左下奥歯のインプラント手術+骨増生|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

左下奥歯のインプラント手術+骨増生

2022年1月8日

今日は左下奥歯にインプラント手術と骨を増やす手術と言う難易度の高い手術を同時に行いました。

 

患者さんは左下奥歯が歯周病により歯が無くなり インプラント治療をご希望され来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 顎の神経までの骨の長さは十分にありましたが 骨の幅が狭くインプラント治療単独では難しいと診断しました。

 

患者さんにインプラント治療単独では難しいが骨を増やせば手術可能であることをお話し同意を得て治療を開始していきます。

 

歯周病や虫歯で歯を失った場合 人間の頬側の骨は凄く薄く出来ているので ペコっと凹んでしまいます。

 

インプラント体は直径4mm長さ10mm程度のチタン製の円柱状のネジなので三角形の顎の骨に上から埋め込むと頬側の骨からインプラント体が露出してしまいます。

 

インプラント体が骨から露出してうまく固定できたとしても皮膚を縫合して傷口が治った後は歯周病になってしまいます。

 

よくインプラント手術を何年か前に行って なぜかプクッと膿をもって膨らんできたりすうのはインプラント体の周りに骨が無くなっているせいです。

 

もしよく腫れる場合は主治医の先生にチェックされる事をお勧めします。

 

ではどうすればインプラント体が露出した部分の骨を再生できるのか?

それを解決する手術方法が 骨の幅を増やす手術です。

 

ただし 骨を増やす手術は手術の中でも難易度の高い手術で 患者さん側と術者側に少しでも不備があると失敗してしまい うまく骨が出来ませんので術前の検査は大事です。

 

手術に関しては当院では手術用顕微鏡を使用し肉眼では不可能な繊細な切開、縫合などの手術をすることが可能です。

 

手術用顕微鏡で視野を拡大し手術することにより安全で手早く手術を終えられます。

 

今回はインプラント埋め込む際に用いるドリルで採取した骨片を人工骨に混ぜて使用しています。

 

あと皮膚が人工骨の中に入り込んでしまうと 骨が造られないので 皮膚が中に入り込むのを防ぐ為に特殊なメンブレンと呼ばれる紙のようなもので覆います。

 

これで6か月程度待てば インプラント体の周りに設置した人工骨がご自身の骨に生まれ変わります。

 

それでは症例です。

インプラント治療、骨を増やす手術、顕微鏡手術、歯周病、虫歯などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。