症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2016年3月16日

今回歯周病についてのお話しを何回かに分けてお話しします

右下奥歯がレントゲンを見ると歯の根っこの先端まで骨が溶けてしまいグラグラの状態になっていました

まだ幸い痛みや腫れは起きていませんでしたが 身体が疲れたりして抵抗力が落ちると痛みや腫れが起きる可能性が高い非常に危険な状態です

患者さんに病状をご説明し 治療不可能な為抜歯になりました

このお写真で大事なのは 歯の頭の方では無く根っこの表面に茶色い歯石がビッシリと付いていることです

歯を抜歯する前の写真では 根っこが隠れているので見えないのですが もしこの状態が見えていたらまずいなと気が付くはずです

歯周病の原因の歯石は見えない位置にあるので取るのも厄介なのです

歯周病は 歯垢(プラーク)の中に含まれる細菌が炎症をを引き起こしたものです

昔は加齢とともに歯槽膿漏になり 歯が一本一本無くなってしまうと考えられていましたが 最近では予防や治療が可能になってきました

歯周病を予防や治癒させるにはどうすれば良いのでしょう?

簡単に言えば 歯垢を綺麗に取り除けば 歯周病にはなりませんし 歯周病になってしまっても歯垢を清掃でより除けば進行を止める事が出来ます

歯垢はただ単に歯ブラシをすれば良い というものではなく

1,歯並びが悪く汚れが付きやすかったり

2,詰め物、被せ物に隙間が出来ておりそこに汚れが付きやすかったり

という歯垢が付きやすくなる原因もあるので丁寧に治療してピタッとした詰め物、被せ物

歯並びは 矯正治療でなるべく綺麗にした方が良いでしょう

それに歯垢は 長い時間歯に付着するとフッ素やカルシウムを含んで歯石と呼ばれる石に変わってきます

歯石になると 歯医者さんの歯石取り専用の超音波の振動を発生させる器具で無いと取り除く事が出来ません

なので3ヶ月~6ヶ月毎に定期検診を受けてクリーニングを受ける事が大事です

続きはまた書いていきます

IMG_4637 IMG_4638 IMG_4639 IMG_4640

 

2016年3月9日

右下奥歯のちょうど端の部分に深い虫歯があり このままでは虫歯を取り除く際にどうしても歯肉を傷つけてしまうので出血が起こり

出血があるとセメントなどの詰め物も歯にくっつかず 型取りの材料は血液によりはじかれてしまうので正確な治療をすることが困難です

なので今回は深い虫歯に対する処置として歯肉切除を行い歯肉の高さを下げる事により虫歯を確実に取り除き 歯の型取りも確実に行うことにします

歯肉が下がると通常根が見えてしまい知覚過敏症状が出てしまいますが 歯肉を下げた部分は詰め物でカバーするので知覚過敏も大丈夫です

歯肉の厚みは部分によって違いますが 平均3mmとなっています

歯肉の厚みの調整は メスで切る際に 歯肉を台形状にカットして切除するので 厚みを薄くすることが出来ます

あとは親知らずが今回抜歯をされていて骨が出来ていますが 骨の高さの調整も必要です

詰め物の端の高さから 骨までが4mm距離が開くように調整します

これは歯肉の厚みが平均3mmなので縫合した際に1mm余分な部分が残るくらいに考えています

また拡大鏡を使用しているので 切開縫合が部分が最小限に抑えられています

拡大鏡を使用することにより傷口の治りと 痛みが極力抑えられます

手術の際や治療の際は 拡大鏡は必須です

それでは症例です

IMG_8193 IMG_8203 IMG_8202 IMG_8201 IMG_8200 IMG_8195 IMG_8194

 

 

