骨の幅を保つ抜歯方法|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

骨の幅を保つ抜歯方法

2020年8月31日

今日は左下小臼歯部の抜歯と歯槽提温存術を同時に行いました。

 

左下小臼歯部はブリッジが取れて 中が虫歯になっており レントゲンで診断したところ抜歯となりました。

 

歯を支えている骨は 頬側が薄くできており 舌側は厚出来ています。

抜歯を行う場合 歯と骨の間にあるじん帯を断裂させるように隙間に器具を挿入し力を入れて行います。

無理に骨に力を加えると 頬側の骨が破壊されてしまい 大きく陥没して無くなってしまいます。

 

今回はあまり力を加えないように歯を部分矯正で引っ張り上げています。

 

インプラント治療を行う場合なら骨が少なくなってしまった部分に無理にインプラントを埋入しようとすると インプラントが露出して うまくつかなったりします。

またブリッジを付ける際も ダミーの歯の部分が大きくなったブリッジが入り食事の際に物が詰まりやすくなります。

抜歯をする際は 必ず骨の幅を保つ手術を行った方が良いと思います。

 

手術手順は

まず抜歯を行い 次に抜歯した穴の内面に無数の小さい穴をポコポコ開けていきます。

こうすることにより骨が再生しやすくなります。

今度はその穴の中に 人工骨とコラーゲンスポンジを詰めて軽く縫合します。

 

これで2か月後の傷口の治りを待ちインプラント治療を行っていきます。

 

費用と期間は

抜歯 1歯 ¥11000 治療回数 2回

コラーゲン 1歯¥5500 治療回数 1回

人工骨 1歯 ¥11000 治療回数 1回

になります。

 

それでは症例です。

抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。