症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年6月7日

今日は左上奥歯の虫歯治療を行いました。

 

患者さんは左上の被せ物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左上奥歯の被せ物が土台ごと取れて虫歯が広がっていました。

レントゲンから虫歯が歯肉の中深くに進行して歯肉からも出血が起きているので 抜歯も選択肢のうちに入ります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は左上の奥歯にインプラント治療も行う予定になりましたが 今ある歯も何とか残したい との要望があり先に虫歯治療を行っています。

 

まず根の先端に膿の影があったので根の治療と虫歯を取り除いて セラミックス製の土台を立てていきます。

 

土台は金属製、プラスチック製、セラミックス製の土台があります。

 

土台の中ではセラミックス製の土台が歯と同じ弾性を持ち 歯にくっつく力もセラミックス専用の接着剤を使用するので強いのです。

 

長持ちさせるには材料の選択が非常に大事になります。

 

また歯肉の奥深くにまで虫歯が進行した場合は 歯肉切除と言う歯肉をカットする手術方法が必要になります。

 

ただ手術が必要かどうかは虫歯を取り切らないと診断出来ません。

 

まずは外科手術ではなく 電気メスと呼ばれる通常の部分麻酔で行える歯肉切除方法があるので 電気メスを使用して虫歯を取り除き仮歯をセットして手術が必要かどうか様子をみます。

 

もしこれで歯肉の腫れが治るのであれば手術は必要ありません。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、歯がグラグラする などでお困りの方は

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月4日

右下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右下奥歯が噛むと痛む との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右下奥歯2ヶ所に古いプラスチックが詰まっており 茶色く変色しており中が虫歯になっていました。

 

プラスチックの詰め物の治療は プラスチック自体が硬さが弱いので 範囲の小さい虫歯や噛む力があまり強く当たらない部分に適応症です。

またプラスチックの接着剤は段々と劣化してくるので大体1年から3年くらいでやり直す事が多いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

同じ直接詰めるタイプの詰め物なら ハイブリッドセラミックス と呼ばれるプラスチックにガラスの粒子を多く混ぜてある詰め物が長持ちします。

 

奥歯の噛む合う部分にはセラミックスなど硬さが強い詰め物をされた方が安全です。

 

今回は奥歯2か所にオールセラミックスと呼ばれる ガラスの粒子のみで出来ている詰め物をセットしました。

 

オールセラミックスはガラスの粒子のみで出来ているので劣化や変色することがありません。

 

それでは症例です。

噛むと痛む、食事をすると沁みる などでお困りの方は

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10じから17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年6月2日

今日は左下奥歯にセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは左下奥歯が腫れて噛むと痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左下の奥歯の頬側の歯肉が腫れていました。

 

こういう場合 歯の神経が死んでしまっている場合が多く歯の中で膿を持ち 人間は頬側の骨が薄く出来ているので頬側に膿が膨らんで出てきます。

他に考えられるのは 歯の破折と歯周病です。

これはどちらも歯周ポケットの測定をすると診断出来ます。

今回は幸い歯の破折と歯周病は無かったので 神経の治療を行うことにしました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

神経の治療中 中に唾液が入るのを防ぐ為にゴムのシートを被せて行います。

 

こうすることにより 根の治療の再発も防ぐことが出来ます。

 

根の治療を終了したら 次に歯の中に土台を立てます。

 

土台は セラミックス製の土台を使用します。

 

この土台を使用することにより 歯と同じようにしなる性質を持ち 歯に強くくっつくので折れる心配もありません。

 

神経を取った歯は 枯れ木と同じなので 折れやすいのです。

 

それでは症例です。

歯肉の腫れ、噛むと痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで

祝日は

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月26日

今日は右上奥歯に直接歯に詰めるタイプのセラミックス治療を行いました。

 

患者さんは右上が沁みる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上奥歯に古いセメントが詰めてあり中が虫歯になっていました。

虫歯治療でセメントを詰めることはよくありますが セメントは水分を含んでくるので セメントの上に詰め物や被せ物をしないと虫歯になってきます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は虫歯の範囲がそれほど大きくないので 歯に直接詰めるタイプのセラミックスを詰める事にしました。

 

プラスチックは歯科の治療にはよく虫歯を削った後に詰める材料として使用されますが 硬さが弱いのと 水分を含んでくるので1年くらいでやり替える事が多いです。

 

今回詰めている材料はセラミックス(ガラスの粒子)なので水分を含む性質が無く 硬さも強いので長持ちします。

 

それでは症例です。

 

歯が沁みる、噛むと痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月24日

今日は左下奥歯の虫歯治療を行いました。

 

患者さんは左下奥歯に詰めてあるプラスチックが黒くなってる と言うことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下奥歯のプラスチックが古くなって変色を起こし 中も黒く虫歯になっていました。

 

プラスチックを詰める治療は 小さい虫歯にとっては有効な処置になります。

 

ただ詰める範囲が大きい場合と 噛む力が強い部分だと長持ちしません。

奥歯は噛む力が強いので柔らかいプラスチックではなく 硬いセラミックスを使用した方が長持ちします。

またプラスチックは水分を含む性質があるので なるべくセラミックスの粒子を多く含むハイブリッドセラミックスを詰めると変色もほとんど起きません。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用して 慎重にプラスチックと虫歯の部分のみを削っていきます。

 

虫歯を取り切ったら 殺菌作用のあるセメントを詰めて1日様子を見ます。

 

虫歯菌は目に見えない最近なので 虫歯を赤く染める染色液も使用するのですが 安全に一度殺菌した方が良いでしょう。

 

こういう細かい作業は肉眼ではまず不可能で 今の歯科の治療は拡大鏡が必須になります。

 

