症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2015年11月9日

右上大臼歯部にアンレーと呼ばれる歯を半分覆う被せ物が入っており神経を取る処置をしていました

神経を取る処置をすると歯は脆くなるのですが今回はアンレーが歯を覆う部分の設計が悪く 歯が割れてしまいました

奥歯の抜歯を行い なるべく抜歯の際は骨を温存する為に 人工骨を抜歯窩に入れてテルプラグと呼ばれるコラーゲンスポンジで蓋をしました

抜歯窩の治りを2か月くらい待ち インプラント治療に踏み切りました

上顎へのインプラント埋入は長さ13mmの長さであれば取れにくいので13mmを選択します

ただ、人間のお顔には左右に上顎洞と呼ばれる空洞が存在します

人によって上顎洞の大きさはマチマチですが、今回は上顎洞が大きく骨の厚みが7mmくらいしかないので 残り5mmの骨の拳上手術が必要になります

まずインプラント埋入の為の切開剥離を歯肉に施し

次に上顎洞目がけて横から窓を開けていきます

骨に四角い窓を開けたら上顎洞の中に張り巡らされている粘膜を破らないように ソッと持ち上げて そこに人工の骨を入れていきます

次にインプラントを埋入し 横から開けた四角い窓を閉じて緊密に縫合し終了です

今回の場合、長さの短いインプラントを選択して上顎洞の拳上手術を行わないのも一つの選択です

ただ10年何事も無く持つインプラント治療をと考えると骨を移植する手術は多くの場合必要になります

それでは症例です

IMG_2338 IMG_2337 IMG_2336IMG_2340IMG_2341 IMG_2342IMG_2343 IMG_2345 IMG_2344

2015年9月11日

右下大臼歯部に虫歯が出来ており 拡大鏡にて歯を削る範囲を最小限にする事が出来たので施したので

今回は被せ物にはしないでアンレーと呼ばれる半被せ物を選択しました

詰める材料は セラミックスの粒子にプラスチックの粒子を混ぜたハイブリッドセラミックスと呼ばれる物を選択しました

当院ではセラミックスの型取りをする際に 精度を高める為にゴムの材料を使用して削った歯の型取りをします

また歯をセラミックスを詰める形に削る際には拡大視野にて行うので ピタッと隙間なくセラミックスが詰まります

こうすることにより 虫歯菌が入りにくくなり歯も長持ちします

それでは症例です

IMG_2779 IMG_2780 IMG_2781IMG_2778 IMG_2777 IMG_2776

 

 

2015年8月28日

右下の親不知が横向きに生えており頭が少し見えている状態です

右下の奥歯には歯周ポケットと呼ばれるポケットが深さ7mmもあり 歯石を取り除く機械では届かない部分に歯石が付いて歯周病が進行する恐れがあります

歯周病になると骨が溶けてしまい 親不知だけでなく手前に生えている歯もダメになってしまうので今回は抜歯を選択しました

まず部分麻酔を施し 歯肉に切開を加えていきます

親不知は レントゲンで確認すると根が二股に分かれており このままでは抜歯が困難と判断し割って抜歯することにしました

抜歯した後はかなり大きい穴が開いており 骨の再生を促進させる為 テルプラグと呼ばれるコラーゲンスポンジを中に詰めて血液を溜めておいてIMG_2492 IMG_2493 IMG_2494 IMG_2495 IMG_2496 IMG_2497 IMG_2499 IMG_2500 IMG_2501なるべく歯肉を引っ張らないように丁寧に縫合していきます

今回も拡大視野にて 歯肉切開、歯の分割、縫合を行っているので通常の肉眼治療より傷口が小さくなり治りも早くなります

手術の際も拡大鏡は必須であると思います

それでは症例です

 

 

