左上奥歯にハイブリッドセラミックスの被せ物をセット|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左上奥歯にハイブリッドセラミックスの被せ物をセット

2021年12月13日

今日は左上奥歯にハイブリッドセラミックスの被せ物をセットしました。

 

患者さんは左上奥歯が噛むと違和感がある との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 銀の被せ物が入っており根の先に黒い影が確認できました。

 

虫歯が深い場合歯の神経を取る治療を行いますが 銀の被せ物は精度があまり良くなく 隙間から中に細菌が侵入し根の先に膿の影を作っている状態になります。

治すには一度被せ物を外して根の再治療を行う必要があります。

ただ根の治療を終えた後に歯に金属の土台を入れますが この金属の土台が大きく外すと歯がもたずに抜歯になる可能性もあります。

 

当院では金属の詰め物や被せ物を外す際には 拡大鏡と専用の機材を使用して安全に外すようにしています。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

拡大鏡を使用しながら慎重に金属の被せ物と土台を取り除きます。

虫歯を取り除いた残りの歯の部分がほとんどなく抜歯の適応基準にはなりますが最新の材料を使用して残すように治療をしていきます。

 

そして根の再治療をして根の先に出来ている膿の影が消えたのを確認して根の中に材料の劣化が無いセメントを詰めて根の治療を終えます。

 

根の治療終了後に歯が薄くなっているので歯が割れないようにセラミックス製の土台を立てて 問題ないことを確認し被せ物の型取りを行いました。

 

今回はハイブリッドセラミックスの被せ物をセットすることにしました。

 

ハイブリッドセラミックスはセラミックス(陶材)にプラスチックを混ぜて作っている物になります。

 

特徴は歯と同じくらいの硬さを持つので使用していくと歯と同じように削れてくれます。

 

また材料に陶材を含んでいるので水分を含む性質を抑えられ耐用年数も7~8年と長持ちします。

 

それでは症例です。

噛むと違和感がある、根の治療、金属の詰め物被せ物 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。