2016年2月12日

左上の奥歯に腫れと痛みがある患者さんが来院されました

お口の中を診査すると奥歯の裏側の歯肉に腫れがあり 歯も揺れています

レントゲン写真を撮影すると 根の先端まで骨が溶けており 保存不可能と診断し抜歯のご説明をさせていただきました

歯を抜いてみると 根の長さが短く 茶色い歯石がビッシリと付いており 歯周病にかかってしまっているのが分かります

歯周病は まず食事をする際に歯の根元の周りにプラークが付き それがカルシウムやリンなどを含んで石に変わります

歯石は歯ブラシで取る事が出来ないので 歯医者さんにある専用の器具で取り除く必要があります

歯石は栄養分の塊なので 細菌が歯石の中に侵入し毒を出します

それが歯肉が腫れたり ひどくなると歯を支える骨を溶かしてしまいます

骨が溶けると歯がグラグラ揺れてきます

これが歯周病の成り立ちです

予防するには 定期的に歯石を歯医者さんで取ってもらう必要があります

歯周病は 骨が溶けても痛みが起きないので恐い病気です

何年も歯医者さんに行かれて無い方は 一度検診に行かれた方が良いでしょう

IMG_7153 IMG_7156 IMG_7161 IMG_7162 IMG_7163

2014年7月23日

左下奥歯にインプラントを埋入し 骨とインプラントが結合するのを4ケ月待ってからの2次手術(インプラントの頭出し)になります

今回は骨の幅と長さを考えて小臼歯部と大臼歯部にそれぞれ1本ずつインプラント埋入しブリッジの被せ物で治療していく計画です

皮膚に埋まっているインプラントの頭出しの手術をする際は歯肉移植の手術をすることが多いです

それはインプラントの手術をする時に骨膜と呼ばれる皮膚と骨をつなげている靭帯のようなものを剥がして手術を行うからです

インプラントは骨が剥き出しの状態にしないとインプラントと骨との間に皮膚が入り込んでしまうことがあり 骨にうまくくっつかなくなってしまいます

なので歯肉は失ってしまいますがインプラント治療の成功率を上げる為きちんと処置する必要があります

失った皮膚は移植手術により再生させる事が可能です

もちろん 歯肉移植手術は傷口が2か所になってしまうので患者さんの負担も大きくなってしまいます

してしまいもあります

それを考えると歯肉移植は行った方が良いと考えます

患者さんに負担がかからない治療は大変有り難い事ですが 何でもそれを選択してしまうと後々の苦労が大きくなってしまうので必要な事は行った方が良いと思います

IMG_2497 IMG_2498 IMG_2499 IMG_2500 IMG_2501 IMG_2505 IMG_2507 IMG_2508

2014年6月3日

右下のインプラントの頭出しの手術になります。

右下小臼歯部にインプラントを埋入して3ヶ月経ったのでインプラントの頭出しの手術を行いました。

このインプラント症例は 頬側の骨が薄くインプラント埋入時に頬側の骨が裂けてインプラントボディーが露出したので頬側に骨を作る手術を行いました。

骨を作る量が多くて どうしても頬側の皮膚を引っ張らざるを得なかったので治癒する過程で少しインプラントのボディー部分が見えています。

臼歯部であれば目立ちにくいのと骨造成の手術を行ってインプラントの周りの歯肉を扱うには時期が早いので今回患者さんとお話しさせていただきこの部分はこのまま経過をみていくことにします。

もし歯肉が下がってしまう場合はこの部分にも歯肉移植を行っていく予定です。

インプラントの部分の歯肉移植は 今回軽めに済ませましたが 犬歯の歯肉が無くなっていたのでこの部分にも遊離歯肉移植を行いました。

歯肉は歯の周りになくてはならないものです。

歯肉は鏡を見ると歯の根元の部分になる硬いピンク色の組織です。

その下が粘膜と呼ばれる赤いブヨブヨした組織になっており ピンク色の硬い歯肉があるおかげで歯ブラシをしても出血しないで歯の汚れを取る事が出来ます。

もし歯ブラシをしてよく磨けているのに歯肉から出血することがあるようなら歯肉が失われてしまっているのかもしれません。

歯肉は自然には再生してこないので移植の手術が必要になります。

手術は恐いかもしれませんが 歯周病や虫歯から歯の健康を守る為にはどうしても必要なのです

また当院では拡大治療しているので痛みや傷口の治りは驚くほど良いです

IMG_2221 IMG_2222 IMG_2223 IMG_2224 IMG_2225 IMG_2226 IMG_2227 IMG_2228 IMG_2230

2013年9月23日

レントゲンで左下小臼歯部に骨が無くなっているのが分かります

原因として左下に歯石が付いていたことと 噛み合わせの力により骨が無くなったと考えられます

歯周ポケットも5mmと深く 歯石が付きやすい状態になっているので

歯周ポケットを浅くして 骨の平坦化を獲得するためエムドゲインを使用した再生療法を行いました

歯ブラシで歯周ポケットの中に届く範囲は1mmくらいと言われています

なので5mmの歯周ポケットがある場合は、いくら一生懸命歯ブラシしても残り4mmは磨き残しがあります

汚れは歯石に変わり 歯石が付いたままだと骨が溶けていくので何とかしないと手遅れになります

今回はエムドゲインの他に人工骨を用いて再生を促しています

①消毒

②麻酔

③切開剥離

④歯石除去

⑤不良肉芽除去

⑥根面処理

⑦エムドゲイン塗布

⑧縫合

⑨固定

です

再生療法を施す事により 骨が再生し歯周ポケットが浅くなり歯石が付きにくくなり

歯が長持ちします

歯周病でお困りの方はご相談ください

IMG_9029

IMG_8983

IMG_8982

IMG_8984

IMG_8986

IMG_8985

IMG_8987

IMG_8989

IMG_8988

IMG_8990

IMG_9030

 

