右上前歯にセラミックス製の土台をセット|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上前歯にセラミックス製の土台をセット

2021年9月7日

今日は右上の前歯の根の治療を終えた患者さんにセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは右上の被せ物の根元部分が黒くなっている との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の被せ物が入っている歯との隙間から黒く虫歯になっていました。

 

保険の被せ物の場合は 裏打ちを金属で作り 表面をプラスチックでコーティングして白い被せ物を作ります。

 

ただ精度が悪いので 拡大鏡などで確認すると 大抵は歯との間に隙間が空いてしまいます。

 

その隙間は最初は 歯に付ける際に使用するセメントで埋めてくれますが セメント自体が溶けやすいので段々と無くなって隙間が空き虫歯になります。

 

セラミックスの被せ物は精度がまず良いので 隙間なくピタッとした詰め物や被せ物が作れます。

 

またセラミックス専用のセメントは硬さが強いので溶けて無くなる心配もありません。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用しながら慎重に被せ物を外していきます。

 

肉眼では健康な歯の部分などを削りがちになるので歯科治療には拡大鏡は必須だと言えます。

 

根の方にも感染が起きていたので 根の再治療を行い セラミックス製の土台を立てていきます。

 

歯の核となる土台には 金属製やプラスチック製などありますが どれも歯よりも硬すぎたり柔らかすぎたりしてしまい歯が折れる事が多いです。

 

セラミックス製の土台が今は一番 腐食が起きなく 歯と同じくらいの弾力性を持つので折れにくいと言われています。

 

それでは症例です。

被せ物が黒い、歯が折れた、歯肉が痛いなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。