被せ物の歯肉が腫れて痛い|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

被せ物の歯肉が腫れて痛い

2020年6月27日

今日は右下のかぶせ物が腫れて痛いとのことで来院された患者さんです。

 

被せ物をチェックすると確かに被せ物の周りの歯肉が赤く腫れてる状態です。

レントゲンをお撮りすると 右下奥歯にはがインプラントと呼ばれるチタン製のネジが入っていました。

 

インプラント治療は 何度かこのブログでもご紹介をしているように非常に難しい治療になります。

何が難しいかと言うと歯周病治療の知識と手術の技術が必要になるからです。

大体 歯を失う原因は虫歯か歯周病がひどい場合です。

 

重度の虫歯や歯周病は歯の周りの骨を溶かすので インプラント治療を行う場所には骨が無い状態になっている事が多いです。

インプラント治療を行うなら 骨や歯肉を移植する手術技術がないと長持ちするインプラント治療はできません。

 

今回の場合 インプラント周りの骨には異常はなかったのですが インプラントの被せ物の周りの歯肉が無くなって粘膜と呼ばれる赤いブヨブヨした皮膚しか無い状態でした。

粘膜と呼ばれる皮膚は 人間の頬の内側にある皮膚と同じで 非常に柔らかく すぐ血が出たり腫れたりする弱い皮膚のことです。

 

おそらく患者さんご自身が身体の疲れと体調不良を訴えていたので 被せ物の周りに付いた歯周病の細菌が繁殖し 腫れと痛みを引き起こしたと思われます。

 

歯肉は歯の根元にあたる部分のピンク色の幅5㎜くらいの帯状になっている場所です。

人間は歯肉があるおかげで歯ブラシをしても痛くなく 細菌に対するバリヤーの役目もします。

 

これは普通の歯に被せ物を付ける際にも言えることで 大体歯肉は5㎜あったほうが被せ物が虫歯や歯周病になりにくくなるのも証明されています。

もしインプラントを入れた周りに歯肉がほとんどなければ 歯肉移植手術を行うしか再生させる方法はありません。

 

歯肉移植手術は採取もそうですが 歯肉が無くなっている場所に生着させるには高度なテクニックが必要です。

当院では口腔外科も取り扱っており 手術の際には拡大鏡を使用して精密に手術を行うので可能になります。

 

今回は腫れをまず治める為にクリーニングをして細菌を減らすようにしました。

後日消毒の際にもう一度腫れの具合をチェックします。

 

歯肉移植の手術は出来る場合と出来ない場合がありますのでまずはカウンセリングをお受け下さい。

 

歯肉移植 1歯 ¥44000

となります。

 

それでは症例です。

 

歯肉の腫れや痛みのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。