インプラントの2次手術+歯肉移植|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

インプラントの2次手術+歯肉移植

2021年1月23日

今日はインプラントの頭出しの手術(2次手術)+歯肉移植というアドバンスな手術を行いました。

 

インプラント治療を行う場合 1次手術と2次手術 と言う2回手術を行う必要があります。

 

1次手術は インプラント体を骨の中に埋入し完全に歯肉で縫合して外界から感染しないようにします。

2次手術は インプラント体の頭部分を外界に見える状態にして被せ物を装着する為のネジの貫通部分を作ります。

 

2次手術を行う際は インプラント体の周りに歯肉があるかどうかがインプラントを長持ちさせる為に大事になります。

 

歯肉とは どの部分かと言うと歯の根元部分にあるピンク色の幅5mm程度の帯状の部分を言います。

歯肉の特徴は硬く細菌に対してのバリヤーの役目をする皮膚です。

人間は歯肉があるおかげで歯ブラシを当ててもゴシゴシ歯ブラシしても痛く無いですし歯肉から血も出ません。

 

ピンク色の部分から下の部分は 赤い粘膜と言われる柔らかい皮膚になります。

この粘膜と言われる部分は 細菌の抵抗や刺激に対して弱く 歯ブラシを当ててゴシゴシ磨くとすぐ出血して 痛くて磨くことは出来ません。

 

もしインプラント体に被せ物を装着して 被せ物の周りに歯肉が無いと 痛くて歯ブラシができず被せ物の周りに汚れが溜まりすぐインプラントが感染してダメになります。

 

これを解決する方法には 歯肉移植があります。

歯肉移植は 上顎の裏側部分から 移植片を採取し インプラント体の周りに張り付けて 歯肉を再生させる手術方法です。

そしてインプラント体の周りに丈夫な歯肉が再生し インプラントも長持ちします。

 

歯肉移植は大変難しい治療方法です。

切開、剥離、縫合の手技を誤ると移植片がうまく再生せず壊死してしまう可能性もあります。

当院では拡大鏡を使用して外科手術を行うので早く安全に手術を終える事が出来ます。

 

歯肉移植は矯正治療などで歯肉が下がってしまった方にも有効な治療方法です。

気になる方は是非ご相談ください。

 

歯肉移植 手術時間30分間

1歯 ¥44000

になります。

 

それでは症例です。

インプラント治療、歯肉移植、歯茎の下がり のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

メールはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。