右下奥歯にジルコニアの被せ物をセット|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右下奥歯にジルコニアの被せ物をセット

2021年12月29日

今日は右下奥歯にジルコニアと言う材料で製作した被せ物をセットしました。

 

患者さんは右下被せ物の根元が黒くなっている との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 被せ物の隙間から中で虫歯が広がっており さらに根の先端に膿を作っている状態でした。

この場合 まず被せ物を外して根の治療から始めないと被せ物をセットした後で歯が痛んでくる可能性があります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯が深く歯の神経を取る処置をした後は 歯が割れやすいので被せ物にする場合が多いです。

保険での治療では被せ物は銀歯を付けますが あまり精度が良く無いので歯と被せ物の間に隙間が空いてしまいます。

 

被せ物をセットした際は その隙間はセメントで埋まってますが セメントは硬さが強くないので段々と溶けて無くなり隙間が空いてしまいます。

そして そこから虫歯菌が中に侵入し虫歯が発生し 根の方に到達すると根の先端に膿を作ります。

外からの細菌の侵入を防ぐ為にも 精度良く歯にピタッとはまる詰め物や被せ物を付けるのは 歯を長持ちさせる為には大事になります。

 

当院では顕微鏡治療を行っており お口の中を拡大しながら精密に治療が行えます。

また 治療中に歯にゴムのシートを被せることにより 安全に手早く治療を終了することが出来ます。

お口の中で金属の被せ物を外す際などは 削った金属片がお口の中に散らばってしまい衛生的にも危ないのでこういう処置は必要です。

そして無事に根の治療を終了して 新しくセラミックス製の土台を建てて 被せ物の型取りをします。

 

今回被せ物に使用しているジルコニアと呼ばれる材料は人工ダイヤモンドと呼ばれるほどにセラミックスよりも硬さと綺麗さに優れています。

お写真から出来上がった被せ物が精度良く歯にピタッと隙間なくセット出来ているのが分かります。

 

それでは症例です。

被せ物に違和感がある、被せ物の歯茎が腫れた、被せ物を噛むと痛むなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。