを歯に特殊なセラミックス専用のセメントを使用してセットします。

後は拡大鏡を使用して表面を綺麗に磨いていくと長持ちするセラミックスが出来ます。

 

これからの審美歯科治療には 拡大鏡が必須だと言えます。

それでは症例です。

 

 

セラミックスやホワイトニング 審美歯科治療のご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿区まで

Tel:0333414621

mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

月曜から土曜まで10時から19時まで

日曜まで10時から13時まで

祝日10時から17時まで