右下親知らずの埋伏抜歯|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下親知らずの埋伏抜歯

2021年2月20日

今日は右下親知らずの埋伏抜歯を行いました。

 

患者さんは右下親知らずが腫れて痛みがある との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 親知らずのある所の歯肉が赤く腫れている状態でした。

 

レントゲンから親知らずが歯肉の中に横向きに生えており手前の歯との間に空間があり そこが歯周ポケットになっているのが確認出来ました。

 

患者さんに状態をご説明し お口の中の消毒と腫れと痛みを抑える為に抗生物質と痛み止めを飲んでいただきました。

 

親知らずは もし手前の歯との間に深い歯周ポケットが出来ており そこに歯石が付いて腫れてくるようなら抜歯した方が良いでしょう。

歯周ポケットの深さが5mm以上あるといくら衛生士さんがクリーニングをしても歯石が取り切れない という論文のデーターもあります。

そして抜歯をするならなるべくご年齢が若いうちに抜歯をした方が傷口の治りも早いのです。

 

そして後日親知らずの抜歯に臨みます。

 

親知らずは腫れていたり 痛みがある時は麻酔が効きにくく 切れやすいので抜歯は出来ません。

痛みと腫れが治まり お口の中の歯石や虫歯などの汚れが取れてから抜歯することをお勧めします。

 

親知らずの埋伏抜歯の手順は以下になります。

1、消毒、部分麻酔

2、歯肉の切開剥離

3、歯冠部の切断除去

4、歯根部の抜歯

5、縫合(コラーゲンスポンジを挿入)

 

当院では全ての外科手術に拡大鏡を使用しています。

拡大鏡を使用することによりメスによる切開や縫合などが精密に出来て それにより手術時間や傷口の直りが肉眼での手術よりも早まります。

また抜歯窩には 骨を再生させ傷口の治りを早めるコラーゲンスポンジを詰めて縫合するので術後の腫れや出血もほとんど起きません。

 

それでは症例です。

親知らずの腫れ、痛み、親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。