右下奥歯にインプラント治療|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下奥歯にインプラント治療

2020年10月9日

右下奥歯にインプラント治療を行いました。

 

インプラント治療は 虫歯や歯周病など何らかの原因で歯を失ってしまった場所に チタン製のネジを埋め込み被せ物を付けて歯を再生させる治療です。

インプラント治療に使用されるチタン製のネジは 普通の歯と違い顎の骨に直接埋め込むので骨とくっつくので 後で矯正治療などでチタン製のネジを自由に移動させる事が出来ません。

どの位置に将来被せ物が出来るのかが凄く大事になります。

 

 

インプラント手術を行う前にはステントと呼ばれる インプラントを正確な位置に埋め込むためのプラスチック製のガイドを作ります。

このステントは当院では歯科医師自身が製作します。

技工士さんが手術をする訳ではなく 歯科医師が自分で足りない部分には骨を造るのか?被せ物をどうするのか?などあれこれ考えながら製作します。

 

作り方はまず上顎と下顎の石膏模型を作り それにワックスを盛り実際にどういう形に歯が出来上がるかを予想して作ります。

またインプラント治療は虫歯や歯周病により歯を失うせいで骨が無い場合が多くあります。

今回も右下の頬側の骨がかなり少なくなっており インプラントを埋め込むと同時に頬側に骨を造る という難易度の高い手術になる事が予想されます。

 

 

このガイドを手術中に歯に装着しながらインプラントを埋め込んでいくと将来被せ物が入る位置に正確にインプラントを入れる事が出来ます。

 

また模型を作成すると 他の部分にも問題が起きている事が分かり そちらの治療も同時に進めていく必要もあったりします。

 

虫歯や歯周病で その歯を失った場合 お口の中は一緒の空間になるので 虫歯菌や歯周病細菌が他の場所にも影響しているのです。

 

また細菌により歯並びも乱れてきてしまっている場合は矯正治療も必要になる場合があります。

 

インプラント治療はその場所にチタン製のネジをただ埋め込むのではなく、他の歯の虫歯や歯周病も治療しながら一緒に行うのがインプラント治療です。

 

今回のケースも右下に歯が入れ歯を入れない期間があり 噛み合う上顎の歯が下に落ちてきてしまい 矯正治療と歯周病治療が必要になります。

 

治療順序はまず右下奥歯にインプラントを手術し その治る期間中に右上の治療を終了する予定です。

 

インプラント治療は治療期間が長くかかってしまいますが 長持ちするインプラント治療を行うのは必要なのです。

 

インプラント治療の費用と治療期間は

インプラント 1本 被せ物まで含み ¥440000

治療期間は3~6か月

 

それでは症例です。

虫歯、歯周病治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。