左下親知らずの埋伏抜歯|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左下親知らずの埋伏抜歯

2020年1月9日

今日は左下奥歯の親知らずの抜歯を行いました。

 

親知らずは全部が抜歯というわけではないですが 大体の場合抜歯の適応症になります。

色々な原因がありますが 矯正治療終了後に親知らずが手前の歯を押して後戻りを起こしてしまいます。

歯ブラシが届きにくい部分なので 虫歯になりやすく もし虫歯になった場合は手前の歯にも虫歯を作ってしまったりもします。

虫歯になりにくかったとしても 横向きに親知らずが生えていると歯周ポケットと呼ばれる 歯と歯肉の境に出来る溝に汚れが入り歯肉が腫れたり痛んだりします。

現代の人は食べ物が柔らかくなり 親知らずが必要ではなくなってきていますし 顎の骨も小さくなってきているので生えるのに邪魔になってしまったりします。

なので抜かなければならない親知らずはなるべく早いうちに抜歯した方が良いでしょう。

 

親知らずの抜歯については よく見るのも大事ですが レントゲンの確認 もしくはCTで 下顎の神経に触れてないかを確認します。

もし神経に触れているようなら 抜歯した後に知覚麻痺が起こってしまいます。

難しいケースは 主治医の先生に紹介状を書いていただき 大学病院で抜歯した方が良いでしょう。

親知らずは歯のサイズがかなり大きいので 抜歯した後に大きい穴が開いてしまいます。

この穴に血液が溜まり それが血のりとなり まず皮膚が再生されて 骨が再生されます。

なので抜歯した穴が塞がるには かなりの時間が必要になります。

抜歯後の治癒を促進させるために当院では特殊なコラーゲンスポンジを穴に詰めて皮膚と骨の再生を促進させます。

この処置をすることにより術後の出血や痛みを軽減できます。

 

また拡大鏡を使用して抜歯を行いますが 皮膚を切開するのは勿論 抜歯した穴の状態を確認するのが最も大事です。

親知らずを抜歯した穴には 歯の根と骨をくっつけているじん帯があります

親知らずを抜歯するとこのじん帯が断裂し 抜歯窩に残ります。

このじん帯を綺麗に骨から取り除かないと 骨の再生に邪魔になり うまく骨が再生しません。

なので抜歯やインプラント手術には拡大鏡が必要だと言えます。

今回も抜歯した穴の中をよく確認しじん帯を綺麗に取り除き コラーゲンスポンジを詰めて 歯肉をもとの位置に緊密に縫合しています。

 

それでは症例です。

  

親知らずの抜歯、歯並びのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は10時から17時まで

火曜、日曜休診になります。

お電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。