症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【曙橋ファミリー歯科】まで


〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・電話
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2019年2月5日

今日は矯正治療の方がお見えになりました

この患者さんは13歳の女子で 前歯を噛み合わせると上の前歯2本が下の歯にクロスするように重なってしまいこのまま大人になってしまう前に

矯正治療を受けられる事になりました

今回は歯の表にブラケットと呼ばれる矯正装置を付けてワイヤーで矯正治療を行いました

まだ治療途中ですが 随分前歯の歯並びが良くなりました

本格的な矯正治療の目安は 大体7~8歳くらいからで その前の年齢だと矯正治療前の癖を治すような治療を行います

癖は 舌で前歯を押す癖があったり 鼻が詰まってしまって口で呼吸するようになっていたりと様々です

正しい呼吸と お口の中の汚れを綺麗にしておくだけで随分歯並びは良くなります

勿論 13歳くらいで大人の歯が並ぶのでそこから歯並びを治すのも大丈夫ですが 顎の骨の成長は歯並びによって決まってくるので

なるべく小さい年齢から矯正治療を受けられる事をお勧めします

IMG_6248 IMG_6249 IMG_6250 IMG_6251 IMG_6252IMG_7172 IMG_7171 IMG_7170 IMG_7169 IMG_7168

小児の矯正治療から歯のホワイトニング、セラミックス治療、審美治療ならデンタルオフィス新宿まで

TEL:0333414621

Mail:kmtcq139@ybb.ne.jp

診療時間は

月曜~土曜:10:00~19:00

日曜:10:00~13:00

祝日:10:00~17:00

 

 

2017年1月6日

子供の歯並びについてご相談を受けたので 今回はマウスピース矯正で治療していく事にしました。

子供と大人の歯が混ざっている矯正治療の場合 ワイヤー矯正だったりプレート矯正で歯列を広げていったりと色々あります。

 

難しいのは顎を広げて矯正していくのか?顎を広げないで矯正していくのか?だと思います。

顎を広げた場合は 多少前歯が出てしまったり 矯正した後に後戻りが起こりやすくなったり 上と下の歯列の大きさのバランスが取れなくなったりとあります

顎を広げない場合は 多くの場合は小臼歯と言って4番目の歯の抜歯が必要になります

今回使用する このマウスピース矯正装置はEFlineと呼び 材質がソフトで異物感が少ないのでお口の中にはまりやすいのが特徴です。

また歯列を広げる事が出来るだけでなく 唇のトレーニングも兼ねて行う事が出来るので お子さんの唇の形を綺麗にしていきたい方には最適です。

大体1日12時間以上着けて頂いて 6ヶ月間は経過をみていきます。

 

下の症例は まだ重なり合っている部分がありますが 徐々に歯列が良くなっているのが分かります。

img_6501img_9472 img_9476 img_9475 img_9474 img_9473img_7330 img_7329 img_7328 img_7327 img_7326

 

子供の矯正治療のご相談なら

新宿区 曙橋駅近くの歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜、祝日は予約制で 10時から17時まで

電話番号は 03-3341-4621

 

2016年11月25日

この子供の患者さんは

上の前歯の中心に比べて下の前歯が左にずれてしまっており 前歯の噛み合わせがうまく合っていません

 

こういう時 下の前歯が上の前歯とまっすぐ噛む位置をワックスなどを噛んでもらい位置を記録し

その噛み位置で矯正装置を作ります

今回はバイオネーターと呼ばれる 上下の歯列を広げて 下顎を前に出し 噛み合わせの深さを浅くする矯正装置を作りました

装置は大体1日の半分の時間くらい 約12時間くらい装着して治療期間は半年間みていきます

 

子供の歯並びのご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜 10時から19時まで

日曜、祝日 10時から17時まで

電話番号は 03-3341-4621 になります

img_6817 img_6818 img_6819 img_6820 img_6821

 

 

 

 

2016年11月19日

子供の歯並び 矯正治療について

子供のうちから矯正治療はやった方が良いのか?とよく質問されますが

子供のうちから矯正を始めるメリットは

顎が広げやすいので 大人になったときに歯を抜かないで綺麗に歯並びを整える事が出来る

歯が動きやすいので短期間で終わる

などがあります

デメリットは

お子さん自身が矯正を嫌がるようだと 途中で矯正治療をギブアップして その後も矯正が嫌になる可能性があることです

 

今回は歯が重なっており 上の歯列が少し前に出ているケースです

この子にはバイオネーターと呼ばれる上下一緒に歯列を広げていく装置を付ける事にしました

バイオネーターの働きは歯列を広げて 下の歯列を少し手前に引っ張り出す作用があります

矯正治療の期間としては6ヶ月間くらい装着しながら大人の歯が生え揃うまで歯列が広がる様子をみます

 

お子さんの歯並びが気になるご両親様 mailでもお写真送っていただけたらお答え致します

子供の歯並びのご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時~19時まで

日曜、祝日は予約制で 10時~17時まで

TEL:03-3341-4621

img_6481 img_6489 img_6488 img_6487 img_6486 img_6485 img_6484

 

 