2015年7月21日

左下奥歯2本に虫歯があり セラミックス治療を行うこととなりました

今回は左下の虫歯が深かったのでプラスチックを使用すると 硬さが不足して欠けたり割れてしまうのでハイブリッドセラミックスを選択しました

このセラミックスは プラスチックを混ぜる事によりセラミックスに弾性を持たせて割れにくくしています

色も奥歯に装着する分には申し分ないのと セラミックスの中でも比較的安価に治療出来るのが特徴です

装着前と後の写真を見ても

全く治療したところが分からないくらい綺麗に出来て患者さんも大変喜んでました

IMG_1397 IMG_1398 IMG_1399 IMG_1718 IMG_1719 IMG_1720

2015年7月20日

左下が虫歯が酷くブリッジが外れてしまった女性の患者さんになります

基本当院ではなるべく歯を抜かないで治療をしていくようにはしていますが今回はブリッジを付ける歯の部分が無いほどになっていたのでやむをえません

左下はインプラント治療を計画していたので左下奥歯の虫歯が酷い歯を抜歯すると同時に骨を温存する手術を行いました

こうすることにより 次に行うインプラント治療の際に身体への負担が軽減されます

しばらくは 他の部分の虫歯治療を行い一通り虫歯の治療が終了したので今回の手術に踏み切りました

予想通りに上から歯が無い部分の骨の幅を見ると 狭くなってしまい 今回は直径の小さい小臼歯サイズのインプラントを2本埋入することにします

基本通りにインプラントを2本埋め込むと 頬側の骨からインプラントが透けて見えるくらいに骨が薄い事が分かります

あまり骨が薄いと 骨が消えて無くなってしまいインプラントが取れやすくなってしまう可能性がありますし インプラントの上に被せ物を付けた後で歯肉が下がりインプラントの金属が見えてしまうかもしれません

なのでインプラントの周りの骨の幅を増やす必要があります

それには牛の骨から出来ている人工骨をインプラント周りに置いて その上に感染を防ぐため特殊なシートを被せるアドバンスな手術を行いました

これで半年くらい経つとインプラント周りに丈夫な骨が作られインプラントも長持ちし歯肉も下がらなくなり患者さんも安心します

IMG_1504 IMG_1505 IMG_1506 IMG_1507 IMG_1508 IMG_1509 IMG_1510 IMG_1511 IMG_1512 IMG_1514 IMG_1515 IMG_1516 IMG_1518 IMG_1521 IMG_1523 IMG_1524 IMG_1525

 

 

 

2015年5月18日

右上奥歯の被せ物がだいぶ前に外れて レントゲンを撮影すると根の先端に大きな膿の影があります

抜歯になるかもしれないくらい膿の影が大きいので 患者さんに抜歯の可能性もある事をご説明をして まず根の治療を開始しました

中に入っている金属の土台を外して 根の中に詰まっているゴムの詰め物を外していきます

根っこの中に詰まっているゴムの詰め物を外したり 中の汚れを取り除くのには肉眼にはまず不可能で拡大鏡の使用が必須になります

根の中の汚れを綺麗に取り除いた後は ドロドロに溶かした 新しいゴムの詰め物を詰めていきます

これはウルトラフィルと呼ばれるアメリカで特許を取得している特殊な機械で 根の中に緊密にゴムの詰め物を詰める事により細菌の生息する場所をなくすのが目的です

それでは症例です

皮膚の頬側にあった ニキビみたいなおでき(根からの膿の出口)も綺麗に治っているのが分かります

今回は土台を作るのにプラスチックを詰めていきます

この上に金属の被せ物が付いて治療終了になります

今回は何とか歯を残すことが出来て 患者さんも大変満足されました

拡大鏡を使用して根の治療を行ったおかげだと思います

IMG_0038 IMG_0039 IMG_0040 IMG_0041 IMG_0043

 

2015年5月18日

左上奥歯に被せ物が入っており腫れたとの事で来院されました

レントゲンをお撮りすると 一度歯の神経を取り 根の治療を終了している状態ですが 根の先端に膿の影があり

上顎洞と呼ばれる 人間の顔に左右ある空洞に 根の先端が突き抜けている状態なので危ない状態です

根の先端の膿が酷くなってくると 上顎洞炎と呼ばれる目にも影響が出てくる症状になります

なので上の奥歯に被せ物がしてあり 根の先端膿んでいる場合は早めに処置を受けられて下さい

まず左上奥歯の被せ物を外して中の虫歯とプラスチックの詰め物を外していくと 根の先端から膿が勢いよく出てきました

膿の出が激しいので根の先端が破壊されている可能性があります

破壊されていると根の再治療は不可能で抜歯になります

今回は残念ながら抜歯の適応になったので抜歯を行いました

上顎洞と呼ばれる お顔の空洞をなるべく傷つけないように拡大鏡下で慎重に抜歯していきます

最後

IMG_0141IMG_0143 IMG_0142IMG_0148IMG_0147 IMG_0146 IMG_0145IMG_0144IMG_0203抜いた穴には 傷口の治りを早めるためにテルプラグと呼ばれる 牛の皮膚から出来ているコラーゲンスポンジを詰めて縫合して治療終了します

今回は左上の奥歯に親知らずもあるので 歯牙移植も検討しています

2015年5月7日

今回は左上奥歯2つの金属の銀色の詰め物を白いプラスチックスで治しました

白いプラスチックはコンポジットレジンと呼ばれるもので保険治療の範囲内で行える治療になります

もう一つ 保険で出来る治療で代表的なのが金属の詰め物になります

白いプラスチックと金属の治療との使い分けはどうしているのか?

