インプラントの治療経過|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

インプラントの治療経過

2021年2月17日

今日はインプラントの仮歯の製作を行いました。

 

インプラント治療は虫歯や歯周病、事故や先天的に歯が無かったりした場合 人工の歯根を歯肉の中に入れてそこに被せ物を付ける治療になります。

 

インプラント体を歯肉の中に入れるのにはちょっとした手術が必要です。

 

1回目の手術で歯肉の中にインプラント体を入れて傷口が治るまで3か月待ちます。

2回目の手術で歯肉の中に埋まっているインプラント体の頭部分を露出させて型取りを行い被せ物を作ります。

 

今回は2回目の手術と型取りが終わり仮歯を付けていきます。

 

前歯は歯肉の綺麗なラインなど見た目が大事なので まず仮歯を付けて具合を確認する必要があります。

 

インプラント体の上の被せ物はセラミックスクラウンになります。

 

セラミックスクラウンは陶器のお皿のようなもので 一度焼いて完成させると後で盛り足したり 削ったりが出来ません。

 

なので仮歯で形をよく確認して セラミックスクラウンを作る必要があります。

 

それでは症例です。

インプラント治療、歯が無い、入れ歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。