右上前歯の深い虫歯に対しての矯正治療|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上前歯の深い虫歯に対しての矯正治療

2021年10月29日

右上前歯に深い虫歯が出来てしまった患者さんの矯正治療を行いました。

 

患者さんは右上の歯肉におできのような出来物がある との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上の犬歯の根の先端に黒い膿の影が出来ていました。

犬歯には白い被せ物が入っていましたが 長年使用しているせいか 被せ物の根元部分が黒く変色し虫歯になっていました。

患者さんに被せ物を外して 根の再治療を行わないと 段々と膿がひどくなってしまう事をご説明し 患者さんからも了承を得て治療をすることになりました。

 

被せ物の再治療を行う際は注意が必要です。

まず 被せ物は 残念ながらカットしないと外せないので 外したものを付けなおす事は出来ません。

また根の方には金属の太い芯棒も入っているので 外す際には拡大鏡などを使用しないと 根が割れて抜歯になる危険性もあります。

 

右上の前歯に部分麻酔をよく施し 慎重に被せ物と金属の芯棒と 虫歯に感染している部分を外していきます。

当院では拡大鏡を使用して治療するので歯を傷つけずに外すことが可能です。

 

そうすると右上の2本の被せ物が付いていた頭部分のほとんどが虫歯で腐っている状態でした。

 

こういう場合は 最初に根の再治療を行います。

根の治療が終了したら 歯肉から歯を引っ張り出すようにします。

根の治療を終了した後は 歯に土台と呼ばれる山のようなものをセットします。

 

土台を建てる条件は 歯肉からの歯の高さが全周2mmあること とされています。

 

最近だとセメントの性能が上がり 2mmの高さが無くても歯に付けるケースも増えてきていますが 大体2~3年で土台ごと被せ物がポロっと取れて虫歯が広がってしまいます。

そして結局は抜歯になってしまいます。

 

なので もしもう一度この歯に被せ物を付ける 場合は矯正治療が必要になります。

 

今回は右上2本に矯正装置を付けて 表から装置が見えないように仮歯をセットしています。

 

それでは症例です。

  

 

被せ物が取れた、歯肉におできが出来ている、歯肉が腫れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。