左上奥歯にセラミックスクラウンをセット|【曙橋ファミリー歯科】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【曙橋ファミリー歯科】まで


〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・電話
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左上奥歯にセラミックスクラウンをセット

2021年9月24日

今日は左上奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは左上奥歯に物が詰まる との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 奥から2番目の銀の被せ物をしてるの間に黒く虫歯が広がっているのが確認されました。

 

保険で取り扱う銀の被せ物は精度があまり良くないので歯との間に隙間が空きやすいのです。

その隙間は歯にセットする際に使うセメントで埋めてくれますが セメント自体の強度があまり良くないので段々溶けて無くなってしまいます。

そしてその隙間に汚れが溜まり虫歯が発生します。

 

レントゲンから歯肉の中の方にまで虫歯が広がっていたので こういう深い虫歯の場合は歯肉を切除する手術が必要になる事もあります。

 

確認する為には被せ物を外し 虫歯を取り除く必要があります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用しながら銀の被せ物と虫歯を完全に取り除きます。

 

歯肉の中の方に虫歯が広がっていましたが、幸い外科手術なしで虫歯を取り切ることが出来ました。

 

そして根の方にも感染が起きていたので根の再治療を施し セラミックス製の土台を立てて 被せ物の型取りを行いました。

 

今回はオールセラミックスの被せ物を製作しました。

 

オールセラミックスはセラミックス(ガラスの粒子)のみで出来ており 硬さが凄く強く 水分を含む性質が無いのでお口の中でも劣化することがありません。

耐用年数も無いので 一度セットすれば長持ちする被せ物です。

 

写真のように歯にピタッとはまる被せ物が作れるのも拡大鏡を使用して精密治療をしているおかげです。

これからの歯科治療には拡大鏡は必須になります。

 

それでは症例です。

 

被せ物が取れた、歯が痛い、水を飲んで沁みるなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。