セラミックス製の土台と仮歯のセット|【デンタルオフィス新宿】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

セラミックス製の土台と仮歯のセット

2021年9月15日

今日は前歯のセラミックス製の土台と仮歯の製作のチェックを行いました。

 

患者さんは前歯の被せ物の歯茎の境目が黒くなっている との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯の被せ物の境目から中で虫歯が広がっているのが確認されました。

 

被せ物は付け始めの時には歯茎にピッタリはまるように製作します。

 

歯茎にぴったりする位置だと細菌に抵抗する体液に満たされているので虫歯になりにくいと言われています。

 

ただ噛み合わせの力が凄くかかっていたり 歯肉が汚れにより赤く腫れていたりすると 歯を支える周りの骨が溶かされてしまうので歯茎も下がってきます。

 

そして歯と被せ物の繋ぎ目の部分が露出して その繋ぎ目に汚れが溜まり虫歯が発生します。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明して同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し被せ物を拡大鏡を使用しながら慎重に外します。

 

被せ物の治療をされている場合 神経を取っている歯がほとんどですが 神経を取った歯は枯れ木と同じように歯が脆くなり折れやすいのです。

 

なので余計な部分を削らず 力を加えないようにしないといけません。

 

そして中の金属製の土台の周りも腐食をして虫歯になっていたので土台をお取りし 新しくセラミックス製の土台を作ります。

 

セラミックス製の土台だと歯に噛む力が加わっても歯と同じような弾力性を持つので折れるのを防ぎます。

 

そして歯茎にピタッとはまる仮歯を付けて 外から細菌が入らないように密封します。

 

それでは症例です。

被せ物の境目が気になる、被せ物が黒くなっているなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。