右上犬歯に出来た虫歯のセラミックス治療|【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】曙橋駅徒歩2分の歯科・歯医者

症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

右上犬歯に出来た虫歯のセラミックス治療

2022年1月12日

今日は右上犬歯の虫歯のセラミックス治療を行いました。

 

患者さんは右上の犬歯に黒く虫歯がある との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上犬歯には古いプラスチックが詰まっており中で虫歯が広がっているのが確認出来ました。

 

広範囲にプラスチックの詰め物がされており 神経を取ってある歯なので 全周を削り被せ物にするのが第一選択になります。

 

歯は神経を取ると 枯れ木のような状態になるのでとても折れやすくなります。

折れるのを防ぐ為に 歯医者さんでは歯の中にセラミックスなどの芯棒を入れて補強をします。

 

今回は患者さんと被せ物にするか もう一度詰め直すかのメリットデメリット、治療回数などを話し合いもう一度詰め直す事にしました。

 

まず歯肉の中の方にまで虫歯が広がっているので部分麻酔を施し歯肉を触っても痛く無いようにします。

次に歯にゴムのシートを被せて 虫歯の削りカスなどお口の中に飛ばないように感染予防します。

虫歯を取り除く際には顕微鏡を使用して肉眼では確認できない細かい部分をチェックします。

そして虫歯を完全に取り除いた後に 直接ハイブリッドセラミックスを詰めていきます。

 

ハイブリッドセラミックスは セラミックス(陶材の粒子)にプラスチックを混ぜて作られています。

これはセラミックスのみで作られている物と違い柔らかさを持たせているので直接詰めることが可能です。

また保険で扱うプラスチックは1年くらいで水分を含んで劣化しますが ハイブリッドセラミックスは7~8年くらい持つと言われています。

 

これを顕微鏡で精密に詰めれば虫歯の再発を防げます。

 

 

それでは症例です。

歯が黒い、プラスチックの詰め物、虫歯などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。