左下大臼歯部の抜歯とソケットプリザベーション|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左下大臼歯部の抜歯とソケットプリザベーション

2020年1月7日

今日は左下奥歯の大臼歯部の抜歯と歯槽堤温存術(ソケットプリザベーション)を行いました。

 

虫歯で左下奥歯大臼歯が再治療が不可能な状態になっていました。

レントゲンで確認すると虫歯により根の周りに黒い膿の影も確認できます。

 

このまま抜歯を行い 抜歯後の処置を何も行わないと頬側の骨が溶けて術後にかなり陥没した状態になります。

人間の頬側の骨はかなり薄く出来ており 特に歯の根の周りをカバーしている骨は思っている以上に薄いのです。

抜歯をする際にも 無理に力を加えると術後頬側の骨が凹んでかなりの陥没になってしまいます。

 

抜歯した後の歯肉が凹んだ状態になると インプラント手術は大掛かりな手術になりますし ブリッジを入れるにしても食事の際に物が詰まりやすくなります。

この陥没を防ぐには 何か抜歯した穴に骨が凹まないように内側から支える物を詰めれば 凹みが最小限に防げます。

タイミングは抜歯と同時にこの処置を行わないと難しいのでなるべく抜歯時に行うことをお勧めします。

 

今回は抜歯した穴には人工骨とコラーゲンスポンジと縫合の際には特殊な糸を使用しています。

手順としては

1.Bio-Ossと呼ばれる牛の骨から出来ている人工骨を骨と同じくらいの高さになるようにしています。

あまり入れすぎるとうまくご自身の骨に変わらない可能性があります。

 

2.その上には牛の皮膚から出来ているコラーゲンスポンジで蓋を作ります。

コラーゲンスポンジも歯肉と同じ厚みになるように調整します。

コラーゲンスポンジで人工骨が穴から出ないように蓋をします。

 

3.そしてコラーゲンスポンジを歯肉と緊密に縫合します。

縫合する糸も プラークと呼ばれるお口の中の細菌が付きにくいような表面がツルツルしている特殊な糸を使用します。

 

こういう精密な作業は拡大鏡を使用すると可能になります。

肉眼だとなかなか穴の中が見えないのですが拡大鏡を使用すると穴の中まで良く見えるので可能になります。

それでは症例です。

審美的な抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

休診日は火曜、日曜になります。

電話番号は0333414621

mailでのお問合せはkmtcq139@ybb.ne.jp