右上奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセット|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセット

2022年1月10日

今日は右上奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右上奥歯が沁みる との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上奥歯には古い金属の詰め物が入っており 中で虫歯が広がっているのが確認されました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

保険で扱う銀色の金属は精度が悪くセットする際に歯と金属の間に隙間が空いてしまいます。

 

その隙間は最初セットする際のセメントで埋まってますが セメントもくっつく力が弱く硬さも弱いので使ううちに段々溶けて無くなってしまいます。

 

そして 歯と金属の間に出来た隙間から虫歯菌が中に入り込み 中で虫歯が発生します。

 

今回使用するハイブリッドセラミックスは セラミックス(陶器の粒子)にプラスチックを混ぜて作られています。

 

その為硬さが歯と同じくらいの硬さを持ち 使っていくと歯と同じように削れてくれます。

 

またセラミックス専用のセメントは歯の細胞と細胞の間に入り込むようなくっつき方をするのでとても強くくっつきます。

 

セラミックスを作る際には 歯科用顕微鏡を使用して 肉眼では確認出来ない虫歯の取り残しが無いか?削りや型取りの表面をチェックします。

 

型取りの際には 変形が起きにくい特殊なゴムの材料を使用して型取りをします。

 

こうすることにより歯にピタッと隙間なくはまるセラミックスが出来がります。

 

それでは症例です。

歯が沁みる、セラミックス治療、審美歯科のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。