セラミックス治療を行う場合も残りの歯の部分が多い方が長持ちします。

 

それでは症例です。

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

2021年5月22日

今日は右下奥歯にセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは右下ブリッジが外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下奥歯のブリッジが外れた歯に虫歯が出来ており 根の先端に黒い膿の影もありました。

 

こういう場合はまず根の再治療を行います。

 

根の再治療をせずに虫歯だけ取り除いて土台を建てると 根の先の細菌がまだ取り切れてないので被せ物をした後で歯が痛くなる可能性があります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず虫歯を取り除いて 根の治療をやり直し 次に土台を作る為に型取りをしていきます。

 

セラミックスは精度が大事なのでなるべく変形の起きない特殊なゴムの材料を使用していきます。

 

また当院では拡大鏡を使用して歯を削り 型取り 土台のセット など精度の高い治療を行っています。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10じから17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月19日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左下奥歯がお食事の際に噛むと痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左下奥歯に古いプラスチックが詰まっており中が黒く虫歯になっていました。

虫歯を削り白いプラスチックを詰める治療は1回で終わる簡単な治療方法ですが 硬さが弱いのが欠点です。

特に奥歯にプラスチックを詰めた場合はどんどん削れてすり減ってしまうのと 水分を含む性質もあるのでプラスチックの中が虫歯になってしまう事が多いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回はセラミックスの詰め物をセットしました。

使用しているセラミックスはガラスの素材のみで出来ている詰め物になり 硬さが凄く強いので奥歯でも削れる心配がありません。

また水分を含む性質もないので 永久的に長持ちします。

 

セラミックス治療は陶器のお皿を削った枠組みにピタッとはめるようなイメージになり 隙間なく埋めるには高い精度が必要になります。

当院では拡大鏡を使用して治療を行うので高い精度の詰め物、被せ物の治療が可能です。

 

歯も何回も治療の繰り返しを行うと抜歯になってしまうので なるべくやり直しの無い治療をされた方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

噛むと痛い、プラスチックの変色、沁みる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月15日

今日は左下奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは左下奥歯の噛んだ時の違和感でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下奥歯の被せ物の根の方に黒い影がありました。

また左下奥歯には金属の土台が入っており金属の土台の周りも虫歯になっていました。

 

金属の土台を外し根の治療をやり直す必要があります。

 

患者さんにご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯が深く神経を取る処置になると 大体の場合は金属の土台を詰められます。

 

金属の土台は古くから使用されていますが 銀で出来ているので腐食してきて歯を黒く染めてしまいます。

 

また金属は硬いので噛む力が加わると歯が折れてしまいます。

 

黒くなった歯を元に戻すには専用のホワイトニングで漂白すると元の白さに戻ります。

 

今の時代はセラミックス製の土台を使用します。

 

セラミックス製の土台は歯と同じくらいの弾力性を持ち腐食することもないので安心です。

 

そして被せ物はセラミックス製の物です。

 

これはすべてがガラスの材料で出来ていいるので変色することが無く硬さも強いので割れる心配もありません。

 

セラミックス治療は どこか少しでも角が尖っていたりすると ピタッと歯にはまる詰め物、被せ物が作れません。

 

当院では拡大鏡を使用して歯にピタッとはまる詰め物や被せ物をセットすることが出来ます。

 

それでは症例です。

噛んだ時に痛む、被せ物が黒くなっている などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月11日

今日は左上奥歯にセラミックスの被せ物をセットしました。

 

患者さんは左上奥歯の金属の詰め物が外れて虫歯が出来た との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 金属の詰め物が外れ 歯の方も黒く虫歯になっていました。

 

今回は残りの歯の部分が少なったので被せ物にして全周をカバーすることにしました。

 

残りの歯の厚みが1mm以下の場合 詰め物をセットした後で歯の方が欠けてくる事があります。

 

詰め物にするか被せ物にするかは残りの歯の厚みにより決めていきます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は被せ物をセラミックスにしました。

 

このセラミックスは全部がガラスの材料で出来ており 永久的に長持ちし 非常に硬く入れ歯の腕が引っかかっても割れる心配はありません。

 

セラミックスは陶器のお皿のようなもので そのお皿を枠組みの中に隙間なくピタッと入れるのは至難の業です。

 

当院では拡大鏡を使用して精密に削りと型取りを行いますので精度の高いピタッと歯に詰まる物が作れます。

 

これからの時代は拡大鏡と なるべく金属を使わず 身体にも害のないセラミックスのような材料を使用された方が良いと思います。

 

それでは症例です。

白い被せ物、精密治療、虫歯などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月10日

今日は左下前歯の根の治療が終了した歯にセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは前歯が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯についている被せ物が金属の土台ごと外れて 根の方にも病気の影がありました。

 

こういう場合根の治療から行わないと後で痛みが生じてしまいます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

金属の土台は歯にセメントでくっつけますが 接着力が弱いのでどうしても劣化しやすいのです。

 

そのセメントの劣化した部分から中に虫歯菌が侵入し根の先端に膿の影を作ってしまいます。

 

また金属の土台は噛む際に土台に加わる力を緩和出来ないので歯が割れやすいのです。

 

今回のケースは被せ物が取れる際に運よく歯が割れなかったのですが 歯が割れてしまうと抜歯になってしまいます。

 

今の時代は土台にはセラミックス製の土台を使用します。

 

この土台は歯と同じくらいの弾力性を持ち歯にかかる衝撃を緩和するのと セメントが歯の細胞と細胞の間に入り込む特殊なセメントを使用します。

 

なるべく歯が長持ちするような材料と治療方法を選択された方が良いと思います。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、噛むと痛い、歯がグラグラするなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜 日曜は休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

 

1 2 3 4 5 6 17