2013年8月15日

右上小臼歯部と大臼歯部のインプラントの頭出しの手術と歯肉移植の手術を行いました

右上小臼歯部と大臼歯部のインプラントにヒーリングアバットメントと呼ばれる金属の円柱状のボタンを接続します

インプラントの上の被せ物を作る為には必要な処置です

後はインプラントを埋入する(1次手術の)際に頬側の歯肉と呼ばれる硬い皮膚が失われてしまうので

オプションの手術として遊離歯肉移植術も同時に行いました

これを行うことによりインプラントが細菌から感染するのを防ぎ長持ちします

それでは症例です

IMG_8154 IMG_8155 IMG_8156 IMG_8157 IMG_8158 IMG_8159 IMG_8160 IMG_8161

2013年7月2日

左下7番の後ろの方に虫歯が出来ており歯肉の下にまで広がっています

確実な虫歯の処置をするには歯肉を排除して切除する必要があります

なぜかというと

タービンと呼ばれる回転する機械で虫歯を削っていきますが ダイヤモンドの刃は歯肉を傷つけて歯肉から出血

歯肉切除の方法には

①電気メスを使用しての歯肉切除

②メスを使用しての歯肉切除

上記の①番は虫歯の深さが浅い場合に使用します②のメスを使用しての歯肉切除は虫歯の深さが深い場合に選択します

②の方法はディスタルウエッジとして知られています

今回は虫歯の深さが深く ある程度の歯槽骨整形も必要でしたので②番を選択しました

それでは症例です

IMG_6950

IMG_6951

IMG_6952

IMG_6954

IMG_6955

IMG_6956

2013年6月12日

右下の歯をブリッジにする予定で銀歯を外して仮歯に置き換える治療を行っています

被せ物を外すと中も虫歯になっており虫歯の治療をして精密な仮歯を作っていきます

右下に仮歯を入れて調整をしているのですが 何となく奥歯の歯肉の腫れが取れず

歯周ポケットに糸を挿入すると出血が起こります

出血が起きた状態で型取りをすると血液に型取りの材料が邪魔されてしまい型取りが出来ません

当然出来上がる被せ物もピタッとしていなかったりします

これは拡大鏡で確認すると明らかです

頬側の歯肉の幅も無いので 本当は歯肉移植が適応症になるのですが

今回は頬側の小帯が高い位置に付着して歯肉が引っ張られるようになっていたので小帯切除術を行いました

術前術後になります

何となく歯肉の引っ張られが無くなり綺麗になってきました

これで精密な型取りが出来て虫歯になりにくい被せ物が作れます

IMG_5577

IMG_5578

IMG_5579

IMG_5580

IMG_6035

IMG_6036

IMG_6037

 

2013年6月3日

右上の小臼歯部分と犬歯部分の歯を支える骨が溶けています

根の表面にはかなり歯石も溜まっているので歯肉の腫れがなかなかひきません

歯周ポケットも5mm以上あり 再生療法の適応症と診断します

ポケットが5mm以上あると 歯石を除去しても見えない部分を手探りで掃除をしている状態なので当然歯石の取り残しがおきます

歯石を完全に除去できないで また数か月も置くと歯肉炎になり歯を支える骨が歯肉の腫れによって溶けてしまいます

なので深い歯周ポケットは除去する必要があるのです

再生療法を行い溶けてしまった歯を支える骨を再生させるには あまり積極的に歯石は取らない方が良いです

歯石を徹底的に除去すると歯肉が下がり骨を再生させる空間が少なくなってしまうのです

なので 歯周病の場合はまずそこは骨を再生させるようにするのかしないのかが大事になります

IMG_5641

IMG_5639

IMG_5635

IMG_5634

IMG_5633

IMG_5638

IMG_5636

IMG_5637

IMG_5643

IMG_5651

IMG_5652

IMG_5653

 

 

1 2 3