骨を作る手術と歯肉の移植の手術|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

骨を作る手術と歯肉の移植の手術

2021年4月9日

今日は左下奥歯が歯周病にかかられている方に対して骨を作る手術と歯肉を移植する手術を同時に行うというとても難易度の高い手術を行いました。

 

患者さんは左下奥歯の歯肉の腫れを訴えご来院されました。

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 奥歯を支えている骨が溶けてしまい歯の周りに歯石が付いているのが確認されました。

 

歯周病の細菌は元々お口の中にいる細菌で その最近の量はひとにより多かったり少なかったりします。

普段は歯周ポケットの中に生息していますが 歯の周りに歯石についてくると 歯石は最最近にとって栄養源なので どんどん細菌が増えていきます。

そして細菌から骨を溶かす毒素を出して 歯の周りの骨が溶かされていくのが歯周病です。

重度になると今回のように骨を作る手術などが必要になります。

厄介なことに 歯周病により骨が溶ける際には 痛みが無いのです。

なので患者さんは 気付かずに 普通に生活してしまいます。

お口の中がネバネバする、口臭がする、歯茎から血が出る、歯が揺れる などの症状が出始めると歯医者さんにいきますが その時点では重度になっていることが多いです。

 

患者さんに歯周病の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は骨を再生させる手術を行いました。

骨の再生手術は 手術の中でも一番難しく術前に骨を再生させる手術の適応かどうかを確認することも大事です。

歯周ポケットが5mm以上と深い部分は 通常の歯石取りでは取ることが出来ず 歯周病の外科手術により取ることが世界的に定められています。

もし 5mm以上の深い歯周ポケットをそのままにしておくと 骨が溶かされていき しまいには歯がグラグラしてきて痛みや腫れ 最後には抜けてしまう場合もあります。

 

深い歯周ポケットがある場合はなるべく早めに手術を受けられることをお勧めします。

 

今回は骨を再生させる手術と同時に歯肉の量が少なくなっていたので 歯肉を増やす手術も同時に行っています。

かなり難易度が高い手術になりますが 当院では拡大鏡をしようしいるので こういう手術も可能です。

 

それでは症例です。

歯茎から血が出る、歯がグラグラする、口臭がする、お口の中がネバネバする などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。