インプラント治療の縫合|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

インプラント治療の縫合

2020年12月28日

今日はインプラント治療の縫合になります。

 

前回 インプラント体を無事に骨の中に埋入して 頬側に骨を増やす アドバンスな手術を行いました。

インプラント周りには約2mmの厚みの骨が無いと段々骨が吸収して無くなる と言われています。

 

これは手術直後には見られず 何年か後に現れてくる症状なのです。

そして骨が吸収されて無くなると 歯肉もつられて下がってきます。

歯肉が下がるとインプラントの金属部分が露出して見えてきてしまいます。

 

被せ物が入った後でインプラントの根元部分が黒くなってくる症状はこれが原因です。

この状態を改善するために インプラント周りに歯肉移植をしたりします。

 

ただインプラント体を骨に入れる時に 歯肉が下がるかの診断は出来るのでインプラント手術の際に未然に防ぐことをした方が良いです。

歯肉移植でインプラント体をカバー出来るのも軽度の症状のみだけなのです。

 

インプラント体を骨に埋入して 頬側に2mmの厚みの骨があるか確認し 2mm無ければ骨を増やします。

アジア人の頬側の骨はかなり薄く出来ているので ほとんどの場合、骨を増やす手術が必要と言われています。

インプラントを長持ちさせる為には骨を増やす手術は必須です。

 

そして骨を増やす手術をして 歯肉を完全に閉じて縫合します。

歯肉を完全に閉じることにより インプラント体が外界からの感染が防がれて骨に付きます。

もし歯肉の縫合が裂開し傷口が開いてきてしまうとインプラントが感染するだけでなく 骨を増やす手術に使用する人工骨も感染するので とても重要なステップになります。

 

歯肉の縫合のコツはあまり引っ張りすぎないことと 緊密に縫合することが裂開を防ぐコツです。

しかし 骨のボリュームが術前に比べてかなり増すので 歯肉を引っ張らないと縫うことが出来ません。

 

この問題を解決するために 減張切開と呼ばれる切開法とマットレス縫合と呼ばれる特殊な縫合法行います。

減張切開は歯肉の内側に細かい切れ込みをメスで行い 折り紙の蛇腹織のように伸びるようにすることです。

 

マットレス縫合は 垂直、水平の2種類あり どちらも歯肉を大きな面として捉えて縫い合わせる縫合方法です。

この手術方法で歯肉を閉じるとまず傷口が開くことはありません。

 

また当院では拡大鏡を使用して 緊密に切開縫合するので 肉眼の何倍もの速さで処置が終わり精密に出来ます。。

その為縫合して数分経つと出血は治まり腫れや痛みも極力抑える事が出来ます。

 

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。