前歯のインプラント手術|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

前歯のインプラント手術

2020年6月18日

今日は前歯のインプラント手術の続きを行いました。

 

当院は口腔外科を扱っていますのでインプラント治療も日常的に行います。

 

前歯のインプラント治療は凄く難しい手術になります。

専門医の先生でもインプラントがうまくつかなったりと失敗することが多々あります。

 

インプラント治療を成功させる為には術前の準備が必要になります。

虫歯と歯周病治療を完了させてからインプラント治療は行ったほうが安全だと思います。

 

前歯のインプラント治療は ほとんどの場合 骨や歯肉の移植手術が必要になります。

 

人間の頬側の歯の周りの骨は凄く薄くできており 虫歯や歯周病で歯を失うと かなりペコッと凹んでしまいます。

 

これを防ぐために 抜歯する際には 温存術と呼ばれる骨の形を温存させる手術を行います。

ただ温存術を用いても 骨の形を100%温存できる訳ではなく ある程度形を温存できるのです。

 

では温存術をするべきかどうか?については するべきだと思います。

 

もし温存術を行わなければ 大がかりな骨や歯肉の移植手術が必要になります。

大がかりな手術を行うほど 手術の難易度がかなり上がるので インプラントが骨に付かない確率も高まります。

温存術を行った場合 インプラントの埋入手術を行う際には最小限の移植手術で済むので 成功の確率が高まります。

必ず抜歯をする際には温存術を行うほうが良いと思います。

 

今回はインプラント手術と骨を造る手術を同時に行う難易度の高い手術をしました。

ただ、歯肉が薄くなり中のチタンのフレームが見えそうになっているため 歯肉移植の手術を行いました。

歯肉移植は口蓋とい言われる お口の裏側の安全な場所から 歯肉を取り 足りない部分に付け足してて緊密に縫合します。

こうすると歯肉のボリュームを増すことが出来 インプラント周りの歯肉が再生します。

 

説明すると簡単なようですが 歯肉を取る深さなど 難易度はかなり高いのです。

当院では拡大鏡を使用して外科手術を行うので 安全に手早く手術できます。

 

歯肉と呼ばれる場所は 歯の周りのピンク色の帯状になっている部分のことです。

凄くかたい皮膚になり 歯肉があるおかげで 人間は歯ブラシしても 痛くなく また歯を細菌から守るバリヤーの役目をします。

時々インプラント部分を歯ブラシすると 痛い と言われる患者さんがいらっしゃいますが 歯肉がないのかもしれません。

インプラント部分を歯ブラシして 痛みがあったり 血が出る場合には一度歯医者さんで診ていただいて下さい。

 

手術の所要時間は1時間です。

歯肉移植 1歯 ¥44000

になります。

 

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。