左下奥歯にセラミックスの詰め物をセット|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左下奥歯にセラミックスの詰め物をセット

2021年12月24日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左下の奥歯が沁みる との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下にプラスチックの詰め物が入っており 中が虫歯になっていました。

さらに今回は左下の歯肉の中深くにまで虫歯が進行してかなり重症な状態でした。

 

歯肉の中に入り込んだ虫歯の処置は まずレントゲンをお撮りし 歯を支えている骨と虫歯の位置を確認します。

骨から虫歯までの距離がある程度あれば歯科では比較的よく使用する電気メスという機械での処置になります。

ただ骨との距離が近い場合は歯周外科手術と言う歯肉の整形手術が必要になります。

なぜなら 歯肉の処置をしないで被せ物や詰め物を作る場合は まず血液が出てくるので正確に歯を削り型取りをすることが不可能です。

またうまく削れて型取りが出来たにしても 詰め物、被せ物をセットする際に血液が出てきてしまい うまく歯に付かなかったり、歯肉の中の方に詰め物、被せ物がセットされている状態というのは家で言うとぬかるみに土台が浸かっている状態になるので そのうち土台が腐ってきてしまいます。

なので乾いた土の上に家の土台を建てたいように 歯肉の上に詰め物、被せ物はセットする必要があるのです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず虫歯をある程度取り切ることから始まり 次に歯周外科手術を行い歯肉の整形を行います。

そしてセラミックスの型取りを行い セラミックスをセットしました。

 

これらの治療は全て拡大鏡を使用して行います。

肉眼では歯肉の整形や セラミックスを歯に隙間なくピタッと詰めるのはまず不可能です。

 

それでは症例です。

歯が沁みる、虫歯、詰め物が取れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。