右下奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセット|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセット

2021年9月10日

今日は右下奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右下奥歯が沁みる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下奥歯に変色した古いプラスチックが入っており中が黒く虫歯になっていました。

プラスチックは硬さが弱くお口の中の水分を含んで劣化が起きやすいのです。

たまに浅い虫歯の場合は奥歯にプラスチックを使用する事がありますが プラスチックの適応症は噛む力が強い奥歯ではなく前歯になります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し 拡大鏡を使用して古いプラスチックと虫歯を完全に取り除きます。

 

虫歯を取り切った後は 神経を鎮静させるセメントで一度埋めて様子をみます。

 

次回ご来院の際に痛みなどの問題が無ければ型取りをしていきます。

 

今回は無事に型取りを終えたので出来上がったセラミックスを詰めていきます。

使用するセラミックスはハイブリッドセラミックスと言って プラスチックにセラミックス(ガラスの粒子)を混ぜである詰め物です。

特徴は硬さが歯と同じくらいの硬さなので噛む合う歯を傷つけません。

耐用年数は7~8年と言われています。

 

セラミックスを詰める際には隙間が空いてないかどうかのチェックをしますので拡大鏡が必須になります。

そしてセラミックス専用のセメントを用いて詰めていきます。

 

セラミックス専用のセメントは硬さが硬いので劣化が起きにくのです。

これで歯と一体化するので外れる心配もありません。

 

それでは症例です。

詰め物が外れた、歯が変色している、歯が沁みるなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。