右下奥歯にインプラント治療|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下奥歯にインプラント治療

2020年10月14日

今日は右下奥歯のインプラント治療の縫合になります。

 

写真の縫合方法はインプラントと骨のくっつきを良くするために一度歯肉の中に完全に埋没させています。

これを2回法と呼びます。

 

これに対してインプラントを顎の骨に埋入した後に 歯肉の上にインプラントの頭が見える状態で縫合する方法を1回法と呼びます。

 

それぞれ治療期間の速さや感染のリスクなどメリットデメリットがあるので術前診断により決めていきます。

 

また今回はインプラントを骨に埋入して さらに周りに骨を増やす手術を行っています。

 

当然術前に比べて 顎の骨の膨らみが増しているので 切った歯肉も特殊な縫合の仕方を行います。

 

まず歯肉の裏側にメスで一線の切れ込みを入れて 歯肉の引き延ばす方法があります。

これを減張切開と言います。

 

この切開を行うと歯肉から多く出血が起きるデメリットもあるので緊密に縫合して血液が出ないようにする必要があります。

 

そのため縫合は通常の単純縫合の他にマットレス縫合と呼ばれる歯肉を面で捉えて接触面積を多くすることにより術後の歯肉裂開を防ぐ縫合をします。

 

骨のボリュームを増す手術を行うと縫合した歯肉が裂けてきやすいので 慎重に縫合は行います。

 

当院では拡大鏡を使用して縫合しているので 精密に縫合することが可能です。

 

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。