右上の奥歯の抜歯と骨を作る手術|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上の奥歯の抜歯と骨を作る手術

2021年12月17日

今日は右上奥歯の抜歯と骨の形を温存する手術を行いました。

 

患者さんは右上の歯を治療したい との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 奥歯は虫歯により抜歯をしなければならない状態でした。

患者さんに抜歯の方法と温存術についてご説明し同意を得て治療を開始していくことになりました。

 

抜歯をしたら大体2~3か月間 歯肉が治るのを待つ必要があります。

もしインプラント治療をされる場合は2~3か月後に手術をした方が良いです。

それ以上抜歯窩をおいてしまうとさらに骨が無くなってしまうので注意が必要です。

 

人間の骨は頬側が薄く出来ており 抜歯の際に力を入れすぎたりすると頬側の骨が凹んでしまいます。

骨が凹むと 後でインプラント体を骨に埋め込んでも露出してしまったり うまく骨の中に入らなくなります。

 

インプラント体は直径4mm程度の円柱状のチタン製のネジになります。

抜歯した後 顎の頬側の骨が凹んでしまうと インプラント体を骨に埋め込んだ際に頬側部分が露出してしまいます。

 

露出した部分はインプラント体を埋め込むと同時に顎に骨を移植する手術で対応しますが 移植部分が大きいとやはり失敗する危険性も高まります。

 

なので抜歯の際には 抜歯窩に人工骨とコラーゲンのスポンジを詰めて骨の形を温存する手術方法が推奨されています。

 

この手術方法で難しいのは抜歯した際に骨の表面に付いている歯根膜と呼ばれる靭帯のような膜を確実に取る事です。

 

この歯根膜が骨に残っていたり に肉芽と呼ばれるぐじゅぐじゅした悪いお肉が残っていると骨が再生するのを邪魔します。

 

抜歯窩は暗く 血液も出ているので拡大鏡を使用して確実に取り除きます。

 

それでは症例です。

 

抜歯、歯が無い、インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。