被せ物の型取り|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

被せ物の型取り

2021年2月10日

今日は被せ物の型取り予定の患者さんに仮歯の調整を行いました。

 

患者さんは被せ物が外れた とのことで来院されました。

 

金属の被せ物が外れて土台も外れていたので根の再治療を行います。

根の再治療が必要なのは 土台が外れてしまい神経管の中に唾が入り込んでいる為です。

唾の中にはお尻よりも汚い と言われるほどの 多くの虫歯菌や歯周病細菌がいるので 根の中に侵入したら取り除いて殺菌消毒する必要があります。

 

もし根の再治療をしなければ 細菌を中に取り込んだまま蓋をすることになってしまいます。

詰め物、被せ物を付けるセメントには虫歯菌や歯周病細菌を殺菌させる作用は無いので 根の中でどんどん増殖して 痛みや腫れを引き起こします。

一度被せ物や土台が外れてしまったり レントゲンをお撮りし根の先端に黒い影がある治療済みの場合は 根の再治療をされた方が良いと思います。

 

今回は土台まで外れており 根の再治療と 歯が折れないようにセラミックス製の土台をセットしています。

神経を抜いている歯は枯れ木のようなの物で 噛み合う力で折れてしまうことがあります。

セラミックス製の土台は 強度が強く しなる性質を持っているので 歯が折れにくくなります。

 

そして今回はプラスチック製の仮歯の調整です。

歯に沿っての歯肉の部分が赤くグルっと腫れて血も出ているのが確認出来ます。

この状態で型取りをすると 血が出てしまい綺麗な型取りが出来ず 精度が悪い被せ物が出来ます。

一度仮歯を調整して 歯肉から血が出ないようにする必要があります。

 

仮歯の調整は 最終的な被せ物と同じくらい歯にピタッとはまる 精度の高い物を作る必要があります。

肉眼ではこの調整は難しいのですが 当院では拡大鏡を使用しているので歯にピタッとはまる被せ物が作れます。

そして次回お越し頂いた際には 歯肉が綺麗に治っており 精度の高い被せ物が作れます。

 

それでは症例です。

被せ物、仮歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。