右上奥歯にエムドゲイン(骨再生療法)|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上奥歯にエムドゲイン(骨再生療法)

2021年9月13日

今日は右上奥歯の歯周病により骨が無くなってしまった歯に対してエムドゲイン(骨を作る手)を行いました。

 

患者さんは右上の奥歯が腫れる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上奥歯の歯と歯の間の骨が溶けて歯周病が進行しているのが確認されました。

 

お口の中には虫歯菌と歯周病原細菌の2種類がいます。

歯の周りに汚れが溜まると 歯の根元部分にプラークと呼ばれるネバネバした白い糊のようなものが蓄積されます。

唾の中にはカルシウムやリンなどミネラルの成分が含まれておりそれがプラークに沈着して石となり歯石と呼ばれます。

 

歯石はデンプンの塊なので歯周病原細菌がその中で繁殖します。

そして歯石が歯肉に触れている部分は赤く腫れてきます。

歯肉が赤く腫れるいる場所には細菌を排除しようとして骨を溶かす細胞が出現します。

そして自分で自分の歯を支えている骨を破壊してしまいます。

 

これが歯周病の成り立ちです。

 

歯周病が進行すると骨が溶けて歯周ポケットと呼ばれる深い溝が出来ます。

国際的な歯周病の分類では深さが5mm以上あると歯周病の手術をしないと 進行を止める事が出来ず そのうち歯が抜けてしまいます。

 

今回は8mm以上の歯周ポケットがあったので外科手術の適応症となります。

患者さんに歯周病の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず古い被せ物が右上にはありその中も虫歯になっていたので先に治療をします。

そして歯周病手術に臨みます。

 

今回行う手術は骨を再生させるエムドゲインと呼ばれる骨を再生させる薬を用いる手術になります。

 

骨を再生させる手術は歯周病の手術の中でも一番難易度が高く 骨が溶けている形により出来る出来ないもあります。

 

また歯周病の手術はおタバコを吸われていると行う事が出来ません。

 

おタバコを吸われている血管が細くなってしまい血が通いずらくなるので傷口の治りが悪くなります。

 

歯周病治療は全身的な健康状態も大きく左右されるのです。

 

歯周病により骨が溶けた部分の周りの歯には歯石がビッシリと付いているのでそれを特殊な器具を用いて綺麗に取り除きます。

そしてエムドゲインと人工の骨を詰めて緊密に縫合します。

 

こういう細かく繊細な外科手術には拡大鏡が必須になります。

 

それでは症例です。

歯周病、骨再生、歯がグラグラする、口臭がするなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。