今のところ、痛みが出てしまっている歯や虫歯が深くにまで進行している虫歯、虫歯の範囲が広い場合には金属の詰め物で治療しています

白いプラスチックを使うと後でどうしても歯との見分けがつきにくいのと プラスチックの範囲が大きいと欠けたり 取れたりしてしまいます

今回の銀の詰め物は周りに歯が残っている事と 特に痛みを生じているところまで虫歯が進行していないので白いプラスチックにしました

まず麻酔を施し 金属と虫歯を取り除き 白いプラスチックを詰めていきます

難しいのは プラスチックを歯にくっつける接着剤を使用するときに濡れてしまったりすると接着不良が生じて後で噛んだ時に痛みを生じたりします

後は空気が入らないように隙間なく詰めるのと 歯と同じ形や色に合わせるのはかなり難しいのですが 拡大鏡を使用すれば可能となります

それでは症例です

どれが白いプラスチックか分からないくらい綺麗に出来ました

患者さんも喜んでくれて良かったです(^^

IMG_9967 IMG_9968 IMG_9969 IMG_9970 IMG_9971 IMG_9972 IMG_9973 IMG_9974

 

 

2015年4月30日

左下の半埋伏している親知らずの抜歯になります

こういうふうに横向きに親知らずが生えており 半分頭が出ていると手前の歯との間に物が詰まり虫歯になったり

親知らずの頭が半分埋まっていてしまうと骨がくっつくのが妨げられて歯石が付きやすくなり歯周病になって 体調が良くない時に歯肉が腫れたりします

歯の頭の部分はエナメル質と言いツルツルしていて骨が付かないようになっています

歯の根は骨がくっつくザラザラの表面で出来ていてセメント質と呼ばれます

親知らずの頭の部分が歯肉に埋まっていると虫歯が出来たり 歯周病になり骨が溶けてしまったりするので注意が必要です

今回は親知らずの根の部分の形と大きさをレントゲンで診断すると メスで切開を大きく開けないでも抜歯できると予想して切開は加えていません

これも通常の肉眼では不可能で 拡大鏡を使用しているのでこういう手術可能です

こうすることにより傷口の治りも早まり 親知らずの抜歯につきものの腫れや痛みも最小限に抑えられます

それでは症例です

IMG_9673 IMG_9675 IMG_9674IMG_9679

IMG_9676 IMG_9678 IMG_9677

2015年4月20日

右下親知らずが横向きに生えており隣の歯の間に虫歯を作っています

歯と歯の間に食物が詰まり ここは歯ブラシが当たらないので虫歯になってしまったと思われます

また親知らずを取り囲んで黒い影が骨に出来ており お口の中にも歯石が多いので 歯周病により骨が溶かされているのが分かります

こういう場合の処置法としては

①親知らずの抜歯+隣の歯の虫歯治療

②親知らずの抜歯+隣の歯も抜歯して歯牙移植

③親知らずと隣の歯を抜いてインプラント治療

があります

今回は深い虫歯ですが①の親知らずの抜歯+虫歯治療

を選択しました

まだお口の中に多数の歯石が付いており 隣の歯の虫歯治療を行うには準備が出来てないので

まずはお口の中 全体の歯石取りを行い 腫れている歯肉を健康な歯肉に戻さなければいけません

では親知らずの抜歯です

今回も拡大鏡にて治療を行っているので 傷口をメスで大きく広げる事はしないで済みました

またスピードも手早く済むので手前の虫歯の治療もついでに行っています

拡大鏡を使用することによりIMG_9511 IMG_9513 IMG_9514 IMG_9515 IMG_9516 IMG_9517 IMG_9518 IMG_9519傷口の治りも通常のメスで切開する治療に比べて格段に早く

しかもテルプラグと呼ばれれる牛の皮膚から出来ているコラーゲンのスポンジを抜歯窩に中に入れているのでさらに傷口の治りが早まります

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 32