インプラントのメンテンナンス|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

インプラントのメンテンナンス

2020年10月23日

今日は過去にインプラント治療を受けられた方のメンテナンスを行いました。

インプラントは右上奥歯から2番目の歯になります。

 

このケースはインプラントを埋めて骨を造る手術を行うという難易度の高い手術を行いました。

 

インプラント治療を受けられる方の大体は 歯周病や虫歯がひどくなり歯を失っており その際に骨にもダメージを受けています。

 

なのでインプラントを入れる際には必ず何らかの骨を造成する手術も必要になります。

 

当院では歯周病治療も行っていますので骨を造る手術も可能です。

 

お口の中を見るとインプラントのネジ穴が取れてしまい ネジ穴に汚れが詰まっていました。

 

ネジ穴に汚れが詰まると インプラントの中に細菌が増殖してしまうのと インプラントと被せ物を留めているネジが緩んでくるのであまり良くありません。

もしインプラントのネジ穴の蓋が取れてしまった場合はすぐに歯医者さんで付け直して下さい。

 

インプラント治療を受けられた方は定期的なメンテナンスが必要になります。

インプラントを入れたら終わり ではありません。

 

インプラント通常の歯と違い人工物なので 細菌に感染しやすく 歯が持っている防御機能がありません。

かみ合わせの調整と専門のクリーニングが必要になります。

 

インプラントの被せ物はセラミックスになるので微妙に通常の歯に比べてセラミックスの方が硬いのです。

ずっと使っていると天然の歯とセラミックス冠にかみ合わせの不調和が起きてくるので均等に噛み合うように調整します。

 

また被せ物に周りにはプラークが付いてきます。

通常の天然の歯であれば 細菌に抵抗する免疫機能がありますが インプラントは人工物になるので細菌が少しでも被せ物の周りに付くと歯肉が腫れてしまいます。

歯肉が腫れるとインプラント周りの骨を溶かす破骨細胞と呼ばれる細胞が出現してきます。

骨が破壊されるときの痛みは全くないので 患者さんが気付かないうちにインプラントがグラグラになってきます。

一度破壊された骨は元には戻らないので 最悪インプラントを抜く事になるかもしれません。

 

インプラントのメンテナンスは大事なので 一度治療を終了した後も定期的にメンテナンスを受けられることをお勧めします。

 

インプラントのネジ穴へのCR 1歯 ¥5500

 

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。