2016年11月4日

今回は 歯並びの相談で矯正治療を行う事になった患者さんの抜歯になります

前歯が重なっている歯並びの治し方には二通りあり

①歯と歯の間を特殊な器具を用いて磨くようにして削り空いたスペースを利用して歯並びを整える方法

②手前から4番目の歯(小臼歯)を抜歯して前歯の重なりをとる方法

があります

今回は②の小臼歯部の抜歯を選択しました

小臼歯部の抜歯の場合 抜歯した穴の中に特殊なコラーゲンスポンジを詰めて頬側の骨が凹まないように配慮します

これを 歯槽提温存術(ソケットプリザベーション)と言います

こうする事により 何も入れない状態よりも遥かに 傷口の治りが早まり 骨の回復も進みます

人間の歯を支えている頬側の骨は凄く薄いので 抜歯した後に頬側の骨がペコッと かなり凹んでしまうことがあります

矯正治療の場合 歯の根っこの部分が骨の中を移動する事により歯が動くようになっています

なので抜歯した後に うまく骨が出来てくれないと歯がこれ以上動かなくなったり

根が動かずに頭だけが傾いて歯と歯の間を埋めたりするようになります

なので 抜歯した穴には 人工骨やコラーゲンスポンジなどを詰めて骨の形を温存させるようにした方が良いでしょう

当院では

矯正治療の為の 小臼歯 親知らずの 抜歯のご相談やインビザライン(マウスピース)矯正治療のご相談も受け付けております

mail相談も受け付けておりますので詳しくはお問合せ下さい

新宿 曙橋の歯医者さんなら デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜祝日は 予約制で 10時から17時までになります

電話番号は 03-3341-4621 です

img_6041 img_6042 img_6043 img_6044 img_6045 img_6047 img_6048 img_6049 img_6050

2016年1月28日

上の前歯の中央に隙間が空いている場合

治療方法は?

1,プラスチックで隙間を埋める

2,ラミネートベニヤで隙間を埋める

3,矯正治療で隙間を埋める

などが考えられます

それぞれメリットデメリットがあり

1,保険の治療で手軽、ただし隙間が狭すぎるとうまく詰められない、色が変わりやすい

2,セラミックスなので色が変化しない、自費診療になり高価

3,矯正治療になるので歯を傷つけない、自費診療になるので高価

などがそれぞれあります

今回は矯正治療で隙間を閉じて 隣に出来る隙間はプラスチックで埋める事にしました

こうする事により真ん中にプラスチックを詰めるよりも 隣に詰めた方が目立ちにくくなりますし歯も傷つけないので歯にとってみると長持ちします

治療期間は2週間です

ただし前歯の裏側にワイヤーをボンドで固定をしないとまた隙間が空いてきますので固定は暫く必要です

それでは症例です

IMG_6838 IMG_6839 IMG_6840 IMG_6914 IMG_6916 IMG_6917

 

 

2015年1月26日

左上の犬歯が深い位置で歯肉と骨の中に埋まっておりこのままでは生えて来ない状態になっています

小児の治療でたまに 子供の歯がいつまでも抜けずに歯医者さんに行くタイミングも逃して骨の中に大人の歯が埋まってしまっている

あるいは違う場所から大人の歯が生えてきてしまうので 大人の歯が生え変わる時期には歯医者さんでチェックを受けた方が良いと思います

今回は左上の犬歯がかなり深い位置に埋没しており 開窓術と言って 歯肉切開、剥離することになりました

ただ、この位置から通常の犬歯の位置には自然には治らないので 手術を終えてすぐに ブラケットと呼ばれる矯正装置を付けて ゴムで引っ張らないといけませんIMG_6143 IMG_6144

 

2014年8月1日

この方は右上大臼歯が手前に倒れてきていて小臼歯が歯列に入るスペースが失われています

このままだとさらに奥の歯も生えてきて後々の矯正が大変になってしまいます

歯並びはなるべく子供のうちに治した方が無難です

今回の床矯正装置は右上奥歯を後ろに下げるように製作しています

左上の八重歯の問題などもありますが まず右上をある程度治してから治療していきます

IMG_1990 IMG_1997 IMG_1996 IMG_1995 IMG_1994 IMG_1993

2013年9月14日

矯正治療をするメリットは

歯並びが綺麗になると歯ブラシで磨きやすくなり虫歯や歯周病になりにくくなります

また小児にとっては歯並びは顎の発育と関係があるので良い歯並びは顎の成長にとっても大事です

矯正治療は年齢は関係ありませんので 何か歯並びでご相談がある方はご相談ください

IMG_2807IMG_8898

2013年7月13日

矯正の専門医からの依頼の抜歯になります

矯正治療の為 上下小臼歯の抜歯が必要になり右下の小臼歯部の抜歯を行いました

右下の奥歯は親不知ではないのですが 横向きに生えており矯正治療により引っ張り出す処置の必要性がある為

矯正の専門医からの依頼により 開窓処置を行いました

それでは症例です

IMG_7270

IMG_7271

IMG_7272

IMG_7276

IMG_7277

IMG_7278

IMG_7279

IMG_7312

1 2 3 4