左下前歯の抜歯|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左下前歯の抜歯

2021年5月28日

今日は左下前歯の抜歯を行いました。

 

患者さんは左下前歯の歯肉が腫れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左下前歯の根の部分に黒い影があり 根の周りの骨も溶けて無くなっている状態でした。

 

根の先まで骨が溶けてしまっている状態では 歯は残す事が出来ず抜歯になります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

人間の骨は頬側が凄く薄く出来ており 抜歯をすると頬側の骨が溶けて無くなってしまいます。

 

この術後の歯肉と骨の陥没を最小限に防ぐ方法として温存術 と呼ばれる治療方法があります。

 

抜歯した後 抜歯窩内に残っている歯肉などを綺麗に取り除き骨の表面に小さい穴を開けていきます。

 

骨が傷つくとストレス性の血液と呼ばれる傷口の治りを早める作用のある血液が出て 傷口の治りを早めてくれます。

 

あとは抜歯窩内に 人工骨とコラーゲンのスポンジを入れて緊密に縫合を行っていきます。

 

こうすることにより術後の骨と歯肉の陥没を防ぐことが出来ます。

 

それでは症例です。

 

歯がグラグラする、歯肉の腫れ などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。